HEADLINE

インタビュー

『ダンス オブ ヴァンパイア』 アルフレート役の平方元基にインタビュー!「やっとこの時が来た、という感じです!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月3日(火・祝)に、帝国劇場にて幕を開けるミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』。脚本と歌詞を『エリザベート』『モーツァルト!』のミヒャエル・クンツェが手掛け、音楽を『ストリート・オブ・ファイヤー』のジム・スタインマンが担当したウィーン生まれの作品だ。3年振りの上演となる今回、新キャストとして登場するアルフレート役(Wキャスト)の平方元基に話を聞いた。

平方元基1

関連記事:山口祐一郎「前回よりも愛される作品に」 ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』記者会見

――7月の『サンセット大通り』では平方さんの新たな面を見せて頂きました。今回演じられる『ダンス オブ ヴァンパイア』のアルフレートはサンセットのジョー役とはまた違うキャラクターですね。

真逆すぎてどうしようかと思ってます(笑)。演出の山田(和也)さんからは「平方が演じるアルフレートは何ごとにも一生懸命だけど、恋愛以外は全くダメな人」と言われました(笑)。オーディションの時にも音楽監督から同じアドバイスを頂いて、その気持ちを込めて「サラへ」を歌ったんですよ。そしたら何故か皆さんが楽しそうに笑っていて、「ん、これはどういうことだ?」と思ったんですが、無事アルフレート役として出演させて頂ける事になりました。

――平方さんは本格ミュージカルに出演なさるようになってまだ5年目なんですよね。この短期間でこれだけ多くの大舞台を踏んだ方はなかなかいないと思います。

いや、もう必死で頑張ってますよ。2011年に『ロミオ&ジュリエット』でミュージカル界の錚々たる方たちとご一緒させて頂いたんですが、その時はまだこれが“線”になって繋がって行くとは思っていなかったんですね。当時はただ命がけで目の前のことに取り組んでいました。

平方元基3

――そんな中で、ターニングポイントとなった作品は何でしょう?

それはやっぱり『サンセット大通り』ですね。ミュージカルってストレートプレイ(台詞劇)に比べて、きっかけや段取りが多いんです。サンセットではそういうことを取り払って、ただジョーとしてその場に存在するにはどうしたら良いのかということを稽古場で沢山考えましたし、学ばせて頂きました。

そうやって稽古を積み重ねても、初日の前日は気持ちがたかぶって眠れなくなったんですよ。自分で自分をあまり追い詰めないようにしようと意識はしていたんですが、やっぱり色々考えてしまって。

――『サンセット大通り』で安蘭けいさんにインタビューさせて頂いた時に、「元基はジョーにぴったりだと思う」と仰っていましたよ。

本当ですか?それは嬉しいです!とうこ(安蘭)さんとは本番が終わるまでとても良い関係を築けたと思っています。今でもお互いの舞台のことを気にかけていて、近況報告は続けています。とうこさんが「私には(元基の今後を見る)楽しみが出来た」と言って下さったのもすごく嬉しかったですね。

Wキャストで助けられること、考えること

平方元基2

――『レディ・ベス』のフェリペ、『サンセット大通り』のジョー、そして今回のアルフレート役と、Wキャストでのご出演も多いですが、平方さんにとってWキャストの良い所とそうでない所がありましたら教えて下さい。

Wキャストだと、舞台稽古に入った時に、照明の当たり方や立ち位置を客席から俯瞰で見られるという利点はありますよね。それが自分の演技において大きな助けになるとも思いますし。マイナス面は・・・例えば、その人にしかできない表現ってあるじゃないですか。もう一人のキャストが彼にしかできない表現をキラキラしながら成立させているのを見ると、自分の方向性とは違うと分かっていつつ、やっぱり色々考えます。で、そこから「じゃあ、自分だったらどうすれば良いのか」ってプラスの方向に気持ちを持って行くまでに少し時間が掛かっちゃったり。

でも、Wキャストを多く経験させて頂くうちに、マイナスの局面に陥る必要はないんだと、だんだん思えるようになってきました。『サンセット大通り』(柿澤勇人とのWキャスト)の時もそうだったんですが、どちらかと言うともう一人のキャストに助けてもらうことの方が多いです。

――それはお稽古場で良い関係が築けているということですね。

僕は稽古場の雰囲気をなるべく良く出来たら、と思う方ですね。その方が自分の不安も減るし、俳優同士の信頼関係にも繋がって行くんじゃないかと。相手の領域にいきなり踏み込む事はないですが、稽古中のディスカッションも積極的にしていきたいですし、そこで相手から貰う気付きも大切にしています。そのことをすごく意識したのが『サンセット大通り』の稽古場だったかもしれません。

平方元基7

――『サンセット大通り』は二組のキャスト版を両方拝見しましたが、同じ作品とは思えない・・・全く違う印象でした。

ノーマのお二人が全然違う個性ですしね。でも実は僕、千穐楽が終わるまでもう一組のキャストの舞台は通しで観ていないんですよ。観たらきっと、自分の中の何かが大きく動くだろうし、そのことでそれまで大切に築いてきたものが揺れてしまったら・・・と思って。

千穐楽を終えて改めて感じている事ですが、ジョーと自分とは共通点も多かった気がします。彼が持つ成功に向けての煮えたぎる感情とか葛藤、そしてはけ口のないフラストレーション・・・。人間の深い部分を描いた作品ということもあって、自分の中にこんな感情があったんだ、と再発見することも多かったですし、ノーマへの寄り添い方とか・・・僕自身と近いかもしれないですね。

――平方さんはお稽古場でもムードメーカーですよね。

え、それはイジられキャラということですか(笑)?まあ、普段からテンションは高い方ですけど(笑)。例えば稽古場で覚えなきゃいけないことがあって、普通に黙って台本を読んでるじゃないですか。そうすると、静かに台本に向かってるだけで「どうしたの、何かあった?」って聞かれるんですよ…普通にしてるだけなのに(笑)。それで何となく、真面目に考えたり台本を覚えたりする作業は稽古場でなく家で一人の時にするようになりました。

――そういう姿勢が多くの人から愛される理由なのだと思います。

多くの人が仰ることですが、俳優という職業は最後は“人”なんだと。もちろん技術的なことも大切ですが、稽古場で共演者との関係性を良くしていく事は若くても努力次第で出来ますし、そうすることが最終的に自分の助けになるんですよね。何か舞台上でアクシデントが起きた時も“皆仲間なんだから絶対に助けてくれる”って心から信じられるんです。

平方元基4

★アブロンシウス教授役の石川禅さんとは息ぴったり!その発言とは?平方さんの楽しいトークは後半に続きます★

(文/上村由紀子)

ダンス オブ ヴァンパイア

作品情報ダンス オブ ヴァンパイア

あの熱狂が帝劇に帰ってくる!(リー君も!)

  • 公演:
  • キャスト:山口祐一郎、神田沙也加、舞羽美海、平方元基、良知真次、ソニン、コング桑田、阿知波悟美、出雲綾、上口耕平、駒田一、石川禅、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP