HEADLINE

インタビュー

『トロイラスとクレシダ』浦井健治&ソニン インタビュー!「二人でどんな化学反応を起こせるのか、楽しみにしています!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シェイクスピア戯曲の中でも上演回数が極めて少ない『トロイラスとクレシダ』。“異色のシェイクスピア作品”とも評される本作が、魅力的なキャストと鵜山仁の演出により2015年7月15日(水)に開幕する。トロイ戦争と悲恋という二つの軸を持って進む物語でタイトルロールを演じる二人・浦井健治とソニンに今の思いを語って貰った。

『トロイラスとクレシダ』浦井健治&ソニン

関連動画:『トロイラスとクレシダ』浦井健治&ソニンからメッセージ!

――お二人のご共演は2009年の『ヘンリー六世』(新国立劇場)以来、6年振りですね。

浦井:さっきソニンさんとも(ポスターやフライヤーの)撮影時のことを話していたのですが、今回の共演は6年振りとは思えないくらい“あ・うん”の呼吸で行けるんじゃないかと。口に出して言わなくてもお互い感覚で分かり合える部分が多いというか…そういう感じって共演者として凄く大切だと思うんです。
その関係性を『ヘンリー六世』という作品の中で築けたのはありがたいことですし、(『ヘンリー六世』では)一部から三部までの流れの中で密に対峙する場面があまりなかった分、今回はしっかり向き合える役でご一緒出来てとても嬉しいですね。

ソニン:全く同じ気持ちです。『ヘンリー六世』で共演する前も浦井さんの舞台は拝見していましたし、その後もいろいろな作品を見させていただいて、ミュージカルとストレートプレイの両方で活躍し、どの作品でもきちんと爪痕を残す俳優さんだなあ、とリスペクトしていました。私もミュージカルとストレートプレイの両方に参加させていただいていて、そういう面でも役者としてお互いに混ざりやすい気がします。

――作品によってガラっと佇まいや雰囲気を変えてしまえるのもお二人の共通点だと思います。

浦井:僕もソニンさんの舞台は拝見していますが、楽屋に挨拶に行った時の受け答えからもう全然違うんですよね(笑)。

ソニン:それはお互い様(笑)。そういうところも似てるから、6年振りの共演が凄く楽しみなんです。

――お二人とも6年の間にいろいろな舞台に挑戦されて、キャリアを積み上げたところでのご共演…嬉しいことですね。

浦井:お互いがそれぞれのビジョンを持ってさまざまなトライをし、6年が過ぎた今、(演出の)鵜山(仁)さんが、「今、あの二人を一緒に組ませたらどうなるんだろう」と、その“糸”を結んで下さったことがありがたいと思いました。

ソニン:鵜山さんがこの二人で『トロイラスとクレシダ』をやろうと思って下さったことが、私はとても嬉しかったです。いつかまた一緒に、という思いはもちろんありましたが、私たちの方から鵜山さんにお願いしたこともありませんでしたし。

浦井:実は『トロイラスとクレシダ』への出演が決まるかなり前に、ふと鵜山さんからソニンさんのことを聞かれたことがあったんです。確かに『ヘンリー六世』の打ち上げでは一緒に歌いましたし、その後もお互いの舞台を観てはいるけれど、プライベートで食事もしたことがないのにいきなりどうしたんだろう…って不思議に思ってはいたんです。
もしかしたら鵜山さんの中には以前から、“この二人でシェイクスピアを”という思いがあったのかもしれないですね。

『トロイラスとクレシダ』浦井健治

関連動画:浦井健治、ソニンらがシェイクスピアの異色作に挑む!『トロイラスとクレシダ』

――トロイラスとクレシダは作品の中で恋に落ちます。

浦井:クレシダは途中から別の魅力的な男性に魅かれていってしまいますが(笑)。でもこういうことって遠距離恋愛では…ままあることなのかなあ、と。

ソニン:これから鵜山さんともお話をしてクレシダという役を作っていきますので、確定的なことは言えないのですが、この作品には恋愛における女性と男性の違いがとても明確に描かれているように思います。シェイクスピアが描く女性像って、皆どこか共通点があるようにも感じるんです。

浦井:ちょっと日本女性に通ずるところもありますよね。芯が強かったり。

ソニン:そうそう、ちょっと古風なところとか。

――クレシダの「言い寄られている時の女は天使。言い寄られている時が一番楽しい」という台詞がとても印象的でした。

ソニン:女性って正にそうですよね? それをクレシダのように口にするかどうかは別にして。

浦井:僕もこの言葉は凄く響きました。印象的ですし、グサっと刺さります。でも男性って、それを分かった上であえて女性の掌の上で転がされつつ愉しむ…そんなところもあるかもしれないです(笑)。

――トロイラスは「戦争」と「恋愛」を同列に考えている男性とも思えますが。

浦井:トロイラスが物語の中でその二つをどう捉えていくか、ですよね。この戯曲には約一週間ぐらいの短い間の話が書かれています。その時間の流れをきっちり見せていくのも課題の一つです。

ソニン:たった一週間で私は他の人…(岡本健一さん演じる)ダイアミディーズにも心を奪われてしまう訳です(笑)。

浦井:一目惚れだよね(笑)。でもトロイラスもクレシダに一目惚れしたんだし。
『トロイラスとクレシダ』は、一週間という時間の中で「戦争」と「恋愛」のさまざまな状況や感情が渦巻く作品で、男女の問題からいろいろなことが起き、それが戦争にまで発展していく。政治的なことだけではなく、そこに人間の深い感情が存在することで、観て下さる方も共感しやすい部分が多いのではないでしょうか。

次のページでは、共演者の話も含め、さらに本作について掘り下げて語っていただきました。

(文/上村由紀子)

トロイラスとクレシダ

作品情報トロイラスとクレシダ

悲劇と喜劇の間を揺れ動く、シェイクスピア作品の“問題劇”

  • 公演:
  • キャスト:浦井健治、ソニン、岡本健一、渡辺徹、吉田栄作、江守徹、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP