HEADLINE

インタビュー

現代能楽集Ⅷ『道玄坂綺譚』平岡祐太×眞島秀和インタビュー「三島由紀夫の作品を現代に置き換える、ミステリアスで不思議な世界観」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世田谷パブリックシアター芸術監督・野村萬斎の立ち上げた人気シリーズ『現代能楽集』の第8弾『道玄坂綺譚』が、2015年11月8日(日)~21日(土)まで、同劇場にて上演される。『現代能楽集』は、能の物語をベースにさまざまな劇作家・演出家が新作をつくりあげる企画だ。今回は、三島由紀夫の戯曲『近代能楽集』に収められた短編『卒塔婆小町』『熊野(ゆや)』の2作品をまぜあわせ、劇作家・演出家のマキノノゾミがひとつの現代劇として生まれ変わらせる。
『卒塔婆小町』と『熊野』、それぞれの“現代能楽集”版のメインキャストである平岡祐太と眞島秀和に、作品に臨む思いを聞いた。

003529.jpg

関連記事:野村萬斎が仕掛ける『現代能楽集』シリーズ 三島由紀夫を現代へ『道玄坂綺譚』制作発表

――今回上演する『道玄坂綺譚』は、能の物語を三島由紀夫がアレンジしたものを、さらに現代劇にするんですよね。

平岡:三島由紀夫さんの『近代能楽集』を現代に置き換えた作品にすると聞いて、久々の舞台で面白そうな企画に参加できるなと思い、挑戦してみようと決めました。

――お二人とも映像作品への出演がほとんどですよね。ご自身にとって舞台とはどういうものですか?

眞島:舞台はずっとやりたかったので、今回は自分にとって挑戦できる機会をいただいたなと思いました。去年、15年以上ぶりに舞台に立ったんです。楽しかった! ゼロから作品をつくっていく過程を皆で共有することができるというのは非常に貴重で、またそんな経験ができるんだなと期待しています。でもすごく不安ですよ。

平岡:なにが不安なんですか?

眞島:まだどうなるかわからないからかなぁ。

平岡:得体の知れないものって怖いですよね。僕もオファーを受ける時にすごく不安が強かったし。

眞島:でも、常になにかに挑戦していけるのは俳優という仕事の醍醐味だよね。だからこそ、立ち向かっていかなきゃな。

『道玄坂綺譚』平岡祐太

――眞島さん演じるムネモリは、IT実業家なんですよね。

眞島:そうです。ITで成功した男なのに、これからいっさいネットとスマホを使わないという約束で少女に充分な生活を与えてあげる・・・という役。それはすごく面白そうだなと!

平岡:そういうことしたいんですか?(笑)

眞島:いやいや、共感はしないけど、興味があるな。もっともITに浸かってる人間が、それを他人に禁止するように仕向ける・・・相手に求めるところがそれだというのが面白いところ。若い女性を支配するという設定は原作の『熊野』とほぼ同じなんですが、現代版に置き換えた時にITを取り上げるのはとてもわかりやすい。それが、もう1作の『卒塔婆小町』と合わさった時に、どうなるのか。

平岡:『熊野』に登場する水田航生くんが『卒塔婆小町』の物語にも紛れ込んだりと、面白いミックス感がありそうですね。幻想の世界へ行ったり、理屈じゃない事がいっぱいある物語ですし。原作でも二転三転する展開が待ち受けていますから、お客さんとしては非常に裏切られる展開になっていくんじゃないかな。

眞島:制作発表で演出のマキノさんが「『熊野』にはコメディタッチな部分がある」と仰っていましたが、僕は原作を読んで、コメディというよりも、違和感や、ザワザワするような不安感を感じたんですね。共演の一路真輝さんは「2作ともやりきれない思いのようなものがある」と表現されていましたが、それがこの作品の魅力なのかなと思います。なんとも言い表すのが難しいような気持ちになる作品ですね。

『道玄坂綺譚』眞島秀和

――平岡さんは道玄坂らしき場所にあるネットカフェの店員・キイチを演じますが、原作では女性に翻弄される役ですよね。

平岡:「すべての女性には、わけもわからず飲み込まれるほどの魅力がある」というのはとても三島さんらしい気がして、僕もすごくわかる感覚です。女性や死が美しいという三島由紀夫の世界観は、今回の舞台にもちらついてくるのではないかなあ。

眞島:三島さんは美意識が高い方ですよね。

平岡:ボディビルで肉体改造をしたり、すごい人ですよね。作品にも不気味な面白さがあるのですが、僕は三島由紀夫さんという人にすごく興味があるんです。官僚の父のもとに生まれ、自分も官僚をしながら小説を書き、ヨーロッパの文学に影響を受けて美しさを求め、ボディビルをやり、ボクシングをやり、最後は政治活動をして自決する・・・そんな三島さんの生き方自体がすごく不思議だなあと惹かれます。

眞島:美しさって、男性なら「生き方」かもしれないし、女性は「見せ方」かもしれない。三島さんはその両方の美を追求していますよね。そして誰もが感じられる、人間としての普遍的なドラマが作品のなかにある。

平岡:『現代能楽集』の企画・監修者である野村萬斎さんも、日本語の響きの美しさに意識を置かれている方だと思うので、三島由紀夫さんの作品を選んだのかもしれないですよね。
(注:現に、野村萬斎は2012年に三島由紀夫作『サド侯爵夫人』を手掛けている。“言葉による緊縛”に主眼を置いた演出に挑んだ。)

――それがマキノ版として現代風にアレンジされるんですね! 平岡さんはマキノさんの舞台は2度目ですが、どんな演出をされる方ですか?

平岡:2011年に中村獅童さんと共演した舞台『淋しいのはお前だけじゃない』をマキノさんが演出してくださったのですが、その時は演出を受けた感覚がなかったんです。ただ、「何かできる?」と聞かれて、「ギターが弾けます」と言ったら「じゃあギターやろう!」とギターを弾くシーンが追加されました。そんなふうに、僕たち役者がお客様に見せられるものを出すのを待っていたような気がします。非常にインテリジェンスを感じる方ですね。怒ったところは見たことがないんですけれど、あの真剣な目にはすべて見透かされているような感覚になります。

『道玄坂綺譚』インタビュー

映画での共演経験を持つ二人、お互いが抱くイメージとは・・・?息の合ったトークは後半へ!

(文/河野桃子)

現代能楽集Ⅷ「道玄坂綺譚」

作品情報現代能楽集Ⅷ「道玄坂綺譚」

三島由紀夫原作×野村萬斎企画・監修×マキノノゾミ作・演出という異色タッグで“古典と現代の融合”の新たな姿を描き出す

  • 公演:
  • キャスト:平岡祐太、倉科カナ、眞島秀和、一路真輝、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP