HEADLINE

インタビュー

ホリケンの頭の中がそのまま芝居になった!?『オマエは渋谷の夜回りおじさんじゃない!!』堀内健インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お笑いトリオ・ネプチューンとしてテレビに引っ張りだこのホリケンこと堀内健。彼が構想・脚本を手がけた自作自演の舞台プロジェクト『オマエは渋谷の夜回りおじさんじゃない!!』が2015年8月21日、演劇の聖地、下北沢本多劇場で幕を開ける。堀内健の頭のなかに浮かんだ「ものがたり」をできるかぎり本人のイメージに忠実に上演する企画「堀内夜あけの会」第二弾!2014年5月の旗揚げ公演に引き続き、出川哲朗をメインキャストに迎えるほか、中村昌也や伊藤修子らが出演する。
バラエティやコントとはひと味違う、芝居という世界へ挑戦する意気込みについて、堀内に話を聞いた。

堀内健

――「堀内夜あけの会」は、昨年に旗揚げされましたね。普段はテレビのバラエティ番組やネプチューンとして活躍されていますが、なぜお芝居をすることに?
最近はネプチューンのネタをあまりやる機会がなくなって、その時ちょうど本多劇場のスケジュールが空いたという話を聞いて、舞台をやってみようかなーと思ったんです。
実際にやってみると、やっぱりテレビと違って舞台は、ナマのお客さんの反応があるので、いいなと。大変だったけど、充実感がすごくありましたね。

――ネプチューンのホリケンとしてではなく、堀内健さん個人で挑まれていることについての思いは?
慣れていないことに挑戦するのもいいなあと思ってます。メンバーにもいろんな人がいるから、みんなのことをちゃんと考えようとはしていますし。座長としてみんなをちょっとはまとめなきゃいけないと思いますね。ネプチューンだともう家族みたいだから、別に何してもいいんだけど……(笑)

――ネプチューンの名倉さんと原田さんは、前回の舞台を観てどんな反応でした?
きっと「健が好きそうな感じだなあ」って思ってくれてるんでしょうね。でもその時の自分は、二人の感想をどう受け止めるかというところまで余裕がまわらなかったですね。今回はわからないですけど。

――次は第二回公演なので、前回よりは余裕があるかもしれないですね。今回も着想から執筆までご自身で書かれてみて、どうでしたか?
大変でした!書いた後は、演出の村上大樹さんにだいぶなおしてもらって形になってきました。第一回公演の時もそうやって完成させたんです。
僕は書くのにけっこう時間がかかるんですよ。1ヶ月以上ファミレスに通って、なにも思いつかなくて悩んだり。脚本を書くことに慣れてないんですよね。今まではネプチューン三人でのコントを考えていたけど、三人以上登場してくるとワケわかんなくなっちゃって、大変でしたね。

――舞台とコントでは全然違いますか?
一番違うところは、登場人物が多いこと!脚本を書くにしても、人間関係や、生い立ちや、起承転結や……深いですね。
あと、コントの場合はけっこう当て書きじゃないですか。だから(原田)泰造にこれをやらせたら面白いなとか、(名倉)潤ちゃんにこれをやらせたら面白いなとか考えられるんですけど、今回の芝居は当て書きではないですからね。

堀内健

――「堀内夜あけの会」のコンセプトは堀内さんの頭の中に浮かんだ物語を忠実に再現されているそうですが、今回はどんな時にうかんだ物語なんですか?
前作『恐怖 タコ公園のタコ女』の時は、ほんとにタコ公園でタコ女を見たんです!妖怪みたいな女性を、恵比寿のタコ公園で!
でも今回はゼロからのスタートだったので、無理やりアイデアを考えました。まず「夜回りおじさん」っていうワードが浮かんできたんです。頭のなかにふと思いついたというより、書き溜めたネタ帳を見ながら思い浮かびました。なんか引っかかったんでしょうね〜。昔から夜回りおじさんって凄い仕事だなって思っていて、ボランティアで街を見て回るということには興味があったんですよ。

――今回舞台が「渋谷」になったのは?
「渋谷」に限定したのは、新宿より渋谷のほうがなんとなくドロドロしていなくていいかなあと思ったから。新宿ってちょっと生々しいイメージがあって怖いんですよ、実際は違うかもしれないですけど。あと、渋谷なんかに昔いた赤いベレー帽をかぶった民間警察みたいな人たちをイメージしています。それに僕にとって渋谷は、東急ハンズや居酒屋やなどでいっぱいバイトをしていたので詳しいし、思い入れもある町なんです。
そこで夜回りおじさんを中心にした物語を膨らませました。夜回りおじさんがあらぬ疑いをかけられて、そこから大きな話に発展していくっていうストーリーです。

――物語が展開するごとに、渋谷だけでなくどんどん舞台を広げていきますよね。
もう宇宙までのつもりで(笑)まさにダイナミックです!ダイナミックなんですよ~!

――歌あり踊りありですしね!
65%くらいはミュージカルなので、観ているだけで顔が微笑んでしまうようなハッピーな感じですね。

――前作でもミュージカルシーンがありましたが、ミュージカルがお好きなんですか?
そんなに観たことないですけど、ミュージカルっぽい映画は好きですね。ディズニーとかの、すぐに歌う感じが好きです。『アナと雪の女王』とかも歌ばっかりじゃないですか?

堀内健

――ヒューマンドラマチックサスペンスと銘打っているように、楽しいだけでなく感動的な展開もあると思うんですが、泣けたりもします?
どうかなあ……ストーリーで泣けるというよりも、歌などのパフォーマンスで泣けるのはあるかもしれないですね。ストーリーで泣く人ももしかしたらいるかもしれないけど、泣かそうとは思ってないです。舞台のナマのパワーを感じていただいて、泣くというより、感情が高ぶるかもしれないですね。
とりあえず、この芝居の世界に入ってほしいです!僕もお客さんが入ってこられるように頑張ります。とくに刺激が欲しい人とか、夏の思い出が欲しい人とかにはお勧めです。

次ページでは、キャストの出川哲朗さんの役者としての魅力のほか、稽古場の様子を語っていただきました。

(文/河野桃子)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP