HEADLINE

インタビュー

祝・日本上陸!ブロードウェイミュージカル『天使にラブ・ソングを・・・~シスター・アクト~』ケリッサ・アリントン&マギー・クレノン・リーバーグ 単独インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1992年にアメリカで公開、翌年には日本でも大ヒットした映画『天使にラブ・ソングを…』。
オスカー女優:ウーピー・ゴールドバーグが主演を務め、コメディエンヌの本領を発揮したミュージック・コメディ映画の代表作。ウーピーが自らの人気を不動のものとした主演映画を、今度はプロデューサーの立場でミュージカルとして蘇らせた。

ミュージカル『天使にラブ・ソングを・・・~シスター・アクト~』は、2006年にカリフォルニア州パサデナでプレミア上演後、2009年にはロンドン・ウエストエンドへ進出。2011年にはNY・ブロードウェイでの上演を果たし、トニー賞5部門にノミネートされた。現在も世界各地でツアー公演が行われている。
そんな大ヒット・ミュージカルが、この夏、ついに日本上陸。渋谷・東急シアターオーブ3周年記念公演として、7月15日(水)から上演中だ。
猛暑日となった7月某日、公演直前のキャスト二人――主役のデロリスを演じるケリッサ・アリントンと修道院長役のマギー・クレノン・リーバーグに、作品の魅力や初の日本公演にかける思いなどについて訊いた。

『天使にラブ・ソングを…』

関連記事:『天使にラブ・ソングを・・・』の他にも『プリンス・オブ・ブロードウェイ』『シカゴ』など話題作が目白押し!東急シアターオーブの公演情報はこちらから!

――まず、それぞれの役柄について教えてください。

ケリッサ・アリントン:私の役は、映画でウーピー・ゴールドバーグが演じたデロリス。ウーピーの当たり役として世界中で知られているキャラクターです。
デロリスはディーバ(歌姫)を夢見てナイトクラブで歌うシンガーですが、ある日、殺人事件を目撃してしまいます。警察に駆け込んだところ、安全のため修道院に身を隠すよう言われ、そこでシスター(修道女)たちと出会うわけです。
自由に生きてきたデロリスは、保守的な修道院長と何かと対立します。そんな中で、修道院の聖歌隊を指導するように言われるんですが・・・シスターたちは歌が全然上手じゃなくて(笑)。苦労しながらもシスターたちを指導することによって、デロリス自身もいろんなことを学んでいく。自分の殻を破ることができるようになるんですね。そこから物語も一気に進んでいきますよ。

マギー・クレノン・リーバーグ:私が演じる修道院長は、組織の一番上に立ってシスターたちを束ねる存在。自分の小さな世界を完全に仕切っている女性です。
彼女は頭が固くて親しみにくく、周りに対して狭量なところがある。異質な物を受け入れないというか。でも、まるで火山のようにエネルギーあふれるデロリスと出会ったことで、彼女もだんだん心を開き、愛情や思いやりの気持ちを表現できるようになっていきます。思わぬ出会いがお互いを大きく変えていく――そういう変化のある役どころで演じ甲斐がありますね。

ケリッサ・アリントン『天使にラブ・ソングを…』

――演じる役とご自身との共通点、相違点は?

ケリッサ:デロリスは思ったことをすぐ口にするし、ガンガン突き進むタイプ。私自身はかなりの人見知りでシャイ。だから、知らない人の前では自分の意見をあまりはっきりと言えないんです。
デロリスと私の性格は真逆ですが、「人生に何が必要なのか」「自分にとって大切なものは何か」を学ぶ機会を偶然に得られた、ということが共通点かもしれません。

マギー:ここまで自分と正反対の人物を演じるのは非常に面白いですね。厳格で頑固で他者を全く受け入れないし、全然フレンドリーじゃない修道院長の性格は、自分とはかけ離れている・・・と思いたいです(笑)。
でも、自分が責任を負っている人々(=シスター)に対する思いやりだったり、彼女たちを守りたいという気持ちや忠誠心を持っている点は私と似ていると思います。
物語の中で修道院長はデロリスとぶつかり合いますが、それは、自分の娘とも言えるシスターたちに、デロリスが変な影響を与えるのをよく思っていないから。私もプライベートでは母親なので、母性というか、母親が子供を心配するように「悪いものから守りたい」っていう気持ちを抱いてしまう彼女にはすごく共感できます。

マギー・クレノン・リーバーグ『天使にラブ・ソングを…』

――1992年の映画と大きく違う点を挙げるなら?

マギー:1992年!?そんなに昔の映画でしたっけ?信じられない!

ケリッサ:一番違うのは音楽ですね。
映画版を知っていて「音楽は映画と同じだろう」と思って舞台を観に来るお客様も多いんですが、実は劇中音楽は全部オリジナルで映画とは全曲違うんです。物語の設定も、映画は80年代でミュージカルは70年代ですからサウンド自体も異なっています。

マギー:もちろん映画の音楽も素晴らしいんですが、映画版ではストーリーに合わせて既存のポップスやゴスペルに別の歌詞をつけているものが多い。でも、舞台版で使われている曲は全てアラン・メンケンのオリジナル。フィーリングとしては70年代のディスコ・ミュージックやR&B、ゴスペルが中心ですね。ストーリーは映画とほぼ同じですが、音楽的なサウンドがまったく違っているのが特徴といえます。

――そんな中で最もお気に入りのナンバーは?

二人:『Raise Your Voice』ね。

ケリッサ:第一幕フィナーレのナンバーで、デロリスがシスターたちに「恥ずかしがらずにもっと楽しんで、自分の気持ちを外に出していいんだよ」って、自らの殻を破ることの大切さを教える場面で歌う曲です。

マギー:実はこのシーン、私は出てないんです(笑)。だけど一番好きなナンバーはこれ!
私は次の幕まで出番がないから、本当は楽屋に戻ってもいいんだけど、いつも舞台袖の《特等席》から観させてもらうの。
舞台上にいる皆はパフォーマンスですごく大変で、袖にいる私も興奮して心拍数が上がっちゃうほどとっても楽しいシーン。それまで歌が下手だったシスターたちが、この曲で初めて本当に素晴らしい歌声を聴かせてくれる。それだけでもう言葉に表せないぐらいの感動があるんです。

作品の魅力やツアーメンバーの雰囲気など、お二人のお話はさらに盛り上がります!

(文/平口雅世)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP