HEADLINE

インタビュー

表現・さわやか 池田鉄洋にインタビュー「先輩たちがまだふざけてるから、うちらもふざけ倒さなきゃって思います」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個性派俳優として映像作品でも活躍する一方、コメディ作家・演出家としても活動しているイケテツこと池田鉄洋。近年は商業演劇系の舞台も増え、主宰する“苦笑系”コントユニット「表現・さわやか」(以下「さわやか」)も昨年で10周年を迎えるなど、地道かつ確実に支持を高めている。そんなイケテツに「さわやか」の次回公演『TanPenChu-♥』の話や、「ただ笑えるだけの舞台」を作り続ける思いなどについて語ってもらった。

池田鉄洋

関連記事:コメディを突き詰めていく劇団、もっと増えてもいいと思います。ということで国内外のコメディ関連記事をご紹介!

ムズムズが止まらないという、新しいジャンルの笑いに。

──番外公演だけあって、今回は半分以上が初ゲスト出演者ですね。

恋愛をテーマに書き下ろしたけど、事情があって没になった短編コントがあったんです。これを使いたいと思って、今回は恋愛モノをやることにしました。でも10年以上の付き合いのある(「さわやか」の)連中と、今さら恋愛話なんてしたくないので(笑)、女優さんを中心に、たくさんのゲストをお呼びしました。

──中でも異色なのは鈴木砂羽さんですよね。

砂羽ちゃんは昔からずっと「出たい」と言ってたんですが、ついに「なんで呼んでくれないんだ!」と怒り出したので(笑)。でもコントをやってもらうイメージがないので、最初はしっかりしたストーリーのある芝居にしようかと思ったんですよ。でも本人は「どコントやるんだあ!」と、チラシ撮影でも頼みもしないのにソバカスを描くほど大はしゃぎで。その要望に応えて、やっぱりコント色を強めることにしました。

──「かもめんたる」さんは、お笑い界からは初のゲストになりますか?

初めてですね。共演の経験はなかったんですけど、彼らのコントが一ファンとして大好きでして。マニアックな世界を取り上げながらも「誰でも笑わせたい」と思ってらっしゃるという、その職人性というか、真面目さがすごいなあと。だから「さわやか」とは、いい掛け算になることを期待してお呼びしました。

──でも「キングオブコント」のチャンピオンを、自分のコント作品に出すって大胆不敵ですよね。

自分でも「馬鹿か!?」って思いますよ(笑)。だから砂羽ちゃんは「お力お借りしまーす!」という感じだけど、「かもめんたる」さんには「勉強させていただいてよろしいでしょうか?」という気持ちです。でもお二人は、役者としてすごく上手いんですよ。本人たちは「僕たちは役の入れ物」と言ってるらしいので、多分憑依系の役者なんだと思います。

──梅舟(惟永)さんと浅野(千鶴)さんは?

梅舟さんは昨年映画の撮影でご一緒して「この人上手いなあ」と思ったのでお呼びしました。浅野さんは「味わい堂々」という女性3人のユニットのメンバーなんですが、この子もまた面白いんですよ。二人とも最近チョコチョコと客演が増えているので、目ざとい人は注目している存在だと思います。

『Tan Pen Chu-』

──それにしてもこのメンバーで恋愛って、相当濃いものになりそうですね。

いっそのこと、結構ガチでイチャイチャする、目も当てられないようなものにしようと思っています。深夜の駅で酒に酔ってチュッチュしてるカップルを見てる時のような、ムズムズさが止まらない感じの公演にしたいなあと。それって実は、新しいジャンルになり得るんじゃないかと思ってるんですよ。「そんなもの見たくない!」って大コケするかもしれないけど(笑)、でもちゃんと笑いを届けることはお約束します。

──いつもの「苦笑系」とはちょっと違う感じ?

だと思いますね。男性同士のキスがいっぱいあるコントを書いたことがあるんですが、あの時と同じように「イヤだー!」みたいなことになるんじゃないかと。扱うのは男女の熱い恋ですけど、同じような悲鳴が上がると思うんですよねえ。

──悲鳴系?

そうかもしれない。笑いと悲鳴が混在するといいなあと思います。

池田鉄洋

★「女装がお約束?」「大人の学芸会?」どこまでもバカバカしさを追求するイケテツさんの話は、さらに加速!!!続きは次のページで!

(文/吉永美和子)

表現・さわやか 番外恋愛公演『TanPenChu-♥』

作品情報表現・さわやか 番外恋愛公演『TanPenChu-♥』

  • 公演:
  • キャスト:鈴木砂羽、岩崎う大、槙尾ユウスケ、梅舟惟永、浅野千鶴、佐藤真弓、いけだしん、岩本靖輝、池田鉄洋

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP