HEADLINE

インタビュー

ミュージカル『ジキル&ハイド』主演の石丸幹二にインタビュー!「アクの強い役にも挑戦していきたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

19世紀のロンドン、父の病気を治そうと「人間の善と悪を分離する薬」を開発したヘンリー・ジキル博士。周囲の理解を得られない彼は、自らの身体を使ってこの新薬の有効性を証明しようとするのだが、そこには恐ろしい“罠”が・・・。2012年に石丸幹二バージョンが上演され、大評判となったミュージカル『ジキル&ハイド』が帰ってくる!フランク・ワイルドホーンの音楽にのせ、4年振りにジキルとハイドを演じる石丸幹二に話を聞いた。


ドラマの現場での経験を舞台に活かしたい

石丸幹二1

関連記事:最強のキャストで待望の再演。ミュージカル『ジキル&ハイド』2016年3月上演決定!

――『ジキル&ハイド』4年振りに石丸さんバージョンの再演です!

月日が経つのは早いものですね(笑)。まだ稽古に入っていませんので、4年振りの『ジキル&ハイド』がどんな風になるのかはお伝えできないのですが、カンパニーが集まって2016年版の稽古がスタートした時に、それぞれがどんなものを持ち寄って新しい化学反応を起こしていけるのか、私自身もとても楽しみです。

石丸幹二10

――この4年の間に石丸さんご自身も本当にいろいろなお仕事をなさいました。

特に映像の現場を多く経験させていただいて、私の中にも新しいものが色々生まれたんじゃないかと思っています。ドラマで演じた役の感覚を今回の『ジキル&ハイド』でも活かしていけたらいいですね。

――ドラマといえば『半沢直樹』は社会現象にもなり、浅野支店長役は大きな話題になりましたね。

悪い役でしたからね、あの頃、子どもたちに「あ、悪いヒトだ!」って言われるのが何よりキツくて・・・、本当はそんなに悪人じゃないんですよ(笑)。『ジキル&ハイド』では、ドラマで演じた浅野の心の中にあった“野心”をジキルに、“悪意”をハイドに活かせたら面白いんじゃないかと考えています。

――石丸さんご自身はジキルとハイド、どちら寄りでしょう?

うーん、どうでしょう・・・お酒を飲んだらハイドかな(笑)。2012年に初めてこの作品に出演させていただいた時に強く意識したのが、ジキルの“野心”の部分の表現でした。そういう意味では今の僕はジキルに近いかもしれません。舞台でも映像でも、新しい分野の仕事に貪欲に向かって行くという点でジキルに共感しますし、その点は自分と重なると思っています。

石丸幹二3

――「野心」がジキル役を演じる上でも、今のご自身にとっても1つのキーポイントになっていると。

4年の間に映像作品に出演したり、歌の仕事をさせていただいたのも僕にとっては“野心”の一つなんです。もしかしたら“野望”と言い換えても良いかもしれない。と言うのも、テレビに出て多くの人に認知していただくことによって、その方たちが実際に劇場に足を運んで下さるきっかけになれば嬉しいといつも思っていますので。少しでも多くの方に、劇場という濃密な空間で生の舞台に触れていただけたらありがたいです。


『ライムライト』のカルヴェロ役で向き合ったこと

石丸幹二『ライムライト』

『ライムライト』(2015年7月)写真提供/東宝演劇部

――2015年7月の舞台『ライムライト』は心に響く、とてもあたたかい作品でした。

学生の頃からチャップリン好きだったのですが、まさかあの役(=老道化師のカルヴェロ)を演じられる日が来るとは思っていませんでしたので、お話を頂いた時はとてもうれしかったですし、結果、チャップリンの作品を演じた経験は糧になりました。
『ライムライト』に向き合っていた時は、役柄的にも自分の中にある“老い”に鏡を向けざるを得なくて、そういう点でも考えることが多かったです。確かにハートウォーミングな舞台なのですが、演じる側にはある種の厳しさもありましたね。

――カルヴェロを演じている時はどういうところでご自身とリンクが?

カルヴェロはどうあがいても自分が現役に戻れないことを一番良く分かっている・・・そんな哀しみを胸の内に秘めながら、テリーの将来やネヴィルとの恋をサポートする訳です。『ライムライト』では年を経た人間が誰しも持っているそんな思いをなるべく人間臭く演じたつもりです。私自身、50歳になりましたし、そういう感情が少しずつリアルになってきました(笑)。普段の生活でも「寂しさ」や「切なさ」に対する感覚が、若い頃よりも強くなっているようです。

――劇団時代からずっと石丸さんの舞台を拝見していますが、いつもとても素敵です。

ありがとうございます(笑)。デビューして25年になるんですが、生きてきた内の半分は舞台に立っているんだと思うと、ありがたさと共に感慨深さもひとしおです。今ようやく若い役も大人の役も成立させられるところに達した感じがします。そう考えるとすごく“お得”な世代なんですね。

石丸幹二5

★『ジキル&ハイド』を演じるために必要な三つの力とは?石丸さんの思いがたっぷり詰まった後編はこちらから!★

(文/上村由紀子)

ジキル&ハイド

作品情報ジキル&ハイド

  • 公演:
  • キャスト:石丸幹二、濱田めぐみ、笹本玲奈、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP