HEADLINE

インタビュー

「朗読と演劇とエンターテイメントの融合“朗読演劇”を楽しんで」『高瀬舟・山椒大夫』伊勢大貴インタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい文学の形として注目を集める朗読劇シリーズ『極上文學』が、2015年10月9日(金)~18日(日)、第9弾として森鴎外の名作『高瀬舟・山椒大夫』を上演する。東京・渋谷のCBGKシブゲキ!!での公演を終えた後は、24日(土)・25日(日)と大阪ビジネスパーク円形ホールでも公演する。『極上文學』シリーズではこれまで、宮沢賢治『銀河鉄道の夜』や芥川龍之介『藪の中』をはじめ、様々な文学作品を題材にしてきた。今回は、『高瀬舟』と『山椒大夫』の2作のストーリーと登場人物が舞台上で入り交じる異色作だ。
独特の上演方式も注目を集め、公演回ごとに配役が入れ替わるマルチキャスティングや、朗読劇とは思えない役者の演技、生で音楽を奏でる「奏で師」や舞を舞う「具現師」の登場など、見どころ溢れるユニークな演出は公演を重ねるごとに話題を呼んでいる。
今回はメインキャストの一人、伊勢大貴に話を聞いた。

伊勢大貴『高瀬舟・山椒大夫』

関連記事:森鴎外の名作『高瀬舟・山椒大夫』を若手実力派俳優たちの声が紡いでゆく、『極上文學シリーズ』第9弾!

――伊勢さんのデビューは俳優でしたが、最近は『烈車戦隊トッキュウジャー』や『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の主題歌を歌ったりと、歌手としてもご活躍されていますね。

ずっと芝居を中心に活動を続けていくつもりだったのですが、歌もやりたかったので、チャンスを頂けて楽しかったです。でもしばらく芝居に携わることが減っていたので、今年に入って演劇に関わることが増えて嬉しいです。芝居以外で得た経験を活かしていければと思っています。

――朗読劇は2年半ぶりですね。出演が決まった時はいかがでしたか?

まず最初に思ったことは、共演する方たちがとても楽しみだなと。作品はそれまで読んだことがなかったので、それよりも誰と共演するんだろうということが気になっていましたので。共演したことがある方がたくさんいるのも嬉しいです。(椎名)鯛造さん、(水石)亜飛夢、服部(翼)くん……なかでも鯛造さんは、過去の共演で濃い絡みがありましたから印象的です。当時は舞台上で鯛造さんから受けるものが大きくて、「わあ、この人すごいなあ」と思ってお別れしたままでしたから、また一緒にお芝居できるのが楽しみですね。
物語自体は、森鴎外の名作ということで作品の力がすごく強いと思うので、あとはこのキャスト達でどうしていこうかなあというところ。毎公演配役の変わるマルチキャスト方式だし、同じ役でも役者の演じ方が違えば違うほど面白いんだろうな。

――自分と同じ役を誰かが演じることについてはどう思いますか?

伊勢大貴『高瀬舟・山椒大夫』

役者が違えば別の座組なので、良い意味であまり気にならないです。だからプレッシャーを感じる必要はないかな。むしろ観てみたいですよね、他の人だったらどうなのか楽しみだな。
8月に出演した舞台『テイラー・バートン~奪われた秘宝~』でも1本の台本を4チームで上演したんですが、やっぱりチームによって全然違ったんですよ。だから自分たちの色をどれだけ濃くできるかというのが大切だなあと思います。みんなのキャラクターが全然違うから、同じようにはできないんじゃないかというのは、歌の仕事をして実感しました。その人の声のキーがあって、トーンがって、MCがある・・・ということをすごく肌で感じたんです。だからぶれなくなりましたね、前よりは。

――前、というとミュージカル『テニスの王子様』ですか?

ええ。初舞台のミュージカル『テニスの王子様』の時から、過去のキャストと比べて観られていたので・・・。「前の人のほうがよかったー」と言われることもありましたけれど、そう思う人もいるし、僕のほうがいいと言ってくれる人もいるし、観る方の好みでしょう。だから今回のようにマルチキャストだと、いくつも観比べるという楽しみ方ができていいと思います。

――伊勢さん自身も、公演ごとに演じる役が変わりますしね。

11日なんて、昼公演と夜公演で演じる役が違いますしね。メイクが大変じゃないかなあ。

――心配なのはメイク?(笑)

気持ちについては、景色が変わると勝手に切り替わると思うので心配してないです。演じる役が公演回によって変わることで生まれる変化を感じたいですね。しかも毎回相手役も変わるし、年齢もバラバラ。19歳の亜飛夢が僕のお姉さん役だったりと、実年齢と逆になることもあるんです。どんなステージになるんだろう。

――森鴎外の原作を読まれた印象はいかがですか?

読みやすいですね。今までちゃんと森鴎外の本を読んだことはなかったのですが、『山椒大夫』の方はファンタジーに近い印象を受けました。仏像が身代わりになってくれたり、おどろおどろしさよりは子どもの夢のようなイメージで、ワクワクドキドキしながら楽しく読んでいます。本当に、魅力のある作品です。
最近はあまりみられなくなった日本人らしさがある作品なので、それが伝わるといいなと思っています。

――文学作品を朗読することの面白さはどんなところだと思いますか?

一時期、伊坂幸太郎さんにハマっていて、それからミステリーが好きになって・・・最近面白かったのは『キャプテンサンダーボルト』(阿部和重、伊坂幸太郎合作)。いわゆる文学というのは、自分から積極的に読まなかったジャンルではあります。
でもこの『極上文學』に出演する事で文学に触れられた。この『極上文學』がきっかけで文学作品を手に取る人はきっと多いんじゃないかな。きっかけになるって大事なことだと思います。たとえば又吉直樹さんが『火花』で芥川賞を受賞したことで、本を読むきっかけになった人は多かったと思うんです。それはきっと日本にとって悪くない・・・むしろ良いことのほうが多いはず。
だから原作を読んだことのない人たちにも、本の持っている魅力もちゃんと伝えつつ、自分たちの魅力も伝えることができれば、いい公演になるんじゃないかな。
原作は言葉遣いや言い回しは難しいところも多いから調べながら読んでいますけれど、そこは芝居だからこそ埋められると思うんですよ。本を読むよりも舞台のほうが、きっと受け入れやすいんじゃないかな。原作を知っていても知らなくても楽しめると思います。

伊勢大貴『高瀬舟・山椒大夫』

伊勢大貴にとって舞台とは?憧れの役者は?トークは後半に続きます。

(文/河野桃子)

本格文學朗読演劇 極上文學第9弾『高瀬舟・山椒大夫』

作品情報本格文學朗読演劇 極上文學第9弾『高瀬舟・山椒大夫』

公演回ごとに配役が入れ替わるマルチキャスティングが見どころ。森鴎外の名作2編を若手実力派俳優たちが作り上げる。

  • 公演:
  • キャスト:天宮良、伊勢大貴、服部翼、藤原祐規、松田洋治、松本祐一、水石亜飛夢、村田充、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP