HEADLINE

インタビュー

舞台『戦国BASARA vs Devil May Cry』鈴木拡樹インタビュー「男がほれる男・ダンテの魅力を見せる!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲーム発売10周年を迎え、すでに9度の舞台化で多くのファンを持つ『戦国BASARA』シリーズと、全世界シリーズ累計出荷1400万本を誇る『Devil May Cry』シリーズ。このCAPCOMの人気ゲーム2作が舞台で初コラボレーションする舞台『戦国BASARA vs Devil May Cry』がこの夏上演される! 舞台初登場となる『Devil May Cry』の主人公・ダンテ役を演じる鈴木拡樹が、公演に向けての意気込み、期待を語った。

『戦国BASARA vs Devil May Cry』鈴木拡樹

関連動画:舞台「戦国BASARA vs Devil May Cry」ダンテ役・鈴木拡樹からメッセージ!

――『戦国BASARA』と『Devil May Cry』のコラボレーションということで、かなりの期待が寄せられていますね。

舞台『戦国BASARA』として、前作までの作品の良さを理解したうえで、さらにもう一段階上へ積み上げていこうと。きっと、そういう思いもあって、今回の企画にしたのかなって思うんですよ。華やかな作品のぶつかり合いを楽しみにしてほしいです。

――舞台『戦国BASARA』はこれまで観たことがありましたか?

じつは観に行ったことはないんです。知り合いの役者さんも多く参加されている作品で、観に行こうとは思っていたんですが、毎回僕が出演する舞台と公演時期がかぶってしまって・・・。でも出演者からは、いろいろ話は聞いていました。武器が特殊なものが多いですし、二刀流もありますし。アクション満載の舞台をやってるのはすごいなって思っていました。

――『戦国BASARA』はゲームの世界がそのまま実写されている感じが素晴らしくファンも多い人気作です。そこにさらに『Devil May Cry』が加わるわけですから、役者の演技だけでなく、最近は映像が駆使された舞台も多いですし、いろんな演出が盛り込まれた作品になりそうですね。

どうなんですかね・・・。今回は演出が宇治川まさなりさんに変わりますし、テイストも少し変わってくるのかもしれないですけど。明らかに二つのアクションゲームが入り交じる作品ですから、アクションは間違いなく見どころですね。とはいえ・・・実はまだ台本もいただいていなくて、僕もストーリーはもちろん知らないですし、あまり情報がないんです(笑)。作品として『Devil May Cry』というのはゲームをしたり、映像資料をいただいたりして調べています。『戦国BASARA』はすでに舞台になっていますので、なんとなく路線は見えているんですけど、そこへ『Devil May Cry』が入ってどういうものになるか、まだ想像しながら楽しんでいる状態です。

『戦国BASARA vs Devil May Cry』鈴木拡樹

――ご存知の通り、二つとも大人気のゲーム作品です。鈴木さんはあまりゲームをやっているイメージはないですが・・・。

一般的によく知られているゲームをやるくらいです。でも実は『Devil May Cry』は、友達が大好きで、薦められてやってたんですよ。だから、逆にプレッシャーで。役作りは友達に手伝ってもらおうかな(笑)。

――ご縁があったんですね!

すごいんですよ『Devil May Cry』は!主人公のダンテがスタイリッシュでかっこいいアクションをするんですけど、プレイする人間は簡単な操作でいいんです。簡単な操作でカッコよく動いてくれるからハマりますよ(笑)。それも自分がやってるような感覚になったりして。そういった楽しみもあるんですが、ゲーム通に向けた、難しいミッションもある。上手くバランスが取れているゲームだなと思います。気持ちいいですよ、プレイすると。最近は、パソコンでもダウンロードしてプレイできるようなのでぜひ!(笑)

――わかりました(笑)でも、今回鈴木さんが演じられる『Devil May Cry』のダンテって、ゲームやアニメではかなりごつい感じに描かれていますよね。これを鈴木さんが演るの・・・?って印象を持たれる方もいるんじゃないでしょうか?

そういう方もいると思いますね。舞台だからこそですね。舞台なら、大きく動いて大きく見せるって方法論があります。身長が低くても大きく見せることができるし、身長が高くても小さく見せることは芝居次第で可能だっていうことは今までやってきましたから。ビジュアルどうこうはあるのかもしれないけど、今回、一発目できっちり作品の世界観のなかでダンテらしさ、彼の魅力をお見せできれば、その後は違和感なくそういうふうに見ていただけると思うので。だからこそ最初が肝心で繊細に作っていこうと思っています。

――鈴木さんが思うダンテらしさ、はどういうところでしょう。

僕が思うに、「男でもほれる男」というのが魅力だと思いますね。おちゃらけていながら、大人でもあり、色気も感じるし…本当かっこいいですね。男から見ても。

――「男がほれる男」を演じるっていうのも…

そこもまたひとつプレッシャーですね(笑)

★プレッシャーといいつつも、振り幅広く様々な役柄を演じる鈴木さん。次のページでは本作をどう攻略するか?な話が膨らみます!

(文/金本美代)

戦国BASARA vs Devil May Cry

作品情報戦国BASARA vs Devil May Cry

名作ゲーム、2作品が舞台化!さらにコラボ!ど迫力の殺陣&アクションに期待!

  • 公演:
  • キャスト:山口大地、鈴木拡樹、松村龍之介、南羽翔平、伊阪達也、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP