HEADLINE

インタビュー

ミュージカル『サンセット大通り』平方元基×柿澤勇人×水田航生にインタビュー! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年に日本で初演された、ミュージカル『サンセット大通り』が今夏待望の再演。作曲は、『キャッツ』『オペラ座の怪人』などの大ヒットミュージカルを生み出してきたアンドリュー・ロイド=ウェバー。1995年トニー賞最優秀作品賞を獲得したほか7部門を受賞した作品だ。

ハリウッドのサンセット大通りに面した豪邸を舞台に、かつての栄光を忘れられない大女優ノーマの妄執、ハリウッドの光と影を描いている本作で、売れない脚本家・ジョーをダブルキャストで演じるのは平方元基柿澤勇人、ジョーの親友・アーティを演じるのは水田航生。2年ぶりの共演となる三人に、作品の印象、演じるキャラクターについて話を聴いた。

関連記事:エンタステージをご覧の皆様にビデオレターをお届け!【動画】『サンセット大通り』平方元基×柿澤勇人×水田航生からメッセージ

『サンセット大通り』平方元基、柿澤勇人、水田航生
平方元基、柿澤勇人、水田航生

――まずは、出演が決まった時の感想から聞かせてください。

平方:「やったー!」というのと、「不安だー」というのがありました。やりがいのある役だなと思ったけど、その分大変だな、と。

柿澤:舞台は観たことがないんですけど、映画は見ていました。映画版のジョーってマッチョだし、胸毛ボーボーだし(笑)、海外でもヒュー・ジャックマンがやっていたから、貫禄のある役者がやる役じゃないかって勝手に思っていて。今回、ノーマは安蘭さんとめぐさん(濱田めぐみ)ですし、その二人とだったら面白くなると思いました。曲もすごく難しいですけど、これをクリアするためには稽古を積んで努力する。またひとつ歌の表現が成長できるチャンスだと思っています。

水田:出演が決まってから初演のDVDを見ました。いろんな演劇賞をとった作品に出られることは光栄なことだと。また、こうやって二人と共演出来ることが楽しみですし。もう2年前?

平方:そんな前だっけ?
(三人は2013年のミュージカル『ロミオ&ジュリエット』(『ロミジュリ』)で共演)

柿澤:そうだよ。ちょうどコレをやる頃に2年になるよ。

平方:こわっ!(笑)

水田:(笑)またこうして二人と一緒の舞台で、それもまた親友役で共演できるなんて。すごく楽しみ、っていうのが最初に思ったことですね。

――水田さんのお話にもありましたが、平方さん、柿澤さんは、2年ぶりに同じ舞台で3人が顔を会わせることについてはどう思われました?

平方:心強いですよ。稽古場って生々しい場所でしょ。戦わなきゃいけない。かっこなんかつけられないんです。それをすでに共有したみんながいてくれるだけでも、ひとつ前に進んだところから稽古場に入れる。稽古場って、最初は、距離のとり方を考えちゃう。すでに共演した人がいると、カンパニーの人たちと作っていく感覚がどんなものかとか余計なことを考えなくてもいいし。何かあった時にも相談出来るし、心強いですよ。

柿澤:そう。元基が言ったように、頼りになるっていうか。僕は安蘭さんとも、めぐさんとも共演させていただいているから安心。稽古場の雰囲気ってほんとうに稽古場によって違うよね。雰囲気が良ければもちろん稽古も気持ちよく進むし、それは本番にも反映されると思う。そういう意味ではいろんなものを『ロミジュリ』で見せ合って、お互いのいいところ、弱いところがなんとなく分かっているから。いろいろ相談したいなって思う。

――前回の共演以降は、お互いの出演作を観に行くなどの交流は続けていたんですか?

柿澤:出演舞台全部は観ていないですけど、観に行ってますよ。プライベートで飲み屋で会ったりとか、一緒に飲むこともあるし。元基とは家も近かったりするから、ひょんなとこで会ったりね(笑)。

平方:そうそう(笑)。テレビ見て「あ、出てる」ってことも。いちいち相手に言わないですけど、なんか嬉しいですよね。自分も頑張んなきゃって思う。

『サンセット大通り』平方元基

――本作は、もともとの映画も名作として知られています。ミュージカル版の見どころはどこにあると思いますか?

平方:なんか、「人ごとじゃないぜ」って思った。観た人みんなの深いところを突くんじゃないかと思う。遠い世界の話のようだけど、実はあなたの人生のなかにもあることでしょ、って感じ。この作品で描かれているのは特別なことではないんだよって。楽しくなるようなミュージカルというよりも、迫ってくるんじゃないですかね、自分に。人には言えない秘密など、抱えてれば抱えているほど迫ってくる。秘密がない人はいないと思うから、観たみなさんは何かしらを突きつけられると思います。

柿澤:ひとつはアンドリュー・ロイド=ウェバーの音楽の強さがあること。一方でその強い音楽に負けないくらいの人間ドラマというか、ストーリーがある。バックステージものなので、僕たちの近い話で人ごとじゃないというか(笑)。近くに「こういうヤツいるぞ」ってわりと身近に感じることができると思うので、そういう意味ではリアルに見せられるんじゃないかなと。

水田:ミュージカルなんだけど、ストレートプレイとして芝居も楽しめる作品なんだなって思いましたね。それプラス、セットのひとつひとつのディテールだったりとか、衣装とか、細部まで作品の世界観が統一されているのも魅力なんじゃないかなと思いますね。

――そんな作品のなかで、平方さん、柿澤さんがは脚本家のジョーを演じます。現段階でのジョーという人のイメージを教えてください。

平方:台本を読んだ印象だと、ハリウッドとかサンセット大通りは関係なく、彼はただそこにいるだけの人のような気がしますね。彼は流されてる人。ノーマに出会って、そこから流れる方向が変わったのか、スピードが変わったのか分からないけど、もともと流されてる人なんだろうな、って。あと、好奇心で自分を見失ってしまうパターンの人ですよね。そこ、僕と似てると思う(笑)

柿澤:僕は、ジョーのアウトラインとしては、好奇心旺盛で、あらゆる経験を自分の本に反映させたいと思っている人。経験したことのないことをやってみたいという欲求がある。新しい人との出会いも、新しい経験で。それが今回のノーマなんですよね。この出会いによって人生が転がっていくわけですけど。なんだかすごく人間臭い感じがしますね。急に5つ星の生活を手に入れたけど、自分で勝ち得たものではないことも分かっていて。けど手放せない。そこもすごく人間的というか。元基が言ったように、自分からアクションを起こしたわけではなく、わりと周りの環境が変わって自分も変わっていく、それが魅力というか。アーティもノーマも、マックスも、一本芯が通っている気がするんです。何かしら自分の目的がしっかりしてる。でもジョーに限っては、目的はあるにはあるんですけど、それがたまに消えたり、かすんで見えたり、感情が揺れているかなっていう印象がありますね。

『サンセット大通り』柿澤勇人

――そして水田さん演じるアーティは、ジョーの親友のハリウッド映画の助監督です。

水田:平たく言えば、友人に彼女のベティを取られる人(笑)。

平方:ジョーはベティに、アーティの元へ戻れっていうんだよ、ね(柿澤に同意を求める)。

柿澤:そうそう。

水田:(笑)まだ役作りをしてるわけではないですけど、ジョーとアーティを比べたら、“陰と陽”じゃないですけど、それくらいパキッと分かりやすく見えたほうがベティの心の動きもお客さんがリアルに感じることができるのかも・・・って思いますね。彼が登場するシーンはそれほど多くないので、ポイントポイントで出てくるアーティはそんな存在でいた方がいいのかな、と。完璧過ぎる男より、何か欠陥がある男のほうが好きだったりするんですよね、女性って。魅力を感じるというか。それに対比する典型的な男をイメージしています。陽気なシーンにしか出てこないので。わりとそういう・・・普段から飲み明かそうかな(笑)

平方:誘ってください(笑)

――ダブルキャストというのは、互いの演技は気になるものですか?

平方:気にならないですね。相手が演じているのを見て、「いいな、ちょっとやってみようかな」と思うこともあるけど、それが自分にハマるかどうかは分からないから。

柿澤:そう。もちろん決められた演出で同じ動きはあったりしますけど、例えば、「もっと悩んで」って言われたときに、僕が悩むのと元基が悩むのは確実に違う価値観から生まれるから、その時点から違うんですよね。だから動きが一緒でも見え方が違うというか。だからあんまり意識しない。

平方:どれだけ同じように読んだとしても、体格や声が違う時点で違うわけだしね。僕は単純に、同じ公演で同じ役をやる人がいるのを楽しんでいます。

柿澤:稽古ですごく悩んでいたんだけど、あるときパカッ!て割れたような瞬間を見ることがあるんだよね。何かを見つけた感じ。そういうときは、「わ、いいな!」って思うし、それがすごい刺激になる。「やべ、俺そこまで行けてねぇ〜」っていうことがあったりするので。良い意味でダブルキャストは刺激し合いながらやれると思います。

――水田さんはそんな二人のジョーと共演するわけですが。

水田:二人の瞬間瞬間の演技に、ちゃんと対応できるように、演技を固めすぎず柔軟にしておきたいですね。もともと舞台は毎回変わるものだから、そういうふうに心がけているんですけど、今回は特に、元基くんのジョー、カッキーのジョーと、その場その場で感じることを受けていきたいと思います。

『サンセット大通り』水田航生

ーー最後に、これからの稽古、本番に向けて、自分以外の二人に期待しているところ、ここが見どころ、っていうところを教えてください!
平方:ジョーはね、唯一アーティを心のよりどころじゃないけど、人の良さと明るさとハッピーなところがあるから彼に会いにいっちゃうと思うんです。誰もが「あいつはすごくいいヤツ」って言う、航生の良さが存分に出ると思います。僕たちが普段ふざけている雰囲気も出ると思いますね。カッキーは、本当に魅力的じゃないですか。なんだろう? 距離感がね・・・なんだか“もやの中の人”みたいなんだよね(笑)。

水田:実像がはっきりしてない(笑)。

平方:もやもやっとしてるところとかは、すごくジョーと合ってるイメージ。この間、『デスノート The Musical』観て、僕、感激しましたもん! 観劇後すぐ携帯に「超感激した。マジありがとう」ってメールした。軽い内容だけど(笑)。でもほんとにね、カッキーも航生もぴったりだと思う。二人をイメージして台本を読んだら、すごく面白かったから。期待していてください。

柿澤:さっきの元基じゃないけど、航生は、共通の知り合いから「いいやつだからよろしくね」って言われてたんだけど、その通りだった。役者としても役者魂というか、根性がすごいなって思った。『ロミジュリ』の時も親友役だったけど、また全然違う作品で親友をやるのはすごく楽しみ。で、元基はわりと僕と似ているような気がしてます。こうしていますけど、人見知りだったり・・・。

平方:バラすなよ(笑)。

柿澤:口では「めんどくさい」とか言うんだけど、やるときはマジでやる。そういうとことかすごく分かるから、そんな元基と一緒の役をやるというのは楽しみですね。この役を一緒にやるのが元基で良かったと思いますね。楽しみです。

水田:僕は、魅力・・・二人とも魅力的ですよ(笑)。

平方・柿澤:なんだかなー(笑)。

水田:まずそれを言おうと思っていたんです(笑)。二人とも真面目で熱いんだけど、それを見せないよね。『ロミジュリ』で共演して思ったのは、元基くんは・・・僕、元基くんの行動はツボなんですよ(笑)。すごく楽しい人。だけどやる時にはやるし、分からないことは妥協せずに追求する人です。カッキーは本当にストイック。自分の意見をしっかり持っていて。『ロミジュリ』の演出の小池(修一郎)さんにも立ち向かっていく姿を見て…。

平方:懐かしいね! あったあった(笑)

水田:それを見てたので(笑)、この人はちょっと違う。面白いって。

平方:ついていこう、って思ったよね。(笑)。

水田:自分が納得できないところは、相手が演出家であってもとことん譲らないところがすごかった。二人は確かに似ているところがあるけど、俺の中ではけっこう違うイメージ。だから、2年ぶりに二人がダブルキャストで、その友人役として対峙してやれるのは今からすごく楽しみです。


◇平方元基(ひらかた・げんき)プロフィール
1985年12月1日、福岡県出身。2008年ドラマデビュー。2010年に初舞台『ヘルプマン』で主演を務め、以降舞台を中心に活躍。主な出演作に、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『エリザベート』『レディ・ベス』『アリス・イン・ワンダーランド』など。8月28日より東京・新国立劇場にて「ブロードウェイ・ミュージカルライブ2015」、11月3日より東京・帝国劇場にてミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』に出演。写真集「N.Y.」が発売中。

◇柿澤勇人(かきざわ・はやと)プロフィール◇
1987年10月12日、神奈川県出身。2007年、劇団四季『ジーザス・クライスト=スーパースター』でデビュー。2009年に退団し、舞台のほかドラマ、映画など活躍の場を広げる。主な出演作に、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『スリル・ミー』『海辺のカフカ』ドラマ『軍師官兵衛』『新・刑事吉永誠一』映画『カイジ2』『クローズEXLODE』。現在、『デスノート The Musical』で主演・夜神月をダブルキャストで出演中。

◇水田航生(みずた・こうき)プロフィール◇
1990年12月20日、大阪府出身。『ロミオ&ジュリエット』『オーシャンズ11』などの大作ミュージカルや、『金閣寺』『マーキュリー・ファー』といったストレートプレイの作品など数多く出演。2013年には韓国ドラマ『となりの美男<イケメン>』にレギュラー出演したことも話題に。ドラマ『さよなら私』(NHK)、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』など映像作品でも活躍の場を見せている。

『サンセット大通り』

◇ミュージカル『サンセット大通り』あらすじ
ハリウッドのサンセット大通りに面するある邸宅のプールに、若い男の死体が浮かんだ―−。
売れない脚本家ジョー・ギリスは、借金取りに追われ、荒れ果てた不景気な豪邸に逃げ込む。そこにはかつて一世を風靡した大女優ノーマ・デズモンドと執事マックスが過去の栄光とともに生きていた。ジョーが脚本家と知ったノーマは、自分の主演映画のシナリオを住み込みで書くように命じるのだった。
その依頼を引き受けたジョーだったが、同じ志を持つ脚本家ベティ・シェーファーと恋に落ち、次第に仕事のみならず私生活も束縛するノーマに嫌気がさし始める。
そして大晦日の晩、仲間との新年パーティに出席していたジョーのもとへ、「ノーマが手首を切った」と電話が入る…。

<スケジュール>
【東京公演】2015年7月4日(土)~7月20日(月・祝) 赤坂ACTシアター
【名古屋公演】2015年7月25、26日(土・日) 愛知県芸術劇場大ホール
【大阪公演】2015年7月31日(金)~8月2日(日) シアターBRAVA!

<作曲>
アンドリュー・ロイド=ウェバー
<作詞・脚本>
ドン・ブラック、クリストファー・ハンプトン
(1950年公開映画『サンセット大通り』より)
<演出>
鈴木裕美
<出演>
安蘭けい・濱田めぐみ(Wキャスト)
平方元基・柿澤勇人(Wキャスト)
鈴木綜馬/水田航生、戸井勝海、浜畑賢吉ほか

  • 1

(文/金本美代)

サンセット大通り

作品情報サンセット大通り

ハリウッドの光と闇を描いた内幕物の決定版!

  • 公演:
  • キャスト:安蘭けい、濱田めぐみ、平方元基、柿澤勇人、鈴木綜馬、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP