HEADLINE

インタビュー

新国立劇場『かがみのかなたはたなかのなかに』長塚圭史と近藤良平にインタビュー!「不思議な絵本のような世界を楽しんで!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年12月から13年1月まで新国立劇場で上演された『音のいない世界で』。ダンス界、演劇界で活躍する近藤良平、首藤康之、松たか子、長塚圭史の4人が集まり、大きな話題を呼んだ舞台だ。今夏、この4人が帰ってくる!2015年7月6日(月)に開幕する『かがみのかなたはたなかのなかに』は“鏡”をモチーフにした子どもも大人も一緒に楽しめる“ちょっと怖いファンタジー”。すでに稽古に入っているという作・演出・出演の長塚圭史と、振付・出演の近藤良平に話を聞いた。

関連記事:長塚圭史関連情報、こちらからどうぞ!

近藤良平、長塚圭史『かがみのかなたはたなかのなかに』

――台本を拝見したのですが、七五調の韻(いん)を踏んだ言葉のリズムが独特で、この世界をどう具現化するのかとても興味深かったです。

近藤:目で読むと“意味不明”なところも一杯あるよね(笑)。

長塚:今回は「鏡」がモチーフということもあって、それをムーブメントで表現するにあたり、具体的に細かく動作を書いてしまうと、あまりにも世界が狭くなってしまうと思ったんです。だから現場で近藤さんたちと(作品を)創る作業の中でいろいろな捉え方が出来るよう、あえてそういう書き方にしてみました。


――前作の『音のいない世界で』は、かなり台詞量も多かったと思うのですが、今回は語りや台詞よりムーブメントの割合が多くなりそうでしょうか?

近藤:そう、いろいろだね。ト書きと台詞がリンクして、動きつつ喋ったりもする、みたいな。もちろんムーブメント中心の場面もあって、なんだか不思議な歌もあり・・・表現的にはいろいろです。

長塚:ト書き自体をそのまま読みましょう、ってシーンはないね。

近藤:そう言えばそうだね。

長塚:歌に出てくるくらい。

長塚圭史『かがみのかなたはたなかのなかに』

――首藤康之さんが「たなか」、近藤さんが「かなた」、長塚さんが「こいけ」で、松たか子さんが「けいこ」ですね。近藤さんは振付も担当なさいますが、首藤さんとダンサー同士、どんな“会話”をなさっているのでしょう?

近藤:首藤さんとはそこそこ付き合いも長いんですよ。彼は基本的にはバレエダンサーで、僕がコンドルズの活動でやっているような踊りとはまた少し違っています・・・身体から表出するものがね。そしてそれは当たり前のことなので、普通に受け容れています。ただ、身体を使って何が出来るか、何をするか・・・みたいな興味の方向はほぼ変わらない。そういう感覚があるから、彼と同じ場所で一緒に作品を創ることに全く違和感はないんです。


――言葉のチョイスが正しいか分からないのですが、近藤さんと首藤さんのお二人がご一緒にやられるということは“歌舞伎とミュージカルの俳優がコラボする”くらいのインパクトでした。

近藤:それは面白い(笑)外から見たらそう感じるかもしれないですね。例えばこれからあなたと一週間ずっと一緒に過ごしたら、お互いの口調や体の動き、クセなんかがだんだん(相手に)乗り移っていくじゃないですか。今、首藤さんとの稽古場ではそういう現象が起きつつあります(笑)。

長塚:「鏡」ですからね。お互いずっと向き合って稽古をしている訳です。そう言えばこの前、帽子を被っている設定の首藤さんが帽子を触る動作をしたら、もう帽子は脱いでいる筈の近藤さんも帽子があるつもりで頭を触っていたりして・・・そんな事も稽古場では起きています(笑)。近藤さんと首藤さんはムーブメントのワークショップを4月からやってくれていますので、余計にリンクしやすいんですよね。
あとは、たなか役の首藤さんとかなた役の近藤さんが同じ台詞を同時に喋ったりする場面もあって、それが一つの結び目になっているのかな、と。

近藤:台詞もなかなか難しいんです。自分に向けている言葉なのか、相手に向けて喋っているのか・・・たまにどこに話しているのか混乱したりして(笑)その辺はまだちょっとモヤモヤしてますね。

長塚:相手に喋っているんだけど、相手の“気分”を自分が語っていたりね。そういういろんな状況がミックスされていくので、難しいと言えば難しいんだけど、おかしいって言えば・・・おかしい(笑)。言葉にすると少し複雑ですが、実際にやってみると案外シンプルなんですよ。

近藤良平、長塚圭史『かがみのかなたはたなかのなかに』

★話はさらに作品の深いところへ。そして稽古の様子にも話がおよびます。次ページに続く!

(文/上村由紀子)

かがみのかなたはたなかのなかに

作品情報かがみのかなたはたなかのなかに

子どももおとなも、みんなで一緒に楽しめる、「鏡」をモチーフにした、ちょっぴりこわいファンタジー。

  • 公演:
  • キャスト:近藤良平、首藤康之、長塚圭史、松たか子

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP