HEADLINE

インタビュー

『フライングパイレーツ ネバーランド漂流記―featuring GUY’S』猪野広樹&村上幸平インタビュー!「僕たちだからできる、新たなストーリーを見せます!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界的に有名な物語、『ピーターパン』のその後をモチーフに描かれている、2010年に初演、女性のみのキャストで三度上演されてきた人気ガールズミュージカル『フライングパイレーツ』が、今回“featuring GUY’S”として男性キャストを迎えて新たなステージを披露する。今回追加された、男性俳優だからこそできる臨場感あふれるアクションシーンにも期待だ。ピーターパン役の猪野広樹とフック船長役の村上幸平に公演に向けての意気込みを聞いた。

『フライングパイレーツ ネバーランド漂流記―featuring GUY’S』

――これまで女性のみのキャストで上演されてきた作品に、featuring GUY’Sとして初参加するわけですが、出演が決まった時の感想から聞かせていただけますか?

猪野:お話をいただいて、前回公演のDVDを見た時に、これをどう男性でやるのか最初は少し不安でした。でも、稽古を始めてみて、アクションとかすごくかっこいいし、自分にとっても、新たに得るものがある舞台になるんじゃないかと今は感じてます。例えば、アクションだったりお芝居だったり、新しい可能性が自分の中で広がっています。それをいつも応援してくれてる皆さんに見てもらって、その人たちが少しでも前向きな気持ちになってくれたらいいなと。もちろんこれまでに『フライングパイレーツ』を観てくださった方々にも、僕たち男性キャストが加わったことでさらにかっこいい、面白いと思ってほしいですね。これまで観に来る人は男性が多かったと思うんですけど、その男性の皆さんも巻き込んで、一緒に作品を作っていけたらと思ってます。
村上:・・・えっと、心境からまとめまで、全部言っちゃった、だいぶ言っちゃったね(爆笑)。
猪野:あっ、ああっ、すみません!! 僕、こういう取材、苦手なんです・・・。今の僕の話、なしにしてください!

『フライングパイレーツ ネバーランド漂流記―featuring GUY’S』

村上:こうなったら、この後はプライベートの話をしてよ(笑)
猪野:いやいやいや・・・幸平さん!(焦)。すみません、ここから始めましょう!
村上:ははは(笑)、大丈夫だよ。出演が決まった時の話だよね?
猪野:はい・・・幸平さんはいかがですか?
村上:僕は、フック船長役を演じられることがとっても嬉しくって。フックって、誰もが知ってる有名な悪役だと思うし、僕も小さい頃『ピーターパン』を見て、フックは悪役なんだけど、心惹かれる部分はあって、役者になってやっぱり一度は演じてみたいと思ってた役。今回、オファーをいただいてとても嬉しかったです。


前代未聞! 前半はがっかりなピーターパン?!

――今回の作品は、皆が知ってる『ピーターパン』のその後のストーリーを描いているんですよね。ピーターパンたちのいるネバーランドは、子どもの国ではなく、フック船長が築いた経済大国になっているという。

猪野広樹『フライングパイレーツ ネバーランド漂流記―featuring GUY’S』

猪野:はい。フック船長は、商社の社長になってます。僕はその商社の係長なんです。仕事ができなくて、常にクビがかかってる。ここでクビにされたら生きていけないと、ひたすらフックにゴマをするような人になってる。ピーターパンはかわいそうなんです。皆さんが考えているようなピーターパンとフックの関係ではないところがこの作品ならではですね。その上ピーターパンはティンカーベルと結婚しているんですけど、そのからみのシーンは面白いかと思います。
村上:そうそう(笑)。
猪野:ですよね(笑)。2人のシーンはホント面白いですよ。あだちあさみさんがティンカーベル役なんですけど、あの方は本番でも、アドリブでいろいろぶっこんでくると思うんです。僕もそれに負けないようにしないと。ティンカーベルとのやり取りを見てほんわかした気分になってほしいです。

――村上さんは、今回のストーリーについての感想はいかがですか?

村上幸平『フライングパイレーツ ネバーランド漂流記―featuring GUY’S』

村上:僕たちの知ってる『ピーターパン』の続きの話ってスタンスなのが、すごく面白いと思う。僕の役に関していえば、ピーターパンは大人になったことで、変わったものがあると思うんですけど、フックはもともと大人でしたから、あの時もいまも、ブレてないんですよね。僕は今回、僕自身が小さい頃から憧れているフック船長をそのままやれると思って、すごく楽しみなんです。ダメなピーターパンを、めっちゃいじめてあげようかなと。
猪野:こえ~(笑)。
村上:台本に書いてない部分をふくらますよ! 前半は皆さんにがっかりなピーターパンになるかもしれないな~。

――稽古場は、演出の貞方祥さんと意見交換しながら、かなりスピーディーな稽古になっているようですね。

猪野:そうですね。稽古始まってから間もないんですけど、最後までさらっているし。演出家の貞方さんも、アクション監督の翁長さんも、「こうしたいんですけど」って言えば、「じゃ、それ入れてみようか」って言ってくれる。非常にやりやすい現場です。居心地もいいですし。
村上:そうだね、この作品自体は、すでに3回公演されているので、男性キャストは初めてですけど、作品の形は出来てるんだよね。これまでがあって、それを踏まえてのベストが貞方さんをはじめとする稽古場にはあるんですよ。そこに僕らは早く追いつかなきゃ行けないっていう思いで臨んでいます。追いついたら、そこから自分らしさを出していけたら良いなと思います。

――自分らしさを出していきたいということですが、いろんな方が演じてきたフック船長を、村上さんはどんなふうに演じようと思っていますか?

村上:フック船長の魅力は、“ギャップ”だと思うんです。悪なんですけど、ちょっとうっかりしてる部分があったりとか、そういうギャップ。強いんだけど、ワニが苦手で驚いてしまうお茶目な部分とかもそうですよね。そういったところを、僕らしく表現できたらなと思います。

――猪野さんは、ピーターパンをどう演じようと思っていますか?イメージとかありますか?

猪野:この作品でいえば、これまで女性が演じてきたピーターパンを男の僕が演じることだけでも作品の印象が変わると思う。男の僕が演じるからこそできる、この作品の中でのピーターパンというキャラの魅力をたくさん見つけて引き寄せたい。これまでのこの作品で演じられてきたピーターパンをなぞらないようにしたいです。

――自分の中で、ここはピーターパンに生かせそう、みたいな部分はありますか?

猪野:僕、ネクラなんですよね・・・。
村上:そうなの? 何やってるの? 家にいるの?
猪野:家でずっとゲームしてます。そういう意味では、物語前半のピーターパンに近いかもしれない(笑)。
村上:それじゃ、家からゲームのコントローラー持ってきたら?
猪野:あ、それいい! ゲームしている感じを生かしたらいいんだ!
村上:「それじゃあ仕事できないよな」って雰囲気でるんじゃない。ダメだな~みたいな。
猪野:「あっ、またゲーム負けちゃった。仕事したくない」みたいな(笑)。
村上:いいよ~。ちょっとそれ稽古でやってみたらどう?
猪野:じゃ、ゲーム機を用意してもらって・・・。
村上:それは自分で持ってくるの!(笑)
猪野:そのほかにも活かせる部分あるかな・・・。そうだ! ここぞという時に、「やるぞ!」って思った時のエネルギーかな。物語の終盤で、ピーターパンらしい姿になるんですけど、そこの部分で覚悟を決める感じは活かせそうだな。

『フライングパイレーツ ネバーランド漂流記―featuring GUY’S』

お互いの印象や好きな女性のタイプ(!)など、お二人の楽しいトークはまだまだ続きます!

(文/金本美代)

フライングパイレーツ~ネバーランド漂流記~featuring GUY‘S

作品情報フライングパイレーツ~ネバーランド漂流記~featuring GUY‘S

  • 公演:
  • キャスト:小田島渚、猪野広樹、村上幸平、服部翼、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP