HEADLINE

インタビュー

劇団ラッパ屋『ポンコツ大学探険部』鈴木聡×松村武インタビュー 「大豪雨のなかずぶ濡れで叫びながら自転車こいじゃうような作品です」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年6月27日、劇団ラッパ屋の第41回公演『ポンコツ大学探険部』が新宿の紀伊國屋劇場で幕をあけた。1983年の旗揚げから32年、たくさんの観客の泣き笑いを誘ってきたラッパ屋の良質なコメディに、案の定、客席で笑ったり泣いたり、ふいに感動させられる。そのタイトル通り、ポンコツなようでどこか愛しく大人たちの探険物語だ。
いったい今なぜ「探険」なのか? 作・演出の鈴木聡と客演の松村武(劇団カムカムミニキーナ主宰)に話を伺った。

劇団ラッパ屋『ポンコツ大学探険部』鈴木聡、松村武

関連記事:元サラリーマンが結成した劇団ラッパ屋の最新作『ポンコツ大学探険部』上演!

――1年半ぶりのラッパ屋公演ですが、一番の見どころはどこですか?

鈴木:今回、ラッパ屋では初オーディションをおこなったんです。ラッパ屋の役者は中高年が多いですけど、今回20代が4人入る事で、また違うエネルギーが出てきました。今までラッパ屋をご覧いただいた方にとっても新鮮な感じがするんじゃないかな。

松村:そうですね。ラッパ屋さんって30年以上も公演をしているから、当然、同世代のお客さんが多い。若い方々からしたらけっこう上の年代の人が観にいくものだと思っているかもしれない。でも今回の芝居では幅広い世代が描かれていて、50代40代だけでなく、30代や20代の人が観ても、心に大きななにかがひっかかる物語だと思うんですよ。

――私も自分の年齢に近い20代の役者さんのセリフはグサッときました…。いろいろな年代がでてくるので、どこかの世代が自分の心に深くマッチするでしょうね。

鈴木:年代の違いはかなり意識していますね。『ポンコツ大学探険部』には、いくつかの世代がでてきます。僕と同世代の55歳前後や、50歳前後、45歳前後…この辺は昭和バブル世代ですね。そしてアラフォー世代と、20歳前後の現役大学生世代が出てきます。

劇団ラッパ屋

――まさに世代のオンパレード!物語では、大学の探険部の部室に各世代のOBたちが集まってきますが、そこで世代間のギャップがくっきりと出ていましたね。

鈴木:とくにアラフォー世代が青春を過ごした90年代後半は、日本社会の雰囲気が大きく変わった時期なんですよ。この時代に合理主義や能力主義、勝ち組負け組みたいな考え方がでてきて、ひとつの時代の断層になっている。
90年続く「ポンコツ大学探険部」の歴史でも、アラフォー世代が伝統を壊しちゃったとみんなに糾弾される。反して、20代の現役学生世代は…勝ち組負け組といった価値観や、ゆとり教育の弊害すらも一段落した感じがある。そういった世代の違いを、ラッパ屋のメンバーの年代に当てはめて書きました。

松村:いろいろな世代が描かれているのが今回の芝居の一番特徴だと思いますよ。僕はずっと昔からラッパ屋の公演を観ていますけれど、ラッパ屋のなかにもずっと前からいる人と、途中からいる人と、何世代かあるんですよ。それがうまく配分されていることによって、ラッパ屋のベテランであるおかやまはじめさんや福本伸一さんなどの見せ場が渋く光る。オーディションで決まった若手4人も期待にこたえていると思いますし、いろんな世代の良さがとてもあいまっている芝居です。
稽古場にも世代感がでているんですよ。先輩が後輩になにか言ったりと、若者が入ったことでメンバーのみなさんも大人っぽく振る舞いますしね。

劇団ラッパ屋『ポンコツ大学探検部』鈴木聡

鈴木:おかやまはじめなんて、彼らにいろいろ教えたりして。いつもはしないのに。僕も、若者が出るので説教臭いセリフをずいぶん書いていますけれどね。

松村:稽古場でも先輩後輩のような雰囲気ですし、お客さんも大学の部活にいるような感覚で観てもらえるんじゃないかな。元来ラッパ屋さんは仲良いんだと思うんですけど、初出演の僕や若い人含めて、みんな仲が良いので楽しいですね。

★この座組みに初めて参加する松村さん。どんなことを感じたのでしょうか?次のページで。

(文/河野桃子)

ポンコツ大学探険部

作品情報ポンコツ大学探険部

おまぬけなコメディだがキュンときてズンとくる!劇団ラッパ屋の最新作、登場!

  • 公演:
  • キャスト:おかやまはじめ、俵木藤汰、岩橋道子、三鴨絵里子、弘中麻紀、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP