HEADLINE

インタビュー

『サンセット大通り』ノーマ役(Wキャスト)の濱田めぐみにインタビュー!「ノーマは生半可な覚悟では出来ない役です」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビリー・ワイルダーの名作映画を『キャッツ』『オペラ座の怪人』の作曲家としても有名なアンドリュー・ロイド=ウェバーがミュージカル化した舞台『サンセット大通り』。1995年にトニー賞で7部門の賞を獲得し、2012年には日本でも上演された濃密な作品だ。2015年7月4日(土)に東京・赤坂ACTシアターにて開幕する本作で、主役の大女優、ノーマ・デズモンド役(Wキャスト)に挑む濱田めぐみに役に賭ける今の気持ちをじっくり聞いた。

濱田めぐみ『サンセット大通り』

――製作発表で濱田さんが歌った「AS IF WE NEVER SAID GOODBYE」を聞いて涙が出ました。

わあ、本当ですか?実は私も少し泣いてしまったんです。ノーマはこの歌を歌う時、辛かったんだなあ、と思ったら・・・つい。

――今回の再演で濱田さんがノーマを演じると伺った時「やっとこの時が来た!」と思いました。最初にお話を聞いた時はいかがでしたか?

正直“怖い”と思いましたね。ずっと怖いもの知らずで、がむしゃらに役と向き合ってきたのですが、もう勢いだけで突っ走れる時期でもないし。この『サンセット大通り』という作品がどれだけ世界的に愛されていて、どれだけ評価されているのかを考えただけでも、これまでとは違うモードで取り組まなければいけないと感じました。

この作品は、これまでいくつかの経緯があって今回再演されることになったんです。実際には『サンセット大通り』の舞台に立つことが叶わなかった方たちの思いも一緒に胸に秘めてノーマを演じる訳ですから、生半可な覚悟では出来ない役だと思っています。

――ノーマはこれまで濱田さんが演じた『美女と野獣』のベルから、『デスノート The Musical』のレムまでを思い返しても、全く新しいタイプの役柄です。

そうそう、本当にその通りです!楽譜や資料を受け取ったのは『デスノート The Musical』の稽古に入る少し前だったのかな・・・。でも、レムの稽古に入ったら、その役のことしか考えられなくなるのは自分で分かっていましたので(笑)、『サンセット大通り』に関してはまずはサラっと勉強しよう、くらいの気持ちで楽譜や映像のチェックからはじめました。
ですがサラっと行かないのが私でして(笑)、何か用事をしながらブロードウェイでノーマを演じた俳優さんの動画なんか観ようものなら、全ての事をストップしてその世界に入り込んでしまう訳です(笑)。運転中でも一度気になりだすともう駄目で、わざわざ車を途中で停めて映像に見入ってしまったり。
これまでノーマ役を演じてきた方達があまりにも凄いので、一旦大きく打ちのめされました。今はそこから「ブロードウェイでもロンドンでもこんなに素晴らしいんだから・・・もう仕方ないじゃん!」と、少しずつ浮上している感じです(笑)。

濱田めぐみ『サンセット大通り』

――役に対してのアプローチもこれまでとは変わってくる?

勿論そうです。これまでは自分が演じる「役」に入り込んで、それをコントロールしながら演じて来た訳ですが、ノーマは自分に全くない要素を多く持っている人なので、入り込むというよりは“まとって”いく感じですね。今の私よりずっと年上で、更に栄光を掴んだのちに落ちぶれた彼女の全てにリアリティを持たせて演じるには、これまでのやり方では全然太刀打ちできません。

――濱田さんの出演作をずっと観てきて、前にお話も伺いましたが、その姿から「嫉妬」や「執着」という単語が全く思い浮かびません。

そう!ない!(笑)。さっき言ったこともすぐ忘れちゃうし(笑)。

――ノーマが持つ一種の女優の「性(さが)」みたいなドロドロしたものもない?

ない!もう笑っちゃうくらいないです。終わったことにも全く執着がないから、出演した舞台の資料もどんどん捨てちゃって、いつも叱られてます(笑)。とにかく“今”が一番大事なんです。

★これまで演じたことがないキャラクター・ノーマを演じる濱田めぐみ。その心中は・・・次のページで!

(文/上村由紀子)

サンセット大通り

作品情報サンセット大通り

ハリウッドの光と闇を描いた内幕物の決定版!

  • 公演:
  • キャスト:安蘭けい、濱田めぐみ、平方元基、柿澤勇人、鈴木綜馬、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP