HEADLINE

インタビュー

ミュージカル『スコット&ゼルダ』 ウエンツ瑛士と濱田めぐみにインタビュー!「“今年一番”のミュージカルを目指します!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とある病院に一人の男がやって来る。男は作家で、精神を病んで入院中の女に会いに来たのだ。女の口から語られる華々しい過去の物語。“ロストエイジ”と呼ばれる時代を駆け抜けた「スコットとゼルダ」が見たアメリカンドリームとは何だったのか・・・。10月17日(土)に東京・天王洲 銀河劇場で開幕する『スコット&ゼルダ』。「華麗なるギャツビー」で知られる作家、スコット・F・フィッツジェラルドと、その妻ゼルダの姿を描いたジャズテイスト満載のミュージカルだ。本作でスコットを演じるウエンツ瑛士と、ゼルダ役の濱田めぐみに今の気持ちを語って貰った。“あのミュージカル”以来、20年振りの共演となる二人は何を思うのか?

ウエンツ瑛士、濱田めぐみ『スコット&ゼルダ』

関連記事:ウエンツ瑛士×濱田めぐみ、20年ぶりの共演は夫婦役!ミュージカル『スコット&ゼルダ』製作発表

――『スコット&ゼルダ』ではお二人とも実在の人物を演じられます。ウエンツさんは今回が初めてで、濱田さんは川島芳子(『李香蘭』)、ボニー(『ボニー&クライド』)に続いて3回目。役に対するアプローチはいかがでしょう?

濱田:実際に存在した人を演じると、その人についての史実だったりエピソードだったり、迷った時に帰れる“軸”があるように思うんです。この前まで演じていた『サンセット大通り』のノーマのように、リアリティがある人物造形で架空のキャラクターという役柄が実は一番難しくって。今は資料を読みながら、ゼルダという人が周囲からはどう捉えられていたのか、そしてそのセルダという役を私が演じたらどういう風になるのかをイメージして、彼女に近づこうとしている状態です。

ウエンツ:僕は実在の人物を演じるのは今回が初めてで、やはり資料を読むところから始めています。ただその資料には書き手の主観が含まれている訳で、その主観の中からスコット(=フィッツジェラルド)の愛すべき点や欠点と言われるポイントを読み取って役作りに生かしていけたらと。今はどちらかというとスコットのネガティブな面より魅力的な面をたくさん見つけようとしていますね。大変な人ではあるんですが、なるべく多くの人に愛される役にしていきたいですし。

――製作発表の時にウエンツさんが「きっとフィッツジェラルドの霊がどこかにいるだろうから、それを捉えて演じたい」と仰っていたのが印象的でした。濱田さんの役作りとがっちりリンクしそうですね。

濱田:ウエンツ君を見ていて「あれ、この人1920年代に生きてたことがあるんじゃない?」と、ふと思うことがあって。今回私たちが実在の人物を演じる機会を得たってことは、きっと何か大きなご縁が働いているんだと思うよ。

ウエンツ:そうかもしれないですね。僕、段々スコットの人物像が自分の中に入ってきてるみたいで、この前生まれて初めて、お店にいるお客さん全員におごっちゃいましたよ(笑)。彼の豪胆さが自分に入ってる時だったんでしょうね。千秋楽が終わる前に破産しないよう気を付けないと(笑)。

――『サンセット大通り』の濱田さん版ゲネプロ(関係者向け舞台稽古)の時に、とても真剣に舞台に見入っているウエンツさんの姿をお見かけしました。

ウエンツ:あの時は本当に圧倒されました。いつの間にか体ごと舞台に持って行かれるような感じで。

濱田:ゲネプロって実は俳優にとって一番過酷な過程で、時間もない中いろいろなことを確認しながら何とか本番と同じように舞台をやり遂げなくちゃいけない。ウエンツ君は舞台の上で必死にノーマを演じる私の姿を見て応援してくれていたんだと思う。そう言えば『天才執事ジーヴス』演出の田尾下(哲)さんから、今回の共演が決まった時に「ウエンツはいい奴だから!頼んだ!よろしく!」ってメールが届いたの。

ウエンツ:それは嬉しいですね。田尾下さん、ありがとうございます(笑)! 僕はまだ舞台の経験も少ないんですが、そこに立たせていただく以上、少しでも共演の皆さんに近づけるよう、出来るだけの準備はしなければ、と思ってきました。特にミュージカルは、小さい時からその世界を目指して必死に頑張っている方たちも多い中、自分が主要な役をやらせていただいていいのか迷ったり壁にぶつかることもありますが、キャストの皆さんと同じ世界を共有できるよう、精一杯やれたらと思ってます。

二人の共通点は“THE 完璧主義”!?

ウエンツ瑛士『スコット&ゼルダ』

――お二方とも前作ではアンドリュー・ロイド・ウェバーさんの楽曲を歌われ、今回はワイルドホーンさんのナンバーに挑戦されます。

ウエンツ:製作発表でも歌わせていただいたんですが・・・正直、難しかったです。ワイルドホーンさんのメロディーと日本版の訳詩がある中、そこに自分の感情をのせていくことがこんなにも大変なのかと。まだ自分の中で確固たるフィッツジェラルド像が出来ていない中、どうこの難しく素晴らしいナンバーと向き合えばいいのか、これからの大きな課題の一つですね。

濱田:ウエンツ君は完璧主義者だよね。

ウエンツ:ですね。ちょっとでも引っ掛かることがあるとなかなか前に進めませんし。

――感覚を大事にする完璧主義という点ではお二人とも似ているような。

濱田:確かに私もどんどん自分を追い込みながら追求していくタイプかも・・・うん、似てるね(笑)。

ウエンツ:僕はきっちり出来ないとまず自分に醒めるんですよ。一つでも出来ないことがあるとふと素に戻ってイラっとしちゃう。

濱田:あ、その感じ分かる!そうならないように自分が持ち直すための“仕掛け”を要所要所でちゃんと作っていかないとね。

――いろんな意味でお二人の共演はとても刺激的なものになりそうです。

濱田:私、実はポンコツなんですよ。

ウエンツ:いやいや、いきなり何ですか、その爆弾発言は(笑)。

濱田:いや、本当に。抜けてる所も多くて稽古場でもぼーっとしてたりするから、共演者が心配して「自分がしっかりしないと」って思うみたいなの。稽古中に次にどこの場面を返すのか、役のことを考え過ぎてて分からなくなっちゃってたり、違う場所に立ってたりなんてことも日常茶飯事。で、相手役の人が「これはまずい、この人は自分が引っ張っていかないと」って頑張るうちに物凄い勢いで成長を遂げるという(笑)。

ウエンツ:そんな成長の仕方があるんですね(笑)。僕、今回の共演でとても楽しみにしているのが、ゼルダが投げてきたボールをいかにウエンツではなく、スコットとして自然に返していくかということなんです。その場合、僕の中での投げ手はいつもゼルダなので、リードをよろしくお願いします(笑)。

濱田:あ、そういう方向?分かった、任せて!でも毎日違うよ。

ウエンツ:それが何より楽しみなんですよ!その繰り返しと積み重ねでスコットとゼルダの関係性が出来ていくと思っていますので。そこから僕もゼルダが驚くようなリアクションを返していきたいですね。

★ウエンツ瑛士『サンセット大通り』で“前のめり”状態の真実とは?お二人のトークは後半も盛り上がります★

(文/上村由紀子)

スコット&ゼルダ

作品情報スコット&ゼルダ

歌、タップ、ダンスで魅せる豪華絢爛!大人のジャズミュージカル

  • 公演:
  • キャスト:ウエンツ瑛士、濱田めぐみ、中河内雅貴、山西惇、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP