HEADLINE

インタビュー

通算500回間近!こまつ座第110回公演『父と暮せば』辻萬長×栗田桃子インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦後70年となる今、日本人が観なければいけない物語がここにある。言わずと知れた井上ひさしの代表作『父と暮せば』。原爆投下から3年後の広島を舞台に繰り広げられるこの親子の絆の物語は、1994年の初演から今年までの約20年間でまもなく通算500回を迎える。2015年7月6日(月)からの公演を目前に、本作で父・竹造と娘・美津江の親子として最多のコンビ出演となる辻萬長栗田桃子に話を聞いた。

辻萬長、栗田桃子『父と暮せば』

関連記事:こまつ座のこれまでの公演情報はこちらでチェック!

――『父と暮せば』、今回は4年ぶりの公演ですが、2011年の前回公演から何か変わった点などはありましたか?

辻:稽古に入ると、自然に竹造と美津江になっちゃうからね。これは見事なもんだと思いますよ。基本的には大きく変えないし、この作品で意識的に新しいことをやってみようっていうのはないと思うんだけど、稽古の度に変化や発見はありますよね。そういう部分を毎回演出家の鵜山(仁)さんがうまく取り込んでくれています。

栗田:自分で意識しているわけではないんですけど、変化していく部分っていうものはたしかにありますね。前回の公演から4年経って、女優としては他の作品でもいろいろな役をやらせて頂きましたし、自分自身もそれだけ歳をとり、日常でも様々なことが起こる中で「経験」を積み重ねてきたのだと思います。時が経つとやっぱり人って成長するものですから。

辻萬長、栗田桃子『父と暮せば』

――具体的に変わったことはありましたか?

栗田:すごい話が飛んじゃうんですけど、私、お料理の揚げ物が去年までずっと出来なかったんですよ。どうしても怖くて。だけど、今年こそは大好きなポテトフライを自分で作ろうと思って挑戦したんです。そしたら、どんどん上手くなって、今ではメンチカツまで美味しく揚げられるようになったんです。絶対出来ないって思ってたことがやってみたら案外上手に出来たりとか。人間って分からないものだなって思って。

――お芝居にも通じる部分がありますか?

栗田:鵜山さんの要求もそれと同じで、自分が想像出来ないようなまったく違った方向から要求をもらったりすることがあって…。だけど、やってみることができるということはありがたいことなんですよね。そういう部分では、同じ作品でも多少なりとも変化があったらなと思います。

辻:俺はやっぱり逆かなあ。歳を取るごとに出来なくなることが多いですよ。人間ってそういう宿命なのかもしれないけど…。

栗田:もう、何を弱気な!!(笑)

★長くこの作品に関わってきた二人だからこそ語れることもある・・・詳しくは次のページで!

(文/杉田美粋)

父と暮せば

作品情報父と暮せば

  • 公演:
  • キャスト:辻萬長、栗田桃子

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP