HEADLINE

インタビュー

『ダブリンの鐘つきカビ人間』佐藤隆太インタビュー!「今までとは違う作品になる予感がしています」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不思議な病に冒された、中世の町を舞台に、醜い容姿に美しい心を持つカビ人間と、思っていることと反対の言葉しか話せない娘のおさえの出会いから巻き起こる、寓話的物語『ダブリンの鐘つきカビ人間』。2002年に初演、2005年に再演されて以来、10年ぶりに上演される。主人公のカビ人間役の佐藤隆太に、作品の魅力と、公演に向けての心境を聞いた。

佐藤隆太

関連記事:“カビ人間”役に佐藤隆太が決定!『ダブリンの鐘つきカビ人間』待望の再演決定

――2005年の再演から10年経っての再々演ですね。出演が決まった時の心境はいかがでしたか。

多くの人に知られていてファンの多い作品ですし、上演を重ねているということはそれだけ愛されてる作品でもあるので、嬉しくもあり、同時にプレッシャーも感じましたね。

佐藤隆太_2

――もともと作品はご存知でした?

はい、知っていました。スケジュールが合わず、劇場に行けなかったので見たのは映像なのですが。

――見た時のご感想はいかがでしたか?

面白かったです。まさにエンターテインメントの面白さがぎゅっと詰め込まれ、バランスよく散りばめられているような作品で。純粋に笑いながら見られますし、でもそのなかでも、「いやー笑った、面白かった」で終わるわけではなくて。作品を見終わってからもずっと残るものがあるし、感動するシーンもあれば、切ないシーンもあったりして。よくもここまで色んな感情がスムーズな気持ちのいい流れで一つの作品に集約されているな、と思いました。


新しいメンバーで、新しい「カビ人間」を作る

佐藤隆太_3

――そして今回、主人公のカビ人間を演じるわけですが。

とても素晴らしい作品に参加できるんだということで、喜ばしいことなんですけど、大倉孝二さん、片桐仁さんが演じてきたカビ人間のインパクトがありますし、ある意味完成された作品ですから、そこに再々演という状況で自分が入ることは、怖さもあります。

でも10年経った今回、これまで出演してきた後藤さん以外の出演者は僕も含め入れ替わっていますし、(演出の)G2さんが、今回は、「新作を作るくらいのつもりでやる」と仰っていました。今までの二つの公演とはまったく雰囲気が変わるかもしれない、そういうもの作りをしたいと。だから、これまでのことは意識し過ぎず、新しいメンバーで新しい『ダブリンの鐘つきカビ人間』を作っていけたらいいなという気持ちでいます。

――それでは、今回佐藤さんは「カビ人間」をこう演じる、自分なりのカラーを出したい、みたいなことは、あまり意識していないということでしょうか。

そうですね、自分のカラーをだそうということではなく、素直に「カビ人間」に向き合いたいと思っています。

佐藤隆太_4

――演出のG2さん、脚本の後藤さんからは、今回に当たっての要望、アドバイスは事前にありましたか。

事前にそういう話はしていないですね。実際今稽古に入って、G2さんからは、一つ一つ具体的に、セリフにこういう気持ちを乗せてほしい、などの演出を受けているところです。

――佐藤さんが思っている、カビ人間のイメージを教えてください。

病気によって内面と外見が入れ替わってしまったカビ人間。非常にピュアな心を持ったカビ人間が、“人の痛み” というものを知っていく物語だなと感じています。病気にかかってしまう前は、容姿に恵まれていたけどすごく性格が悪く、町の人たちに色んな迷惑をかけていて、ひどいこともたくさんやっている男だった。町の人たちから嫌われているのには理由があるんです。病気にかかるまで、気づかなかった人の痛みというものを、カビ人間になったからこそ気づいていく。そこが切ないんですよね。ピュアな心を持ったカビ人間を、自分のなかに受け入れる、落とし込もうとしているところです。

佐藤隆太_5

★後編では、稽古場の様子や共演者について語っていただきました!★

(文/金本美代)

ダブリンの鐘つきカビ人間

作品情報ダブリンの鐘つきカビ人間

  • 公演:
  • キャスト:佐藤隆太、上西星来、白洲迅、大塚千弘、小西遼生、中村昌也、木戸邑弥、明樂哲典、マギー、後藤ひろひと、吉野圭吾、篠井英介、村井國夫、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP