HEADLINE

インタビュー

ミュージカル『CHESS』 アービター役の田代万里生にインタビュー!「アービターは“チェスそのもの”という存在」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『エビータ』『ライオンキング』『アイーダ』のティム・ライスが原案と作詞を担当し、ABBAのベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァースが楽曲を提供した伝説のミュージカル『CHESS』。日本では2012年に『CHESS in Concert』と銘打たれたバージョンが2回に渡って上演され大きな話題を呼んだ。そして2015年秋、満を持してミュージカル『CHESS』 が日本初演の幕を開ける。1970年代の東西冷戦、国家に翻弄される男女の愛、ドラマティックなゲーム展開などさまざまな要素をはらむ本作で、ゲームの全てを司る審判員・アービター役を演じる田代万里生に話を聞いた。

田代万里生

関連記事:チェス盤に込められたそれぞれの思いとは?日本初公演ミュージカル『CHESS』公開稽古、囲み取材の模様をレポート

――今日はアービターの扮装でご登場いただいていますが、これまで田代さんが演じてきたキャラクターとは一味違うモードになりそうですね。

本番の舞台ではまたアレンジが加わるかもしれませんが、ポスターなどのビジュアルはこの扮装で撮影しました。ストーリーテラーの役割を担うという点では『サンセット大通り』のジョー役でも経験していますが、演出の荻田(浩一)さんからは「アービターに関しては国籍や生い立ちなどのバックボーンを追求しないで演じて欲しい」と言われていて、これからまた試行錯誤が始まりそうです。荻田さんがお持ちのイメージは“アービター”=“チェスそのもの”ということですので。

――これまで上演された各国の舞台映像を見ても、アービターは一番いろいろなアレンジが出来る役だと思いました。

本当に上演されるバージョンによってびっくりするくらい違いますよね。余白が大きい分、やりがいのある役だと思います。チェスというゲームの精神論であったり、美学であったり…アービターという役を通じて人間の奥深さや哀しさも表現していきたいですね。

――ご自身のブログではアービターについて「(エリザベートの)トートとルキーニを足して2で割ったような役」と表現されていましたね。

ストーリーテラーという部分ではルキーニ、ミステリアスな面を持つというところではトートをイメージしていただければと思い、二つの役を挙げてみました。もちろんアービターとこの二役がガッチリ重なるということではないのですが、フランツ役で『エリザベート』に出演していることもあり、作品をご覧いただいた方たちが少しでもアービターに親しみを持って下さったら嬉しいな、と思ったんです。

田代万里生

チームワークはすでにバッチリ!実力派のキャスト陣

――共演者の皆さんについて伺わせて下さい。フレディ役の中川晃教さんとはミュージカルでのご共演は今回が初めてですね。

ミュージカルとしては初めてですが、コンサートでは何度かご一緒させていただいています。前回のコンサートでご一緒した際は、二人部屋の楽屋を一緒に使わせていただいて、トータルで約2ヶ月くらいでしょうか・・・二人っきりでいろいろな話をしたんですよ。ミュージシャンとしても僕とは全く違うルーツでやって来ている方なので、同じことについて話をしても捉え方が真逆だったりして・・・それがまた面白いんです。

――フローレンス役の安蘭けいさんとは『アリス・イン・ワンダーランド』『サンセット大通り』『MITSUKO』で、アナトリー役の石井一孝さんとは『トゥモロー・モーニング』でご共演されています。

安蘭さんとは事務所も一緒ですし、現場でお目にかかったり共演させて頂く機会も多く、とても安心感があります。すごく明るい方ですので、『サンセット大通り』のノーマや『アリス・イン・ワンダーランド』のアリスのようなヘビーな役をおやりになっても、常に稽古場を明るく照らして下さいます。僕にとっては頼れる存在の方ですね。
(石井)カズさんはどなたにも愛されるキャラクターです(笑)。大先輩なのですが、年齢を問わず仲良くして下さってありがたいです。どの現場でお目にかかっても全く変わらず、いつも人気者でいらっしゃるのがすごいなあ、と。

――すでにチームワークはバッチリな雰囲気!

そのようですね(笑)。4人ともバックボーンやテイストは違うメンバーですが、衝突することも絶対にないと思いますし、本当に尊敬できる方たちです。僕以外のお三方はコンサートバージョンですでに『CHESS』の世界に親しんでいて、そこに新たに参加することが叶ってとても嬉しいです。
本当は僕、カンパニーのメンバーの中に自分からグイグイ入っていくタイプではないのですが、今回は共演のお三方の方からグイグイ来て下さるので(笑)、とても気持ちが楽なんですよ。

――実力派のキャストの皆さんが歌うナンバーも楽しみです。

ABBAの二人が楽曲を担当しているのですが、ロックありクラシックありで「本当に作曲家は二人?実は十人くらいいるんじゃない?」とつい感じてしまうくらい、バリエーションに富んだナンバー揃いです。アービターはクラシックとロックがメインですが、フレディ役の中川さんにはラップ調の曲があったりしますし、音楽も楽しんでいただけるのではないでしょうか。僕はエレキギターがガンガン鳴る中で登場します。

田代万里生

田代万里生のターニングポイントとは?ミュージカル『エリザベート』についてなど、インタビューは後半に続きます。

(文/上村由紀子)

CHESS THE MUSICAL

作品情報CHESS THE MUSICAL

天才チェスプレイヤー、ソビエト連邦の覇者、ハンガリー動乱で失われた記憶 全てを賭したゲームが始まる

  • 公演:
  • キャスト:安蘭けい、石井一孝、田代万里生、中川晃教、AKANE LIV、戸井勝海、大野幸人

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP