HEADLINE

インタビュー

ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン、一挙放送記念! 3rdシーズンキャスト、古田一紀×財木琢磨が見どころを語る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初演から10年を超えた、大人気作品、ミュージカル『テニスの王子様』(通称「テニミュ」)の2ndシーズン9作品の大千秋楽公演がWOWOWにて一挙放送される。DVD未発売のライブビューイング編集版の放送は今回が初めてなだけに、「テニミュ」ファンにとっては待望の、見逃せない放送になりそうだ。今回の放送に先駆け、2015年2月に開幕し3か月の長丁場の不動峰公演を終えたばかりの3rdシーズンのキャストから、越前リョーマ役・古田一紀と手塚国光役・財木琢磨が、自身が出演した公演の感想から、「テニミュ」の魅力、テレビ放送に向けての見どころについて語ってくれた。

関連動画:古田一紀と財木琢磨からスペシャルメッセージが到着!こちらもぜひご覧ください!

古田一紀、財木琢磨 ミュージカル『テニスの王子様』

――3rdシーズンの1作目、「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン_青学(せいがく)vs不動峰」の3か月に渡る公演が終了したばかりですね。初ステージを終えた今の心境はいかがですか?

古田:本番が始まるまでは、もっと早く終わるのかなと思ってたんです。でも、一公演一公演を突き詰めてやっていくと、66公演はそうすぐには終わらなかったです(笑)。漠然とやってるだけならもしかしたらあっという間に終わっていたのかも。でも、一公演ごとに突き詰めてやっていた分、すごく長かったですね。

財木:ほんとうに長かったです。

古田:公演を終えて、帰って来て休んで、次の場所へ。どこにいるのか分からなくなってたときも(笑)。

財木:「今どこにいるんだろ」って?(笑)。確かにそうかもね。公演が長かったぶん、習慣になっていたので、公演が終わる実感がなかった。まだ公演をやりそうな感じがする…。

古田:やらないけどね!(笑)

財木:でも、そういうことを千秋楽にちょっと考えましたね。といっても千秋楽は思い残すことなく終えることができたと思います。


――台湾、香港と海外公演も経験されましたが、海外の観客の反応はいかがでしたか?

古田:「なんでそこで笑うんだろう?」と思うことがありました。どうやら翻訳したときに面白かった字幕があったらしくて、それで笑っていたりとか。

財木:「黄金(ゴールデン)ペア」がなんだったっけ?

古田:黄金組合! だからか、日本だと笑いが起きないシーンでも笑いが起きたりしてた。

――海外にも『テニスの王子様』の熱狂的なファンがいるんですね。

古田:すごいですよ。

財木:海外でも『テニスの王子様』のコミックやアニメが人気だから、女性だけじゃなく、男性も多かったよね。

古田:多かった!

財木:公演後のお見送りのとき、僕が演じる手塚の写真を持って手を振ってくれる男性もいたし。日本で公演したときとはまた違った反応だったのも新鮮でした。

――これまでの公演、特に昨年まで上演されていた、2ndシーズンの公演は実際にご覧になっていると思います。初演から10年を超えたこの大人気ミュージカルに自分が出演する、その心境はどうでしたか。

財木:オーディションに参加する前、一観客として会場で2ndシーズンのステージを観ていました。歌って、走って、踊って…舞台上でみんなが笑顔で演じているのを観て楽しんだんですけど、実際に演じてみると、これほどきキツいのかっていう(笑)。2ndのキャストの人たちは、キラキラした笑顔でキツさを感じさせずに、逆に観客に勇気と元気を与えてもらえた。それに続いて僕たちが立つというのが不思議な感じもしますが、僕らもお客さんにパワーを与えられるようになりたいなと。

――実際に舞台に立ってみていかがでしたか?

財木:最初に立ったのは、TOKYO DOME CITY HALLでした。お客さんに圧倒されたというか…。こっち側から見た景色は、こんな感じなんだっていう。

古田:公演が終わって最近時間ができたので、改めて、青学(せいがく)7代目の公演を観ているんですけど、2ndシーズンの試合のラリーシーンは面白いんです。打ち方とかも色々あって。僕たちも次の公演からラリーをさらに頑張りたいなって。

――それぞれ自分の役を演じるに当たって、歴代のキャストで参考にした人はいますか?

財木:小越勇輝さんでしょ? 超ファンじゃん(笑)。

古田:そうだけど…めっちゃ観てます(笑)。僕はこの人を参考にするってことではなく、自分が演じる役とは関係なくいいなと思ったこととか、作品全体の良いところを吸収しようと思って観てますね。

――舞台上には実際にボールはありませんよね。ボールの音に合わせて動くこととか、舞台上での動きは大変だと思うのですが。

古田:照明に合わせて打つことを意識すれば音に合う感じ。来た光に合わせて打つと、音に合うんですよ。

財木:でも稽古中は光がないからね。

古田:そう!劇場入りして初めて「テニミュ」のピンスポットを体験したよね。自分がラケットを振ったらそこから光が出て、っていうことを実際に体験したときは面白かった。


――古田さんは、最近7代目の公演を良く観ているということでしたが、その中でも一番好きな公演は?

古田:「青学vs比嘉」! 曲が好きですね。キーがヒートアップしていく、短い小節に音がどっと入っている感じが多いんです。ラップみたいな感じ。あと曲でいえば、「青学vs立海」の『執念の焔』も好きです。

財木:歌詞もいいよね。

古田:このままいくと比嘉のDVDも買いそうです。

――では、比嘉公演のなかで好きなキャラは?

古田:菊丸かわいかったなー。

財木:たしかに、菊丸のシーンいいよね!公演が始まる前までは、以前の公演を観るとそっちに寄っていっちゃうから、あまり観ないようほうがいいとアドバイスされてたんですけど、僕もこれから観ようかな。

――ちなみに個人的に好きなキャラクターはいますか?

財木:手塚はもちろん好きなんですけど、立海の丸井ブン太の必殺技が好きなんです。「妙技・綱渡り」とか、ボールがネット上であんな綱渡りしないですよ! カッコ良すぎでしょ、って。

古田:「テニミュ」観て好きになったキャラクターは、はじめ立海の部長・幸村精市はそこまで自分のなかでは意識してなかったんですけど、神永圭佑さんの幸村を観て、最近すごく好きになった。幸村かっこいい!

――これまでの公演を観て、自分の演技に取り入れたいと思った要素、逆に自分のオリジナリティとして変えたい部分はありましたか?

財木:まずは自分のキャラクターを作り上げたい。ヒントとして、ベンチの姿だとか、かっこいいなっていうフォームを真似したいと思うことはありますけど、自分は自分なりの、「3rdシーズンの手塚はこうだ」っていうふうにしていきたいんです。

――では、自分の演技のここを見てほしいとかありますか?

財木:まだ特に、不動峰公演でここを観てほしいっていうところはあげ辛いんですが、けっこうバックフォームは練習しました。バックフォームの止まっているところは、自分では好きです(笑)。観てほしいとかではなく、自分が好きなところですね。

古田:観てほしいところは、移動を全力で走るところ。短い移動でも全力で走ろうと思ってて、その移動の全力加減をぜひ観てほしいです。

財木:一紀の走り方はかわいいんですよ。

古田:人の3倍くらい歩幅が狭いんですね。だから3倍足を動かすんです。

財木:それが超一生懸命に見える。

古田:でもほんと超疲れるから。だって一歩を三歩だよ!


次ページでは、お互いのキャラクターについて、また、メンバーとのチームワークのため心がけていたことを語っていただきました。

(文/金本美代)

『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs不動峰

作品情報『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs不動峰

3rdシーズン始動!新たなキャストで、テニミュの新たな挑戦がはじまる!

  • 公演:
  • キャスト:古田一紀、石田隼、財木琢磨、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP