HEADLINE

インタビュー

『親友物語~その2~』イ・ゴンミョン&キム・スンデ インタビュー!「いつか日本でもミュージカルに出演したい!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月20日(土)に、東京・草月ホールにて『親友物語~その2~』に出演した、韓国のミュージカル俳優イ・ゴンミョンとキム・スンデ。韓国のミュージカル界の第一線で活躍している二人は、これまでに出演してきた数々のミュージカルの名ナンバーを今回の公演で惜しげもなく披露。日本のファンとの触れ合いを楽しんだ。この公演を前に、リハーサル中の二人を直撃。気心知れた先輩・後輩であるお互いのこと、そして今後の活動について聞いた。

『親友物語~その2~』

関連記事:『親友物語~その1~』で来日! 韓国ミュージカル俳優キム・ダヒョン×キム・ホヨンにインタビュー!

――イ・ゴンミョンさんは『チェス』、キム・スンデさんは『ユーリンタウン』と、ともに公演中の忙しい合間をぬって、『親友物語~その2~』のために来日されたんですね。

イ・ゴンミョン(以下ゴンミョン):日本でスンデさんと一緒に公演するのは初めてです。『ロミオ&ジュリエット』で初共演したときのことを思い出しました。

――先輩後輩の良い関係であることがお二人の雰囲気から分かります。今回の公演タイトル『親友物語』にぴったりです。

ゴンミョン:初共演だった『ロミオ~』で、会社といろいろあって、俳優たちは団結して対抗しようということがあったんです。そこでスンデの義理を感じて仲良くなったんです。

キム・スンデ(以下スンデ):僕はこれまでゴンミョンさんから色々なことを学んできました。今回、同じ舞台に立つことができてうれしいです! ゴンミョンさんのステージのお役に立てたらという気持ちです。

――韓国で多くのミュージカルに出演されてきたお二人にとって、ミュージカルの魅力とは?

スンデ:いちばん大きいのは“歌”ですね。感情が高まったとき、セリフだけでなく歌で表現するということ。そこがミュージカルの魅力だと思います。

ゴンミョン:スンデと同じですね。音楽が関わっていることが、ミュージカルの大きな魅力だと思っいます。

――これまで出演されたミュージカル作品の中で、ターニングポイントになった作品を教えてください。

ゴンミョン:『RENT』ですね。HIVに冒された若者たちの、残り少ない人生を描いている作品ですが、ミュージカルにすることで、より時間の大切さ、絆が際立っている。この作品をきっかけに、自分のなかで時間というものを大切にするようになりましたね。

スンデ:『モンテクリスト伯』です。この作品まで、少し弱いイメージの役をやることが多かったんですけど、この作品で、男らしい役に挑戦して、それまでのイメージから抜けられたと思います。こんなキャラクターもできるんだと。

『親友物語~その2~』

――お互いのミュージカル俳優としての魅力を挙げるなら?

ゴンミョン:スンデは、外見はソフトですが、内面はすごく男らしいんです。彼は以前、格闘技の選手でしたから。その両面を持ち合わせているところが俳優として魅力的ですね。

スンデ:僕もゴンミョンさんには、繊細な部分がありながら、それをカバーするだけの強さも持っている、魅力のある俳優さんだと思っています。

――日本のファンの印象はいかがですか?

スンデ:日本に来るたびに感じますけど、日本のファンの方は、俳優という肩書きを持つ僕たちをすごく尊重してくれます。だからこそ、僕らもみなさんに何かできればと考えています。

ゴンミョン:そうですね。みなさんとても礼儀正しくて、我々に気を遣ってくださいます。韓国のファンが決して礼儀正しくないわけではないんですが、より気を遣ってくださる感じです。僕らもその心に報いるために、もっと活動していきたいと思っています。

――韓国ミュージカルを観に行く日本のファンも増えていますが、お二人は日本のファンを引きつける理由がどこにあると思いますか?

スンデ:日本の作品は、繊細でディテールが細かいイメージがあります。韓国の作品は情熱的な部分が濃い感じ? 作ってる国民性の差ですよね。その差で新鮮さを感じてもらえてるのかも。

ゴンミョン:僕もスンデと同じ(笑)。

――これから挑戦してみたい作品、役柄はありますか?

ゴンミョン:これまでかなりの作品に出演してきましたから、こういう作品に出たいというよりは、今いただいてる役をどう深めて演じていけるか、というほうが強いですね。

スンデ:僕はゴンミョンさんほど多くの作品には出ていませんので(笑)、役に対する欲はあります。具体的にどの作品、役ではないですが、より自分らしい役に出会いたいです。

『親友物語~その2~』

――今後の活動について教えてください。日本での活動に興味はありますか?

ゴンミョン:いまはミュージカル『チェス』の舞台に立っています。日本での活動に興味はありますが、韓国ミュージカルの日本公演に出演するのではなく、日本で行われているミュージカルに参加したいですね。最近はそういうチャンスが増えてきていますから、そのチャンスを待ちながら自分を鍛えています。

スンデ:僕もいま、『ユーリンタウン』の舞台に立っています。10年前にゴンミョンさんも出演した作品なんですよ。日本での活動は…じつは、『ロミオ&ジュリエット』の日本公演に出演できるチャンスがあったんです。そのときは、スケジュールが合わず残念だったんですけど。僕にとってはとても意味のある作品なので、また機会があれば次は出たいですね。

『親友物語~その2~』

◇イ・ゴンミョン プロフィール◇
1972年4月3日生まれ。1996年、ミュージカル『ガイズ&ドールズ』で初舞台。以降、『コーラスライン』『RENT』『ギャンブラー』『ユーリンタウン』『ロミオ&ジュリエット』『ジャック・ザ・リッパー』『あの日々』『ロビンフット』など、大作ミュージカルを中心に活躍。韓国ミュージカル大賞助演男優賞などの受賞も多数。現在は、ミュージカル『チェス』に出演中。

◇キム・スンデ プロフィール◇
1980年5月1日生まれ。2006年、ミュージカル『ジキル&ハイド』で初舞台。以降、『ロミオ&ジュリエット』『モーツァルト!』『モンテクリスト伯』『太陽王』『あの日々』などのミュージカルや、『蜘蛛女のキス』『笑の大学』などのストレートプレイでも活躍。現在は、ミュージカル『ユーリンタウン』に出演中。


◇第三弾『親友物語~その3~』、8月8日(土)に開催!◇
『親友物語』は、第三弾となる『親友物語~その3~』が8月8日(土)に開催される。出演は、『スリル・ミー』などでの活躍で知られるチョン・サンユンと、昨年、東京・世田ヶ谷パブリックシアターで開催された韓国ミュージカル『女神様が見ている』や、現在韓国で『ゴッホ』『女神様が見ている』に出演中のチョ・ヒョンギュン。韓国で活躍している旬のミュージカル俳優二人のパフォーマンスは要チェック!

  • 1

(文/金本美代)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP