HEADLINE

インタビュー

10年を経て、満を持してのタッグ! ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』上田誠×川岡大次郎インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーロッパ企画の最新公演『遊星ブンボーグの接近』が2015年9月5日(土)よりスタートする。今回の公演で特筆すべきは、なんといっても「ゲストとして川岡大次郎が出演」ということだろう。そう、川岡といえば本広克行監督作品の映画版『サマータイムマシン・ブルース』に出演。映画から10年を経て、満を持しての(!?)本公演参加。その経緯と現在の想いを、作・演出家の上田誠とともに語ってもらった。

『遊星ブンボーグの接近』

――もともと、お二人の出会いは映画がきっかけだったんでしょうか?

川岡:そうですね。あの映画が2005年公開だから、もう10年前ですよね。で、これまでの間、お仕事ではご一緒してなくて・・・。
上田:公演を観に来ていただいたり、イベントに出ていただいたりというのはあったんですけどね。今回、急にお呼びすることになったという(笑)。

上田誠『遊星ブンボーグの接近』

――ずっと交流はあったんですね。

上田:映画の時も、映画撮影前にヨーロッパハウス(注・上田の実家、上田製菓内にある劇団事務所)で寝泊まりしていただいたり。

——そんなことがあったんですか!?

川岡:僕、映画出演が決まった時、まだヨーロッパ企画さんを知らなくて。それでまず公演を観に行って、その後京都のヨーロッパハウスに遊びに行ったんですよ。なぜか一緒にゲームやったり、上田さんのお父さんお母さんにご挨拶したり……。
上田:それでかなり仲良くなって。
川岡:関係ない仕事で京都行った時、ふらっと遊びに行ったら鍋でもてなしてくれたりとか(笑)。ヨーロッパ企画さんは本当の同級生のような感覚を僕としては持ってます。僕はもともと関西人なんで、こういう“温度を感じながら作る”っていう関係性がすごく好きなんですよ。でも今回の公演のオファーを頂いた時は、びっくりしました(笑)。

川岡大次郎『遊星ブンボーグの接近』

——なぜ川岡さんだったんでしょう?

上田:2011年の『ロベルトの操縦』という公演で、意識的に客演さんを呼ぶ、ということをスタートさせたんですね。その時から、次はどんな方を呼んだら面白いだろう……というのが広がっていって。あと、この間プロデュース公演でNON-STYLEの石田さんとゲームセンターをテーマにした作品(『TOKYOHEAD』)をやったんですが、お客さんも出演者も“違う文脈”の方々が作品の中に異質なものを持ち込んでくださる、それがとても面白かったんです。自分のコメディの幅が広がってきたということでもあると思うんですけど、そういう意味では、演劇はやられていても、僕らのやっていることの文脈とは違う方ですし、最適かなと。あの、勝手な出会いなんですけど、僕としては川岡さんはドラマ『ビーチボーイズ』のイメージが強くて(笑)。
川岡:その話はずっとされてますよね(笑)。
上田:変な話ですけど、“芸能人”という方を、僕らのフィールドである舞台のゲストに呼ぶときは、やっぱり慎重に考えていた部分があるんです。でも川岡さんは『ビーチボーイズ』的な文脈というか(笑)、芸能人の文脈でありながら、僕らと親しくしていただいてる。僕の知ってる世界と知らない世界を両方つないで頂いてる、架け橋的な感じがあるなと。あとね……すごく、ラテン系な方なんですよ。
川岡:(笑)。そこは同じ関西人でも、京都と大阪の違いでしょうね。
上田:今回文房具がテーマの話で、文化系の話になるだろうなという予想があるんで、かき回してくれるだろうなと。
川岡:おー!
上田:……まあ後付けなんですけどね(笑)。正直な所、僕らは配役も後で決まっていくスタイルなんで、客演さんを呼ぶ理由は「一緒にやりたい」それだけなんです。
川岡:じゃあ、あまり知らない人は本公演には呼ばないの?
上田:そうですね。劇団も10年同じメンバーでやってますし、もともとあまり自分たちから積極的に新しい場所には行かないんですよ。川岡さんみたいな感じで、何かのタイミングでお引き合わせいただいたりすると、新たな人たちと知り合って……というのはあるんですけど。

『遊星ブンボーグの接近』

――そういう中では川岡さんとずっと交流が続いたのは、すごくいい関係性ですよね。

川岡:僕にとって、人生が変わったのが映画『サマータイムマシン・ブルース』だったんです。あの作品に出るまで演劇に触れたことがなくて、あれをきっかけにヨーロッパ企画の役者さんとか、ムロツヨシとか変な人たちとたくさん出会って(笑)そこから、自分でも演劇をやりたい! って思うようになったんですよ。
上田:そういう意味では僕達も、例えばうちのメンバーがムロさんと一緒に舞台をやったり、映像作品で上野樹里さんに出ていただいたり……以前知り合った人たちと積極的に動いていくようになる、そういう変化はこの10年でも徐々に出てきたんでしょうね。なのでそのタイミングで、川岡さんに出ていただきたいなと。

――でもお話してて、川岡さんが“ラテン系”なのにびっくりしました。

川岡:そうですか? まだまだいろんな面がありますよ(笑)。
上田:ヨーロッパのメンバーはおとなしい人が多いので、一番騒がしいかも(笑)。うちで仲いいのは永野(宗典)さん?
川岡:そうですね。僕と永野君って同い年なんですよ。だから本当の同級生トークのノリでいつも話してるというか。でも芝居の真面目な話よりかは、公演観に行って「あれどうやってやってんの!?」とか、そういうのが多いですけどね。

今回のテーマはなぜ文房具?!お二人の楽しいトークはまだまだ続きます!

(文/川口有紀)

遊星ブンボーグの接近

作品情報遊星ブンボーグの接近

  • 公演:
  • キャスト:石田剛太、酒井善史、角田貴志、諏訪雅、土佐和成、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP