HEADLINE

インタビュー

『夜への長い旅路』麻実れい、田中圭、満島真之介、益岡徹インタビュー!「作品にパワーを与えるのはお客様。濃密な家族のドラマをぜひ観に来てください」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20世紀のアメリカを代表する劇作家でありノーベル賞作家であるユージン・オニールの戯曲『夜への長い旅路』。自身の家族関係をモデルに赤裸々に描き、演劇史上最高の自伝劇と言われている作品に、実力派俳優4人が集結。気鋭の演出家・熊林弘高のもと、どんな家族の姿を見せてくれるのか、注目を集めている。今回、本読みを行った直後の出演者4人をキャッチ。作品について、現在の率直な感想と公演に向けての期待を聞いた。

『夜への長い旅路』

関連記事:演劇史上最高の自伝劇『夜への長い旅路』公演ニュースはこちらから!

――稽古はまだ先ということですが、今日は顔合わせと本読みだったそうですね。本読みを終えた、現在の率直な感想をお聞かせください。

麻実:大きな波を越えなくちゃと、非常に緊張しております。でも、緊張の先というか、戦いの先にはとても素晴らしいものが待っていてくれるような予感がします。熊林さんと私たち4人で作るものを楽しみにしていただきたいなと思いますし、良い作品になると思っています。
益岡:本格的な稽古が始まる前の段階で、どう進んで行けばいいのか、不安とか期待とかいろいろあります。でも今日思ったのは、やはりこの4人でやれるという実感といいますか、信じられそうな人たちだと確認できたということがすごくうれしかったです。稽古はいろいろとね、乗り越えなくてはいけないと思いますけれど、この4人だったら一緒にやっていけるだろうと。確信出来た日でしたね。
田中:いよいよ、ここから始まっていくなって感じです。今日皆さんの声を実際に聞けたことも大きなことですし。台本を読んでいていちばん思ったのは、ゴールがないというか、形をつくっちゃうとつまんない作品になると思っているんです。とくに何が起きているわけではなくて、ほんとにある家族の1日。それのなにが面白いかって、表面にはないものがすごく面白いんです。それをこれから僕らはやらなきゃいけないんです。舞台ならではだと思います。だから熊林さんはすごくキャストにこだわったと思う。ここからどんどん回を重ねるごとに皆が深く潜っていくわけですけど、そこに自分もちゃんとついていかなくちゃ行けないなと思うと、「あ~あ」って気持ちもあります(笑)。
満島:僕も田中さんと一緒で、ああ始まるんだな、ついに来たか。という感じです。。お話をいただいてから、ポスター撮影で4人で並んだ時も実感があったんですが、今日はもっと強く、これで本当に始まっていくんだなっていう実感があります。文字だけで感じてたものとは全然違う感情が本読みの中で浮かんで来ました。それぞれの声を聞いていると、ここで感情が動くの?ということとか、いろんな想いが入り混じり喜怒哀楽が一瞬のうちに変わってく。これから同じ時間を過ごし触れ合っていくと、もっと愛情が深まっていくと思います。不安と期待でいっぱいですが、この4人なら大丈夫だろうという強い信頼感も持ちました。とても興奮しています。

麻実れい『夜への長い旅路』

――先ほど麻実さんが「大きな波」と言ったときに、皆さん「うんうん」とうなずいていましたが、今日の本読みで改めて大きな挑戦になると実感される部分があったということですか?

麻実:そうですね。ユージン・オニールという方のすごさを感じていますね。シェイクスピアは何作かさせてもらっていますけれど、ちょっと前にイプセンの作品に出演して、今回続いてユージン・オニールとなると、質の違う、大きさをすごく感じます。内容的には日常、たった1日の日常のなかを切り取って描かれたものなんですけれど、やっぱりそのままストレートではなく、何かに対しての屈折した思いを相手に伝えることがものすごく大切になると思いますし、そういう作業をすることによって、もっともっと物語に厚みが出て来る気がします。もう私たちは船出をしちゃったわけですから(笑)、4人で舵をとって、帆を整えていないといけませんね。でもやりがいのある作品だと思います。

田中圭『夜への長い旅路』

――さきほど、田中さんが、熊林さんがキャストにこだわったと言ってましたが、益岡さん以外の皆さんはすでに熊林さんと作品をやっていらっしゃいますよね。熊林さんはいまこの作品のなかで、何を大事にされて、この作品を立ち上げようとされているのか、今日の本読みで感じられましたか?

田中:僕は熊林さんと前作『トライブス』をやりました。熊林さんは最近、家族をテーマにした作品を手掛けていますが、今回の『夜への~』で、1度自分の「家族もの」の集大成にしたいということで。だから「出ましょ」と言われたんです。熊林さんは、感覚とかすごい天才だと思うし、とても尊敬している方なんですけど、そのときは「やだ」って答えました(笑)。その後、真之介君と2人がかりで「やろうよ!」と誘われて、それで「やるよ!」ってことになったんですけど。やると決めてはいたから、台本を読むのはギリギリでもいいやって思ってつい最近読み始めたんです。熊林さんが集大成と言うくらいだから、すごいことが起こるのかと思ったのに、逆だったのが意外だったな。何もないから、そのシンプルな中にどれだけ詰め込まれるかみたいなことをやろうとしてるんですよね。
麻実:そうなんですよ。
田中:それがイヤだなと思って(笑)。ちょっとビビってます。セットもまた何にもないって言ってたし。
麻実:どこに飛んでいくか、分からない演出なんですよ、ほんとに。彼の中ではどんどん計算されていると思うんですけど、多分こういうことになるんじゃないかなってことが絶対にできない演出家なので。それが楽しみでしょうがありませんね。
満島:まったくわからないですよね。
麻実:玉手箱みたいな(笑)。でも、私たちは彼を信頼して彼の指示に従って。やっぱり演出家のやりたいことをきっちり受け止めてあげたいなとも思うし、引っ張っていってほしいなとも思いますね。

満島真之介『夜への長い旅路』

――満島さんは初舞台作品が熊林演出の『おそるべき親たち』ですよね。

満島:僕にとっては熊林さんが僕の最初の師匠なので。この現場で起こることがあたり前だと思ってたんですよ。次の舞台の現場にいったときに、なんて違うんだろうと思ったわけですけど。熊林さんの観察力、細かい仕草や美しいところを引っ張ってくるところは本当に素晴らしい。これは難しいでしょと思ってるところや激しいこともすっとやらせますし、作品がまったく固まってないようで、実は固めていたり。でも演じている側はは固まってると思ってないので、つねに緊張感があるなかで出来るんです。そういう空気感のもっていき方とかも熊林さんならではじゃないかと思うんです。人生でなかなか出会えるような方ではないし、今回のような素敵なキャストが集まることも熊林さんの力です。今回は、どんなふうに絡みあっていくのか、すごく楽しみ。そして『おそるべき~』初演、再演、そして今回も麻実さんとご一緒なので。
麻実:母です。(『おそるべき~』で満島の母親役)
満島:ずっと僕の母です(笑)。僕の中で、今回の作品におけるひとつはクリアしているわけです。絶対的な愛情があるので。そのくらい深いところからじゃないと出来ないものを描きたいんだろうなというのが熊林さんからも見える。一方で、親父とお兄さんと弟という男同士の関係性をどういうふうに熊林さんが考えているんだろうという興味もあります。今まで、男女の関係や女同士の関係を描くのは見てきましたから。

益岡徹『夜への長い旅路』

――益岡さんは熊林さんは初めてですが、どういった印象を持たれましたか?

益岡:僕は初めてなので、と、一人疎外感を持ってるわけでもなくて(笑)。いま皆さんが言われたことから、これからどういうことが起こるのか…楽しみですね。
麻実:熊林さんは、引っ張りだしてくれますから。
益岡:そうですよね。そこを楽しみにしています。

後半も、熊林さんのウラ話や作品について、大いに語っていただきました!

(文/望月リサ)

夜への長い旅路

作品情報夜への長い旅路

  • 公演:
  • キャスト:麻実れい、田中圭、満島真之介、益岡徹

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP