loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ミュージカル『スコット&ゼルダ』 ウエンツ瑛士と濱田めぐみにインタビュー!「“今年一番”のミュージカルを目指します!」

ウエンツ瑛士、濱田めぐみ『スコット&ゼルダ』
画像を全て表示(5件)
                  

信頼できるクリエイター陣と『スコット&ゼルダ』の世界を創る

濱田めぐみ『スコット&ゼルダ』

関連記事:濱田めぐみ 終わりなき“挑戦”の先に見えるもの

――舞台上のボールと言えば、演劇界から参戦の山西惇さんとの絡みも楽しみです。製作発表では初対話と思えない面白さでした。

ウエンツ:山西さんは今回の役柄が、スコットとゼルダ、そして時代を客観的に見つめるというキャラクターですし、ご本人もそういう所をお持ちの方の様な気がします。何か迷った時や「ん、これどうなのかな?」なんて思った時に色々聞くと、凄く冷静に答えを返して下さるんじゃないかと。

濱田:うん、分かる!ぼそっと返ってくる答えが超リアルなの。ミュージカルではない分野でも活躍している方がカンパニーにいらっしゃるのは心強いです。

――今回は少数精鋭でソリッドな作品を創るという鈴木裕美(演出)さんの言葉もありました。

濱田:裕美さんの演出って、ご自身が思う所やプランをまず説明して、後は俳優の自由度に任せて下さる部分がとても大きいんです。だから最初にミュージカルの約束事である音楽を体に入れて、あとは役の人物としてその場にきちんといられたら、全てのことがとても楽になる。演技というより、ただ存在しているという感覚をもたらしてくれるんですね。お客様にも俳優が自由な状態でいるところを観ていただくと、より作品の真意が伝わるとも思います。

ウエンツ:僕は裕美さんの演出は初めてということもあって、これから本格的な稽古に入る中でいろいろ新しい気付きがあると思っています。裕美さん演出の『サンセット大通り』を見せて頂いた時にまず感じたのは「濱めぐ、凄いな!」ということ。実は僕、物語がなかなか頭に入って来なくて・・・と言うのも「ああ、この人と次に一緒にやるんだ」って思ったら圧倒されちゃったんですね。で、だんだん「自分がジョーを演じていたら、どうこのノーマと対峙していたんだろう」というモードにもなって。濱めぐさんには凄い実力があって、安心して共演させていただけるという安堵感と、あの人と一緒に舞台に立つんだというある種の恐怖感が一気にきた感じでしたね。それがさっきお話した“前のめり”の状態の真実です(笑)。

濱田:それは何か戸惑いもあったということ?

ウエンツ:自分では意識していなかったんですけど、舞台を観ながら「嫌だなぁ・・・」って言ってたらしいです(笑)。色んな感情が渦巻いちゃったんでしょうね。

濱田:楽屋に来てくれた時に「あー ウエンツ!(嬉)」って声を掛けたら、「ああ・・・」って暗いトーンだったよね(笑)。

ウエンツ:いや、本当にすみません(笑)。何だかあの時は「最高でしたよ!」って言える状態でもなく・・・濱田めぐみという人の凄さに完全に飲み込まれてましたね。

濱田:さっき、ウエンツ君から20年前に共演した時の写真を見せて貰ったんですよ。良く持ってたね。今やお宝だよ!

ウエンツ瑛士、濱田めぐみ『スコット&ゼルダ』

――お二人の20年振りの化学反応が楽しみです。

ウエンツ:この『スコット&ゼルダ』という作品に今の自分が巡り会えたことに、幸せを感じています。これがなかったら、フィッツジェラルドという人の人生に深く触れることもなかったと思いますし、共演者の皆さんとも舞台上で出会う事はなかったかもしれない。そんなさまざまな運命に身を委ねながら、時にその運命に逆らって、僕なりの爪痕を残せたらと思っています。“今年一番”のミュージカルに出来るよう精いっぱいやらせて頂きます。

濱田:今日の製作発表で“今までにない作品”に仕上がるんじゃないかと大きな予感がありました。1920年代が舞台ということでビジュアル的にもそうですし、ワイルドホーンさんの音楽にもジャズテイストが多く取り入れられていて耳に新しいのではないかと。私は10代からゼルダがこの世を去る48歳までの時代を物語の中で行き来する訳ですが、役の気持ちや、佇まいの切り替えが今回自分にとってのチャレンジになりそうです。どうやらほぼ舞台に出ずっぱりになりそうですし。お洒落ではあるけれど軽くない…観た方の心に刺さるメッセージがある作品になると信じていますので、ぜひ劇場にいらして下さい。


実は20年前に上演されたミュージカルで共演経験があるウエンツ瑛士と濱田めぐみ。互いの現場で切磋琢磨を重ね、今回久し振りの共演を果たす。オフトークで「この二人は世間から見たら幸福ではなかったかもしれないけれど、本人たちはきっと幸せだったんだと思う」と語るウエンツの笑顔が頼もしい。

『サンセット大通り』のノーマに続き、絶世の美女として時代を駆け抜けたゼルダを演じる濱田は「やっとノーマが抜けてきた」と笑いながら、新しい挑戦への決意を語る。こんなに自然体の人のどこからあの他を圧する熱量が生まれるのかと、今回もその“落差”に驚かされた。

華やかでゴージャスだけれど軽いだけの作品ではない・・・二人が語る『スコット&ゼルダ』の世界がどう具現化され、私たちに驚きをもたらしてくれるのか。10月17日の開幕が楽しみでならない。

『スコット&ゼルダ』

◇ミュージカル『スコット&ゼルダ』◇
2015年10月17日(土)~11月1日(日) 東京・天王洲銀河劇場
2015年11月7日(土)~11月8日(日)大阪・新歌舞伎座

撮影:高橋将志

          
スコット&ゼルダ

歌、タップ、ダンスで魅せる豪華絢爛!大人のジャズミュージカル

  • 公演:
  • キャスト:ウエンツ瑛士、濱田めぐみ、中河内雅貴、山西惇、ほか
「チケットぴあ」で予約・購入
  
            

この記事の画像一覧

  • ウエンツ瑛士、濱田めぐみ『スコット&ゼルダ』
  • ウエンツ瑛士『スコット&ゼルダ』
  • 濱田めぐみ『スコット&ゼルダ』
  • ウエンツ瑛士、濱田めぐみ『スコット&ゼルダ』
  • 『スコット&ゼルダ』
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事