HEADLINE

インタビュー

「父に聞けばよかった」。そんなことを想う度、父の言葉に手を伸ばして。 こまつ座社長 井上麻矢 ロングインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

座付作者井上ひさしに関する作品を専門に上演するこまつ座。代表作ともいえる『父と暮せば』は、2015年7月8日(水)の公演で500公演目を迎える。6年前、井上作品を後世に受け継ぐべく社長に就任した井上ひさしの三女、井上麻矢。日本が誇る劇作家の戯曲が所狭しと並ぶ貴重な空間で、こまつ座の歴史と今の想いについて話を伺った。

井上麻矢

――『父と暮せば』は今回の東京公演で通算500公演目を迎えるそうですが、麻矢さんのこの作品にまつわる思い入れやエピソードはありますか?

『父と暮せば』はこまつ座として21年間という年月をかけて何度もやっている作品で、いわゆる劇団の顔と言われる、ライフワークのような作品です。私自身も初演から全公演観ています。父とはあんまりべったりした関係ではなかったですが、こまつ座のファンではあったので、父が劇場にいない時に観に行ったりしていましたね(笑)。私がまだOLだった時に、父と父の作品の話になったことがあったんです。普段はそんな話は滅多にしないんですけど、「この作品を書くことによって、自分がなぜ物書きになったのか分かった」ってその時父が言っていたんですね。それだけ井上ひさしの核となる大きな作品だったんだなって思います。そんな父の言葉から井上作品の1つのターニングポイントの作品だと認識しています。

――21年で500回ってものすごい数ですよね。長く上演されているからこそ感じられる魅力ってありますか?

役者さんっていうのは生きてきた年月の中で滲み出るものが舞台にも現れるので、毎回それぞれの美津江と竹造が存在することになるんですね。このお芝居はとくにそれが強いので、何回やっても違った『父と暮せば』に出会えるんです。役者さんの色が顕著に表れる作品といっても過言じゃないですね。ある役者さんにとってはサラリと言われる台詞をある役者さんは力を入れて言われたり…。演出の鵜山仁さんも役者さんの意見をすごく尊重される方なので、そこは面白い部分だと思います。

井上麻矢

――同じ作品でも、上演される時代や役者さんによって毎回新たな発見があるんですね。

そうなんです。作品ってね、ひとつひとつ性格があるんですよ。人格みたいに。生み出されるまではすごく手がかかるんだけど、出来上がったらみんなをすごく喜ばせてくれる子とか、最初から出来のいい子でコンスタントにみんなを楽しませる子とか、色んな子がいるんですね。『父と暮せば』は、出来たばかりの時は本当に小さな小さな赤ちゃんでした。長い年月をかけてみなさんに観て頂く中で、たくさん愛されて大きく育ててもらったような部分がありますね。愛されキャラですね(笑)

――なるほど! 今のお話を聞くと麻矢さんが作品をとても愛されているのが伝わります。こまつ座社長にご就任されてから新たに見えてきたお父さまの一面や初めて知る井上作品の魅力はありましたか?

今でこそ見えることがたくさんありますね。親子だけの関係の時はお芝居について語り合うようなことは本当になかったんですよ。自分が育っていく中で劇団が出来上がってきたので、劇場や稽古場っていうのも馴染みはありましたけど。私が中学の時にこまつ座を作る基盤が出来て、高校生の時に立ち上がってきたので、お魚屋さんの娘がお魚について人よりちょっと詳しいみたいな感覚でお芝居を肌で感じて育ってきたっていう部分はありました。でも、父の戯曲をあんまり深くは読んだことってなかったんですよ。芝居って観るほうが楽しいから。

次ページでは、こまつ座に入ってからの麻矢さんについて掘り下げていきます。

(文/杉田美粋)

父と暮せば

作品情報父と暮せば

  • 公演:
  • キャスト:辻萬長、栗田桃子

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP