HEADLINE

インタビュー

『ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について』ロングインタビュー!「らも作品で、いつの日か自分で演出したいと思ったのは、この作品だけだった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不世出のストーリーテラー中島らも。その名前を新たに刻み付ける幻の戯曲『ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について』が、2015年11月7日(土)より東京・Zeppブルーシアター六本木で開幕する。没後11年、今なお人気が続く中島らも作品の中でも隠れた傑作として、開幕に期待の高まる本作。演出を手掛けるのは、中島らもが旗揚げした劇団リリパットアーミー以外で唯一戯曲を演出する事が許されたG2。今回はその稽古場にお邪魔して、中島らもと親交の深かったG2と松尾貴史、そして本公演で初めてらも作品に出演する池田純矢、鈴木勝吾、井澤勇貴の三人に、中島らもとの思い出や、らも作品について、そして公演に向けての意気込みなどをじっくりと語って頂いた。

003737.jpg

関連記事:中島らも幻の名作をG2が演出『ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について』上演決定!

――まずは、中島らもさんへの思いや、思い出をお話いただけますでしょうか。

G2:昔、僕が大阪のテレビ局で新人の時、なぜか通ってしまった企画が、中島らもさんが司会をするという番組だったんですよ。それをキッカケに知り合って、僕が右も左も分からない時に優しく包み込んでくれるように接してくれた方なんですね。戯曲に関して言いますと、多分、らもさんにあそこまで頼み込んだのが僕以外にいなかったんじゃないかと。らもさんが劇団以外に書いてくれたのは、僕だけなんですよ。でも、それはヒドい話で、らもさんが病気で入院している病院に行って「台本を書いて下さい」とお願いしたんですよ。そうしたら、らもさんは「ワシ、入院してんねんで」とニンマリ笑って、そんな感じです(笑)。全部話すと2時間ぐらいかかりますよ(笑)。

『ベイビーさん』松尾貴史

――松尾さんも中島らもさんとは長いお付き合いだったと思うのですが、らもさんとの思い出というと?

松尾:僕はらもさんの手下だったり、弟子だったりというような形を望んでいたんですが、あちらは「いや、違う。友達だ」というような関係で。もちろん、色々な事を教えて下さったし、気づかせてもくれましたけど。例えば、何かの事象をどういう風に捉えて、どう感じるかということまで、すごく影響を与えられたなという風に思っております。

それと、沢山の面白いことも授かりましたし、らもさんがリリパットアーミーという劇団を始めるんだと言った時には、「飲むために芝居をしないか?」と誘われて、「だったら、やります」って答えたんです(笑)。旗揚げの時はそんな感じだったのが、だんだんとプロ集団的になっていったということと、僕が物理的に東京の事務所に所属することになって稽古にも出られないので、その後は客演扱いで何度か出演するみたいなことになったんですよね。だから、最初の3、4年しか僕は劇団にはいなかったんですよ。それから、新作落語の台本を書いてもらったりとか、それ以外のことで言うとダメダメなエピソードばっかりでした(笑)。

すごく偉いものにも、悪いものにも、しっかりしたものにも、ダメなものにも、分け隔てせずに愛情を傾けていましたね。そして、ギャグの題材にする場においても、ハンデを持っている人であろうが、タブー視されるような偉い人であろうが、何でも同列に扱って笑い飛ばして愛する対象にしていたという感じがしますね。本当に良い人は、先に早く逝ってしまわれるのだなと、今でも思います。

『ベイビーさん』インタビュー

――池田さん、鈴木さん、井澤さんの三人は、中島らもさんの世界観を若手の中で体現して、若い方にこの世界観を伝えるというのは斬新なことだと思うのですが、皆さんはこの戯曲を演じる上でどのような思いがありますか?

池田:今回のお話を頂く前から、もちろん中島らもさんのことは存じ上げてましたし、すごく素敵な方だと思っていました。改めて『ベイビーさん』の台本を読ませて頂いた時は、すごく視覚的にエンターテイメントな作品だと感じました。サーカス団ということを主軸にする上で、歌であったり、ダンスであったり、アクションがあったりだとか、色々な面白い要素が詰まっている作品だと思います。でも稽古をしていて思うのは、人らしさというか、感情の機微というか、そういう所を繊細に読み解ける作品でもあるんだなと。こういう作品に出演させて頂けるというのは、純粋に嬉しいです。こんな面白い作品なんだから、もし観てもらって面白くないと思われたら、我々はヤバイぞと(笑)。だから、そこは確実なものにしていかなければならないという思いはあります。

鈴木:僕は初めてのモノに触れて、初めての世界を見ているという感じがあります。今回の本もそうですし、らもさんの世界観自体もそうです。全然、分からないですけど、また一つ新しい演劇に触れられるなということが、すごく嬉しく思っていて、そこに真摯にやれるだけかなと思っています。大きなことは言えないですけど、どれだけやれるか、という勝負ですかね。

井澤:僕も今まで経験させて頂いた作品とは少し違っているなと思いました。過去に出演した作品もエンタメ要素はもちろん沢山ありましたけど、今回の作品のエンタメ要素は少し違った印象があります。その中で、この若手の僕らと同年代の役者もいれば、大御所のベテランの方もいらっしゃる。そういう現場の中でG2さんの演出と、らもさんの脚本という作品を演じさせて頂けるのは、とても光栄なことですね。今、その機会がこの年齢で舞い降りてきて、得した感といいますか、チャンスが舞い降りてきたなと。その中で沢山のことを吸収して、日々色々と感じることもありますので、その中で成長できたらいいなと思いますし、稽古には精一杯励みたいなと思っています。

『ベイビーさん』インタビューG2

――中島らもさんの戯曲は数多くありますが、なぜ今回の公演で『ベイビーさん』を選ばれたのでしょうか?

G2:中島らもさんのリリパットアーミーという劇団の芝居をほぼ漏らさずに観ていた時期があって、その中で、大好きな芝居はイッパイあるし、すごく妬ましいというか、失礼な話ですけど、大先輩のらもさんに対して、嫉妬心すら浮かぶぐらいの芝居もあったりしたんです。中でも、いつかチャンスがあったら自分で演出してみたいなと思ったのが、この作品だったんです。

他の作品は、らもさんが中心になって、キッチュ(松尾貴史)を初めとした色々な世界から異能の人たちが、言葉は悪いですけど、“クリーチャー”というか、すごく化け物ショーみたいな感じがあったんで(笑)。キッチュだって、この人の中の一番きわどい線の「危ねぇー! 放送できねぇーよ」みたいな感じのことが、オンパレードでしたし。とにかく舞台の袖で、らもさんがクスクスと、してやったりと笑っているのが分かるような作品が多いんですけど、これに関してはある意味で“普通”というか、「え!? らもさんがこんなの書いたの?」という驚きがあったんです。

普通にも関わらず、らもさんテイストがそこかしこにあって、まさか、らもさんの本でジーンとするとは思わなかったというのと、色々な裏切りがあったんですよ。これだと僕もある種、違う演出で参加することができそうな気がしたんですよね。それまでのラインナップの中で、異質な作品だったんです。だから、僕はらもさんに『子供の一生』という本を頂いて、それはもう再々々々々々演ぐらいしたんですけど、その『子供の一生』の再演にまつわって、らもさんの本でまた何かやってやろうと思ったりとか、やろうと言われるたびに、『ベイビーさん』をやりたいと言い続けていたんですよ。

ですけど、いつかこれをやりたいという大きな夢ではなく、何となく、いつも頭の隅っこにあったという感じで。例えばですけど、いつか帝国劇場でやりたい!とか、歌舞伎座でやりたい!とかそういうのではなくて(笑)。不思議な距離感で、ずっと傍にいた作品なんです。だから、言い方を気を付けないといけないんですけど、あんまり頑張ってはいないんです。

――良い意味で力を抜いて演出できるということですか?

G2:脱力した感じですね。ただ、いざ稽古が始まってみると悩ましいことはいっぱい出てくるんですけど、でも大上段に振りかざさずに、らもさんの言葉を大事にしていけば、きっと面白いものができるなという感覚でいます。

『ベイビーさん』インタビュー

――松尾さんは、リリパットアーミーやG2さん演出での中島らもさんの作品に多く関わっていましたが、今回の『ベイビーさん』という作品についての印象は?

松尾:僕がリリパットアーミーに出てた頃は、早期の頃で、“俳優部”と“化け物部”という感じのグループ分けがされてまして(笑)。その時も、例えば僕はキチガイ・インドおかまという役で(笑)。断片的に台本に“キチガイ・インドおかま、上手より登場。舞台上にいる全員をサバ折りで倒す”で、ト書きに“キッチュ ここで5分間、訳の分からないことをする”と書かれていて、そして最後に台詞で「お店、来てー」と叫びながら上手にはける、というようなのばっかりで(笑)。だから『ベイビーさん』のような素敵なお話になっているものは、らも作品では初めて出るんですよ。

僕がリリパットアーミーに出なくなった後に『ベイビーさん』が上演されて、それを青山円形劇場の客席で観たんです。その時に、「いいなぁ~こんな仕事したかったなぁ」と思ってました。強く念願していたというものではないんですけど、「いいな」と思ったものに関われて、ある種の感慨がある作品ですね。

トーク後半では、若手俳優3人が感じたG2演出のスゴさ、そしてG2から見た3人の印象が語られます!

(文/櫻井宏充)

ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について~

作品情報ベイビーさん~あるいは笑う曲馬団について~

不世出の天才中島らもの隠れた傑作。 没後11年、その栄光に新たに光が当たる。

  • 公演:
  • キャスト:池田純矢、鈴木勝吾、小須田康人、松尾貴史

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP