HEADLINE

インタビュー

『ブロッケンの妖怪』大貫勇輔インタビュー!「ゾクッとしながら、ウフフと笑っちゃうような舞台にしたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

竹中直人と生瀬勝久が送るホラーコメディ『ブロッケンの妖怪』が、2015年10月30日(金)に幕を開け全国12カ所を巡演する。本舞台は、2011年に個性派俳優の竹中と生瀬がタッグを組んで話題となった「竹生企画」が送る第二弾。また、本作で佐々木希が初舞台を踏むことも話題のひとつだ。本作のキャスト中では最年少でありながらも、ダンサーとして華々しいキャリアを持つ大貫勇輔に話を聞いた。

大貫勇輔1

関連記事:竹中直人×生瀬勝久 ホラーコメディ『ブロッケンの妖怪』 佐々木希初舞台!

――出演が決まった時、どう思われましたか?

こんな素敵なキャストの方たちと共演できることがすごく幸せだなあと思いました。僕、竹中直人さんのファンなんですよ。映画の『ウォーターボーイズ』や『Shall we ダンス?』がすごく好きで!だからまず、竹中さんと一緒にお芝居ができることがとても嬉しいです。
生瀬さんも『セカンド・ラブ』というドラマでご一緒させていただきましたが、その時はほとんど絡みがなかったんです。田口浩正さんは同じ事務所ということもあり、2013年のミュージカル『100万回生きたねこ』でご一緒した時によく飲みに連れて行っていただきました。本当に素晴らしい先輩たちに囲まれているなあと思います。

――実際に稽古してみて、竹中さんの印象はいかがですか?

まず竹中さんは、ものすごい引力。僕が偉そうには言えないですけれど、芝居なのかテクニックなのか、存在そのものが相手をご自身のほうに引き寄せる強い魅力を持っています。それに、僕はダンサーなので気になるのかもしれませんが、肉体の動きがめちゃくちゃ面白い。普通じゃなくて、変です(笑)。他の人はしない動きをするのに、ちゃんと芝居が成立しているのはすごいなって思います。

あとはやっぱり顔面の力がめちゃくちゃ強い。笑ってしまいそうになります。あのすごい迫力に慣れることができるといいんですが・・・(笑)。

――表情に迫力があるといえば、生瀬さんもありますよね。

生瀬さんと竹中さんは目の力がすごく強いです。それに生瀬さんは、芝居の受け方が本当に上手で、僕がどんなボールを投げてもうまく拾ってくださる。時には自分のほうに引っ張ってくれたり、反対にバンッとぶつけてくれたり・・・生瀬さんの持っている引出しの多さに驚くばかりです。お二人と芝居するのはドキドキします。

大貫勇輔2

――大貫さんの役は、高橋惠子さん演じる洋館の女主人に仕える使用人ですね。

高橋さんは品格があって、いかにも霧に囲まれた洋館の奥様という感じで素敵です。僕の役は高橋さんの館の使用人なのでご一緒するシーンも多いんですが、隣りに立っていると安心感があって、とても心地がいいんです。

同じく洋館に仕える田口さんも、立ち姿と居住まいだけですごく笑わせてくれる。もう存在が完結してるんですよね。田口さんを見ているだけで、なんて魅力的なんだろうと思ってしまう。安藤聖さんも舞台経験が豊富で、本当に魅力的な俳優さんばかりです。

――そのなかで佐々木希さんは、初舞台だそうですね。

そうですね。希ちゃんは映像の経験が豊富なのですが、「舞台は本当にわからないことだらけだ」と言っています。竹中さんや生瀬さんがいろいろ教えてくださったり、彼女から聞きに行ったりしています。手の置き所をどうしたらいいのかなどの課題はあるみたいですけど、希ちゃんは顔の力や佇まいがすごく素敵で、彼女の目を見ただけで恋ができる。それはすごいなあと思います。
それに、声もとても綺麗で心地がいいんです! 今回、声の魅力的な役者さんが揃いましたね。

――稽古場の雰囲気はいかがですか?

和気あいあいとしていて、みんなでコアリズムでウォーミングアップしたりしています。でも僕が一番年下なので、はしゃぐのはちょっと緊張しちゃいますけどね(笑)

稽古ではとにかく、いろいろ考えすぎないようにしています。他の役者さんたちが稽古で投げかけてくるものが日々違うので、それをちゃんと敏感にキャッチできるように、その場で感じることを信じるようにしています。身ひとつで、自分の感覚を研ぎすまして、絶好調の状態で稽古場に来るのが一番いいかなと思っています。
そのうちアドリブが入れられるようになったら最高なんですけど、どうかな・・・。みなさんアドリブするのかな、怖いなぁ(笑)

――もしアドリブもあるとすると、とても楽しそうです!ホラーコメディだと謳っていますし、笑えるシーンも多そうですね。

そうですね。ギャグというより、普通に話していることがなんだか面白い、といったコメディです。日常の中にある、人が「ふふっ」と微笑んでしまうちょっとした瞬間が散りばめられていますね。

大貫勇輔3

――全体的には、どんな作品になりそうですか?

お客さんに対しては、もしかすると不親切な演劇作品かもしれないです。前半は説明しないまま物語が進んでいくので、謎が多いんです。でもその不親切さが「いったい何なんだろう」とお客さんの興味を引いていく。何かが始まるような気がする作品なんですよね。

そのドキドキ感をどこまで引き出せるかが、作品を作るうえで重要なポイントだと思っています。謎めいているなかでも、舞台上で交わされる人と人との交流はリアルで、ぽろっと出る会話の面白さがある。展開が読めない不安定な状態で、いかに登場人物の関係をお客さんに見せていけるかというのが、難しくもあり面白さでもあるのかな。

ですので、観にいらした方には、不思議な体験をしてもらえたらと思います。竹中さんの芸に「怒りながら笑う」というのがありますが、そんなふうに、いくつもの気持ちを同時に感じられるような芝居を見せたいです。ちょっとゾクッとしながら、ウフフって笑っちゃう、っていうことができたら一番理想的ですね。あんまり深く考えずに、キャストたちが奏でる何かを観に来てもらえたらなあと思います。

――大貫さんが踊るシーンもあるんですか?

ちょっとだけあります。踊るというか、動くくらいです。どんな動きにしようかまだいろいろ試している段階です。

大貫勇輔5

★ダイナミックなパフォーマンスで注目を集める大貫さんが思うダンスと芝居の違いとは?後編へ続きます★

(文/河野桃子)

ブロッケンの妖怪

作品情報ブロッケンの妖怪

竹中直人と生瀬勝久の強力タッグ企画第2弾!

  • 公演:
  • キャスト:竹中直人、生瀬勝久、佐々木希、大貫勇輔、田口浩正、高橋惠子、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP