HEADLINE

インタビュー

劇団プレステージ第10回公演『Have a good time?』高橋秀行、風間由次郎、加藤潤一インタビュー!「観に来てくれた人たちの“他力本願”になります!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アミューズ所属の男性俳優で2005年にユニット結成、2010年に劇団として旗揚げされた「劇団プレステージ」。10周年記念企画の最後を飾る作品は、ファン待望の再演となる『Have a good time?』。10年目の売れないアイドルグループたちの葛藤をコメディータッチで描いた作品だ。作品同様、“10年目”を迎えた劇団メンバー、高橋秀行、風間由次郎、加藤潤一に劇団への想い、再演に込める意気込みを聞いた。

劇団プレステージ

関連記事:劇団プレステージ×ほさかよう再び!人気作『Have a good time?』再演

高橋:僕たち「劇団プレステージ」公演『Have a good time?』のインタビューと思って来たんですが…あれ?(加藤)潤一がいるの?

加藤:それはですね~僕は、ミュージカル『RENT』に出るので、今回の公演には出演しないんですが、僕は劇団のメンバーの一員として、「劇団プレステージ」を多くの皆さんに広く知ってほしいと思って参加しました!

――そうなんですね。では、まず劇団「プレステージ」のことを教えてください。

高橋:アミューズに所属する男性俳優だけで集まって、今から10年前の2005年に演劇ユニットをスタートさせました。出演はもちろん、スタッフもメンバーで。公演にかかわる作業は全て自分たちだけでやるという。チケットも手売りです。年に2回程度、(東京)学芸大学の千本桜ホールで公演して。それから5年後の2010年に、「劇団プレステージ」を旗揚げしました。劇場も千本桜ホールから、渋谷のシブゲキに移って。

――「演劇をやろう」と思ったきっかけはあったんですか?

加藤:舞台がやりたいやつだけじゃなくて、映画やドラマをやりたいやつもいたんだけど…

風間:そう。みんなの目標の矛先はドラマ、映画、舞台、音楽とバラバラだったんですけど、表現をするとか、芝居をするという意味ではみんなの思いは同じなので、一緒に演劇をやるのもいいんじゃないかと。それでユニット、劇団になっていった感じですね。それぞれやりたいことは少しずつ違う。でも、お客さんを「楽しませる」「感動させる」「驚かせる」作品になるかは毎公演違うけど、その目標に向かってみんなが集まっていくのが僕らの劇団のスタイル。だから、座長はいないんです。ある意味、僕たちにとってはお客さんが座長なんです!

高橋:そう、由次郎が言ったように、それぞれにそれぞれの思いがあって、舞台の時だけぐっと集まる。由次郎はダンス、潤一は歌が上手い。僕はしゃべりができると。ここにいる僕たちだけでもそうですけど、ほかのメンバーにもそれぞれ目指すものや得意なものがあってバラエティ豊かです。劇団内では、歌唱指導が必要なら潤一が、ダンスの振付やレッスンを由次郎がやったり。リーダーとして今井隆文が劇団をまとめたりとか。坂田(直貴)は映像が作れるから重宝されていたり(笑)。10年経って、それぞれのカラーが良い意味ではっきり出て来て「劇団プレステージ」ならではの感じになってきました。

風間:僕はこの10年、お客さんと一緒に成長してきた感じがします。今回の『Have~』には“他力本願“ってキーワードがあるんですけど、本当にファンのみなさんの“他力本願“でここまで来れたと思ってて。これからもしがみつこうと思ってます(笑)。

高橋:ほんとそう! 最初の公演なんて、チケット3枚しか売れなくて。もう潤一なんて稽古場には来なくて、渋谷のスクランブル交差点に行ってチケットを手売りしてたよね。

加藤:そうですよ。渋谷の交差点で、「すみませんチケット買いませんか?」って。

高橋:しばらくは千本桜ホールも9割方メンバーの友達で占められてた。そこから始まっているので、こうやって今回初めて大阪公演ができたりとか、紀伊國屋サザンシアターでお芝居を出来るというのが、なんだかフワフワしてる感じあるんだよね。「大阪公演?」「サザンシアター大丈夫かな?」みたいな気持ちのメンバーも少なくないんじゃないかな。

風間由次郎

――個々での活動と、劇団での活動ではまた違う感覚なんですか?

風間:はじめはそうだったのかもしれないんですけど、今は劇団でやりたいことがある程度できるので分けて考えてないかも。たとえば、「映像に出たい」なら、DVDの特典映像として僕らだけでドラマ仕立ての映像を作れる。僕自身、ダンスが好きで振付に興味があっても、劇団で本格的にやることはないんじゃないかって思ってたんです。でも、劇場が大きくなって、振り付けが必要な作品をやることになって、僕の得意なことが必要とされるようになった。そういうのが「劇団プレステージ」のいいところでもあるんじゃないかな。でも、自分がやりたいことだけではお客さんを魅了できないので、そこはきちんと考えていかないといけないんだけども。

高橋秀行

――そんな着実にステップアップしてきた「劇団プレステージ」の10周年記念企画の最後を飾る公演が、今回の『Have a good time?』ということで。

高橋:僕らのユニット時代から含めて10周年、1年間かけて「PP10」として10個の企画をやっています。『Have a good time?』は、ファンの皆さんの要望がいちばん多かったんです。最後に歌って踊る曲があるんですけど、この曲は、アミューズが年末にやってる「SUPERハンサムLIVE」でもやらさせてもらったり、自分たちのイベントでもやることもあって。そういうこともあるからか、『Have~』の再演をやってくださいって声がいちばん大きかったから、「PP10のトリを飾る作品はこれしかないだろう」って。

――ファンの皆さんには待望の再演なんですね。

高橋:期待されているのを分かっててやる怖さはありますね。でも、僕らとしては、少しずつ上にあがってこれたことがどういった形で出るのかなっていうのもある。ちゃんと“集大成感”というか、今できる最高のものとして『Have~』を見せられたら。

風間:売れない10年目のアイドルたちが、最後の勝負をかけて整形をして戻って来るってストーリーなんです。10年間売れなかったアイドルたちと、俺らの10年が今回見事に重なるんです。そこが、以前とは違った作品との距離感が出るんじゃないかなと思います。そして、『Have~』は、千本桜ホールを卒業したときの作品で、今回は初めてサザンシアターでやる作品。卒業した作品だったのが、今回はスタートの作品になるわけで、そこも僕のなかでひとつ大きいことというか。この作品を越えて次にいかないと、これからの「劇団プレステージ」はないくらいに思っています。

高橋:「劇団プレステージ」は、10年前から1公演でも赤字になったら即解散、というのがルールですから。今回劇場がさらに大きくなって、久々に緊張感がありますね。さっきも由次郎が言いましたけど、ほんとうに見に来てくれる人たちの力を借りないと。

劇団プレステージは○○○○劇団?三人の楽しいトークはまだまだ続きます!

(文/金本美代)

Have a good time?

作品情報Have a good time?

  • 公演:
  • キャスト:石原壮馬、猪塚健太、今井隆文、岩田玲、太田将熙、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP