HEADLINE

インタビュー

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」日向役・須賀健太 × 影山役・木村達成インタビュー「舞台はナマモノ。僕らはそれを武器にしたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集英社「週刊少年ジャンプ」で連載中の大人気バレーボール漫画の舞台化、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」が、2015年11月14日(土)、東京(AiiA 2.5 Theater Tokyo)で開幕する。東京公演の後、大阪(シアターBRAVA!)宮城(多賀城市民会館 大ホール)を巡り、12月10日(木)には再び東京に戻ってくる。「漫画×演劇×映像のハイブリッドパフォーマンス」と銘打った注目作だ。
主役の日向翔陽(ひなた しょうよう)を演じるのは、子役時代から映画やドラマで主演をつとめてきた須賀健太。相手役の影山飛雄(かげやま とびお)は、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」の舞台でも共演した木村達成が演じる。コミックス累計1400万部を発行する大人気漫画の舞台化に臨む思いを語ってもらった。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」

――須賀さんは原作の大ファンだそうですが、『ハイキュー!!』に出演が決まった時のお気持ちはどうでしたか?

須賀:素直に嬉しかったです。一話目から欠かさず週刊連載を読んでいるくらい好きだったんですよ。だから、この作品に携われるとわかってすごく嬉しかったし、『ハイキュー!!』の世界に行けることにワクワクしていますね。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」須賀健太

――主役の日向(ひなた)を演じることについてはどうですか?

須賀:むしろ俺は日向しかやりたくなかったです。もちろん魅力的なキャラクターはたくさんいるし、皆とてもカッコ良いんですけれども、日向は僕自身に一番近いなあと共感ができたので、日向しかないなと。役が決まった時には「よっしゃー!」って(笑)
木村:僕もそうですね。やるなら影山がやりたいと思いました。自分と似ているところがあるんです。目とか、ちょっとした言動とか、トゲトゲしてる感じとか似ている。健太も日向に目が似てるよね。
須賀:嬉しいわー!達成も、顔の感じが全体的に影山に似てる。だから達成が影山だって聞いたときはイメージが合ったので、「やべえ、俺もどうにか似せてかないと!」と焦ったよ!
木村:いやいやいやいや(笑)

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」木村達成

――大人気漫画ですが、原作漫画の魅力はどこだと感じます?

須賀:すごくストレートな漫画ですよね。「好きこそ物の上手なれ」というような。バレーボールが大好きな気持ちがこんなに伝わる作品はなかなかないなと思う。全員が全員バレーボールが好きで「うまくなりたい、勝ちたい」という気持ちを持っていて、だからこそ彼らの言葉がとても響く。心を表現している台詞がどれも良いんです。
木村:読みはじめたら止まらないんですよ!早く次を読みたくなるし、心打たれるし、読む手が止まらない。
最初の方のシーンで影山が「『諦めない』って口で言う程簡単な事じゃねぇよ」と言うんですけれど、それってバレーボールを遊びでやっている人には絶対口にできない言葉。真剣に、本気でバレーボールに取り組んでいるんだという熱い姿勢が描かれていたので、そこにも凄く心を打たれました。考えさせられるようなシーンがいくつも出てくる。
須賀:俺、1巻につき3回泣くんですよ。漫画で泣いて、アニメの同じシーンで泣いて、サントラ聞いて泣く。サントラもめちゃくちゃ良いんですよ~。泣きます!
木村:じゃあ俺も3回泣きます。
須賀:無理に泣かなくていいよ(笑)

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」

――特にお気に入りのシーンはどこ?

木村:僕は最初に二人が出会うシーン!影山が日向に向かって、「1回戦も…2回戦も…決勝も…全国も…」
須賀・木村:「勝ってコートに立つのはこの俺だ」!
木村:そう!その台詞がほんとに痺れた。カッコ良いなこいつ!って思いましたよ。試合のシーンも良いですけれど、あのシーンは堂々たるものを感じる。
須賀:あそこはずるい!カッコ良かったよ影山!だってその時の日向はトイレでずっとお腹壊して震えてるんだぜ。
木村:同学年とは思えないね(笑)
同じ男として悔しいですけど、超カッコ良い。あのシーン好きです。
須賀:僕は一番最初に二人が味方としてコートに立つ試合で、影山が日向にトスを上げるシーンが好きかな。トスを迷う影山に日向が「影山!!!居るぞ!!!」って叫ぶところがもうめちゃくちゃ良かったですよ。そのあとトスをくれた影山に対して「おれにとってはどんなトスだってありがたぁ~いトスなんだ!!」って言う日向がカッコ良い。作品のなかには日向の無鉄砲さがすごくカッコ良く映る瞬間が散りばめられていて、その一番いい例だと思っています。そこから影山も日向を少しずつ意識して、二人の歯車が合いはじめていく。あそこでも3回泣きました!
木村:じゃあ、僕もあそこで3回泣き・・・
須賀:「じゃあ」はいらないよ(笑)

――いつも須賀さんがツッコミなんですか(笑)

須賀:いえいえ、臨機応変です(笑)

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」

あの舞台で共演した際のお話や、役者としてのお互いの魅力など、楽しいトークは後半戦へ!

(文/河野桃子)

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」

作品情報ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」

漫画×演劇×映像のハイブリッドパフォーマンスで“頂の景色”へ!独りじゃないから、信じて飛べ!!

  • 公演:
  • キャスト:須賀健太、木村達成、小坂涼太郎、三浦海里、塩田康平、橋本祥平、川原一馬、田中啓太、猪野広樹、冨森ジャスティン、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP