HEADLINE

インタビュー

2年ぶりの再演に挑む!『SONG WRITERS』中川晃教インタビュー「進化・成長しつつ、“変わらない”ことも魅力」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年に初演され、好評を博した日本発のオリジナルミュージカル『SONG WRITERS』(脚本・作詞・音楽プロデュース:森雪之丞/演出:岸谷五朗)が、2015年7月20日(月・祝)から8月9日(日)まで日比谷・シアタークリエで再演決定。
初演に引き続き、メインキャラクターの一人である作曲家:ピーターを演じる中川晃教に単独インタビュー。再演を控えた今の心境や、共演者・スタッフに抱いている特別な想いを語ってもらった。

『SONG WRITERS』中川晃教

関連記事:こちらも必見!「日本語の面白さとミュージカルの楽しさを満喫できる」日本発ミュージカル『SONG WRITERS』武田真治インタビュー

――本作で中川さんが演じる役柄について教えてください。

僕が演じるのはピーター・フォックスという気弱な作曲家です。
この作品は、数々の名作ミュージカルを生んだブロードウェイで、若手作曲家のピーターと作詞家のエディがオリジナルの新作ミュージカルを作ろうと奮闘する物語。
二人は幼なじみだけど正反対で、エディは自信過剰だけど太陽のようなキャラで周囲の人を引き寄せるタイプ。気が付いたら人間も動物も寄って来ちゃう(笑)。そんな彼が親友だから、ピーターはより気弱に見えてしまうんです。明るいエディをいつも「いいなぁ」って見ていて、ジメジメ~っとひねくれているのがピーター。
再演ではそういう二人の対比を大切に演じられたらと。


――再演で新たにチャレンジしたいことはありますか?

前回、お客様に評価していただいたからこその再演。初演を観てくれた方に「良かった」と思ってもらえた部分は、再演でも変えずに見せるべきだと思います。そういう意味で言えば「変わらないこと」も魅力なのかな。
僕は《今日の我に明日は勝つ》という美空ひばりさんの言葉を座右の銘にしています。以前は「再演では初演よりも進化させたい」と思って挑んできましたが、僕自身、何作かで再演を経験するうちに考え方が変わってきた。
役を深める作業以外にも、「初演でお客様に何をどう喜んでもらえたのか」「どこをもう一度見たいと思ってもらえたのか」を考えたいなと。きっとカンパニー全員で生み出したものの中に答えがあるはずなので、稽古では自分ひとりの世界に入り込むだけじゃなく、全体を俯瞰で見る時間を作れればと思います。

『SONG WRITERS』中川晃教

――岸谷五朗さんはどんな演出家ですか?

舞台を知り尽くしていますね。ジャンルや国を問わず、自分以外のいろんな演出家を常に意識しつつも、オリジナリティやプライドを持って貪欲に舞台を作っている。
舞台ってお客さんに媚びたらダメなんですよね。
でも、喜ばせられないと評価されない。必ず勝たなきゃいけないから、そのための策も具体的じゃないといけない。
一方で(岸谷)五朗さんは、「観客を裏切らず、自分に傲慢にならず、稽古場で奮闘し続ければ絶対に成功する」っていう希望みたいなものを役者に抱かせてくれる。各自が作品のピースのひとつになるってだけじゃなく、もっと本質的なこと――どうすればエンターテインメントとしてもっと面白くなって、観客に喜んでもらえる作品を作れるか――を、役者自身にも問いかけてくれるというか。
そうして最後は「信じていいんだ」と思わせてくれる。演出家としても人間としても大好きです。


――初演の稽古で一番印象に残っているのは?

僕からすると、五朗さん作・演出の芝居(地球ゴージャスプロデュース公演Vol.11『X day』)に呼んでもらったのが先だったので、五朗さんが演出だけをするっていうのが最初はちょっと不思議な感じだったんです。
稽古場では、演出の五朗さんが(脚本の森)雪之丞さんに「僕はこうした方がいいと思う」とヴィジョンをはっきり伝えて、二人がその場でセッションし始めるんですよ。それが刺激的でした。

五朗さんは演出家で・脚本家で・役者でもある。舞台やエンターテインメントが大好きっていう情熱が見えるから、何をやっても説得力があるっていうか。
演じる側としてはそんな人をどうすれば納得させられるのか、稽古場でコミュニケーションしながら、「新作をつくる」っていう熱い思いで各自やるべきことをやっていきました。
そうしたらいつの間にか、最適の味付けでバランスのいい盛り付けの「料理」がステージに乗っかってたっていう(笑)。初演はそんな感じでしたね。

――稽古場には「お弁当」をいつも持参するそうですが、どんなお弁当なんですか?

定番メニューはサラダとごはんとお肉とか。
あと、生姜が好きなんですよ。免疫力アップや殺菌作用があってノドにもいいし。だから、生姜でお肉を炒めたのとかが多いです。
稽古場ってたくさんの人が出入りしていますよね。風邪とかひかないためにも、そういうものを食べて体のケアをしつつ乗り切っています。

★お忙しい最中、作品や共演者について楽しく深く語っていただきました。次のページでは中川さんの屋良さんに対する思いに話がおよびます。

(文/平口雅世)

SONG WRITERS

作品情報SONG WRITERS

この世に100の悲しみがあっても101個目の幸せを書き足せばいい

  • 公演:
  • キャスト:屋良朝幸、中川晃教、島袋寛子、 泉見洋平、 藤林美沙、植原卓也、平野良、 コング桑田、武田真治、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP