HEADLINE

インタビュー

名だたる演劇人に挑む、マームとジプシー藤田貴大インタビュー「寺山修司の作品を僕の作品に創りなおす」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数々の演劇名作を遺した寺山修司。彼の生誕80周年の一作として、2015年12月5日(土)~27(日)、東京芸術劇場シアターイーストにて『書を捨てよ町へ出よう』が上演される。演出は、マームとジプシーの藤田貴大。2014年には野田秀樹氏『小指の思い出』を勝地涼主演で上演し、2016年には蜷川幸雄の半生を描く『蜷の綿』の公演が控えている。
錚々たる演出家の作品に挑む藤田は、今回どのような思いで寺山修司の名作に向かうのだろうか。村上虹郎を主演に選んだわけとは? 

藤田貴大1

関連記事:寺山修司の代表作に藤田貴大が挑む!『書を捨てよ町へ出よう』2015年12月上演!

――今回の作品上演はいつ決まったんですか?

けっこう前に決まったんですよ、2年前くらいかな。2014年に『小指の思い出』という作品を上演したんですが、それと同時期に、ポスターハリスギャラリーの笹目浩之さんに声をかけていただいたんです。笹目さんはかなり前から僕の作品を見てくれていて、「寺山修司生誕80周年のイベントをやるから、合わせて演劇もやってほしい」というお話をいただきました。

――渋谷のポスターハリスギャラリーでも、秋に寺山修司展覧会を開催していましたね。寺山修司の戯曲の中でも『書を捨てよ町へ出よう』を選んだのはなぜですか?

とにかく自由度の高い作品に取り組みたかったんですよね。寺山さんの世界観を現代に呼び起こすのは僕の仕事じゃない。それよりは、寺山さんの作品をまったくの自分の作品に創りなおしたい。それができるのは『書を捨てよ町へ出よう』ぐらい自由がきくものだなと思って選んだんです。

藤田貴大2

最初は『奴婢訓』や『毛皮のマリー』のように、もうちょっと世界観が決まっている台本も候補にあがっていたんですよ。だけど『書を捨てよ町へ出よう』は、映画にもエッセイにも演劇の上演台本にもなっていて、それぞれの世界観が違うんです。自分の言葉じゃないものを、透写したように書いていたりもする。たぶん寺山さんは『書を捨てよ町を出よう』の中でコラージュのような事を考えていたと思うんです。シーンの断片をつなぎ合わせる・・・みたいなことが、今、僕が考えていることに合っていて、自分の作品にできそうだなと思いました。

――映画・エッセイ・演劇脚本とあるなかでも、今回は映画をベースにするとか?

そうです。映画をほぼベースにしようかなと思っています。もちろん本から抽出してもいいんですけど、軸としては映画の、津軽弁でしゃべりだす男のシーンから始まってなぜかボクシングのリングに立って・・・というのをまず主役を演じてくれる村上虹郎君にやらせたいな。虹郎君を舞台の中心に置きながら、童貞を捨てられなかったり、妹がレイプされたりするなかでの一人の少年のやりきれなさを軸にするのが良いかな。
でも映画の最後の「これは全部フィクションでした」ってオチは、良くも悪くも古いとも思うんですよ。だけど、それを僕なりにどう解釈してやるかというのは楽しみですね。

役者としての魅力より、その存在に惹かれる

藤田貴大3

――主演の村上虹郎さんは、藤田さんがオファーされたんですよね?

虹郎君のことは一方的に知ってたんですよ、僕、彼のお父さんの村上淳さんが好きだから。お母さんのUAさんの事も好きだし。UAさんは2013年に僕の芝居を観に来てくれて、知り合いましたしね。

虹郎君を初めて見たのは、もっと前です。2010年に開催したワークショップの発表会の場所を探しに行った学校で、UAさんに連れられる虹郎君を見かけたんです。その時からずっと気になる子だったんですよ。それがちょうど上演が決まった時期に、「最近カナダ留学から帰ってきて俳優やるらしいよ」という噂を聞いたんです。だからキャスティングは最初から「虹郎君が良いです」とオファーしました。駄目だったらオーディションやろうかな、と考えてたんだけど・・・虹郎君に決まって良かったな。

――ずっと村上虹郎さんという存在が気にかかっていたんですね。

ええ。彼は去年デビューしたばかりだから、俳優としての虹郎君を僕は知らなかった。だけど虹郎君っていいなと思うんです。それは彼の話であったり、彼の見せる尖った感情であったりがいいなと思っているのであって、俳優としての実力はそれほど重要視していなかった。
今回1日限定で映像出演していただく歌人の穂村弘さんや芸人の又吉直樹さんも同じです。彼らを“穂村弘”や“又吉直樹”ではない存在として舞台に乗せることは、結局のところできない。

藤田貴大4

――いい役者だからというよりも、その人の持つ魅力に惹かれたんですね。

今までの舞台でも、役者として上手いから舞台にあげたということは無いんですよ。それは僕の作品によく出演している青柳いづみだってそうだし、他の役者さんもみんなそう。僕はただその人が、僕が作った世界に居てくれているということに昔からこだわってやってきている。それが今回は偶然、虹郎君だったりするだけなんです。

この感覚って実は、寺山さんと似ているんじゃないかな。寺山さんもたぶん偶然会った人を連れてきて映画に出演させたりしてるじゃないですか。だから『書を捨てよ町へ出よう』の映画を見ていると、その感じを舞台にできたらすごくいいなあとも思うんです。正直、すごく雑な仕事をしてるな・・・と思う時もあるんだけど(笑) 。でも映画を見て舞台にしたいなと思えたから、今回の作品も映画を軸にするつもりなんですよ。

藤田貴大7

――映画と同じく、津軽弁なんですか?

どうしよう。穂村弘さんにもいろいろ相談しているんですけど、津軽弁を無くさない方が良いのかもしれないとはちょっと思ってるんです。というのは、寺山さん自身、青森の方言が抜けなかったんですよね。寺山さんの短歌や詩は都会的なんだけど、方言が抜けない人だからこそ書けている短歌のリズムもあるのかもしれないなんて考えると、訛りはあってもいいのかもしれない。それはちょっと悩んでます。

――方言をどうするかということもですが、寺山修司の映画を自分の作品に書き変えていくんですね。

だいぶ組み替えてくと思います。虹郎君の実際のエピソードを使ったりするかもしれないですし。

藤田貴大5

★藤田貴大は何のために演劇をしているのか?過去の作品を演出している理由は?核心に迫ったインタビューは後編へ続きます!

(文/河野桃子)

書を捨てよ町へ出よう

作品情報書を捨てよ町へ出よう

  • 公演:
  • キャスト:村上虹郎、青柳いづみ、川崎ゆり子、名久井直子、穂村弘、又吉直樹、山本達久、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP