HEADLINE

インタビュー

待望の再演決定!「日本語の面白さとミュージカルの楽しさを満喫できる」日本発ミュージカル『SONG WRITERS』武田真治インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「“輸入品”ではない、日本発の本格派オリジナルミュージカル」として2013年10月に初演、好評を博した『SONG WRITERS』(脚本・作詞・音楽プロデュース:森雪之丞/演出:岸谷五朗)の再演が決定。この夏、初演と同じ劇場=日比谷・シアタークリエにオリジナルキャストの一人も欠けることなく再集結する。オリジナルでありながらミュージカルの本場=ニューヨーク・ブロードウェイが舞台の、ある意味異色な「和製ミュージカル」。

再演に向けての稽古入り直前、メインキャストの一人である武田真治に、作品への想いと再演にかける意気込みを訊いた。

武田真治

関連記事:【動画】武田真治の挨拶で全員が笑顔に!『SONG WRITERS』製作発表会見

――本作で武田さんが演じる役柄について教えてください。

僕が演じるニック・クロフォードは、二人のソングライター(エディとピーター)の才能をいち早く見抜き、売り出そうとする音楽出版社のディレクターです。
物語が進むにつれて、「作品作りに没頭する二人が迷い込むフィクションの世界」のニックがまた違う形で現実と交差してくることになるんですが・・・それは観てのお楽しみということで。


――ニックのどこに人間的な魅力を感じますか?

「やると決めたことはとことんやるところ」ですかね。良くも悪くも。
後半からニックは物語のカギを握る「衝撃的なある行動」をとり始めるんですけど、それは彼の目的が変わったから。二人の才能に惚れ込んだのはウソではないんですが、彼自身の「目的」が変わったために然るべき行動をとろうとする。そういう点では、他の現実世界のキャラクターとは真逆のタイプといえるかも。


――再演にあたり、オリジナルキャスト全員が集まると聞いたときは?

自分たちが初演の時に築いた関係が評価されたようで・・・演技者として、とはまた別の喜びがありました。
再演に向けてこれから稽古が始まりますが、なぞらなければいけないことはなるべく早く消化して、新たなのびしろを見つけて工夫していきたいですね。


――岸谷五朗さんはどんな演出家ですか?

「きっちりこう演じてくれ」と要求するんじゃなくて、「いろいろ試して見せてほしい」と言ってくれるタイプ。岸谷さん自身が一流の役者さんで、どうすれば役者が伸びるのかをよくわかってる。だからみんな伸び伸びと演じられるのではないでしょうか。
役者って、なんとなく不安なまま感性を見せ合って稽古していく中で、ちょっとしたことに傷ついたり閉じこもっちゃったりする。岸谷さんはそういう時間や状況がもったいないって思ってくれるから、いつも言葉を上手に選んで自信を与えてくれるんです。


――初演の稽古場で一番印象に残っているのは?

準備運動だけでも小一時間かけてやっていたことですね。
役者がセリフを言ったり歌ったり踊ったりする以前に、基礎体力や柔軟の指導をしてくれる演出家って初めてで。独特でした。


――再演の稽古で楽しみなことは?

あの「ピースがハマっていく」感じをもう一度味わえること。
今回は稽古期間が以前より短いんですけど、再演ゆえに今度は素早くカチッと音を立ててハマると思うんです。初演のときは手探りしながら「ムニュムニュ~」って感じで仕上げていったような感じなんですが、今回はそのスピードも楽しめそうです。

武田さんが思う舞台の魅力、そして本作での見せ場は?次のページで語っていただきました。

(文/平口雅世)

SONG WRITERS

作品情報SONG WRITERS

この世に100の悲しみがあっても101個目の幸せを書き足せばいい

  • 公演:
  • キャスト:屋良朝幸、中川晃教、島袋寛子、 泉見洋平、 藤林美沙、植原卓也、平野良、 コング桑田、武田真治、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP