HEADLINE

作品データベース

新国立劇場バレエ団「白鳥の湖」 (2018年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新国立劇場バレエ団「白鳥の湖」

バレエの究極美を日本最高峰のバレエ団で

ジークフリード王子の城では、王子の誕生日が祝われている。王子の母、この国の王妃が登場、成人したのだから、明日の舞踏会で妻を選ぶよう告げる。「結婚か...」現実を突きつけられ、物憂い気持ちの王子は、気晴らしにと弓を手に森に向かう。

湖のほとりで王子が見たのは、信じられない光景だった。一羽の白鳥が美しい女性に姿を変えたのだ。悪魔にさらわれたオデットは、夜の間だけ人間の姿に戻ることができる。清楚なオデットを愛するようになった王子は、愛を誓い、舞踏会に彼女を招く。

翌日の舞踏会。各国から花嫁候補の姫が招かれているが、王子の心は動かない。新たなゲストの到着が告げられる。父親に連れられたオディールと名乗る女性は、オデットに瓜二つだが、彼女とは異なる妖艶な魅力を振りまき王子を翻弄。窓の外には悲し気なオデットの姿があるが、王子は気が付かぬまま、オディールを妻にすると宣言してしまう。王子を陥れるためにやってきた悪魔の娘の本性を現すオディール。

湖のほとり、オデットのおつきの白鳥の娘たちがその帰りを待っていると、涙に濡れたオデットが戻ってくる。王子が愛の誓いを破ったため、もう人間には戻れない。深い絶望が広がる。駆け付けた王子は自分の過ちを心から詫び、オデットは王子を許す。試練を経て強く結ばれた真実の愛は、悪魔に打ち勝った。朝日の中、オデットは、王子にそっと寄り添う。

新国立劇場バレエ団「白鳥の湖」 詳細情報

主催
  • 新国立劇場
公演
劇場
  • 新国立劇場オペラパレス
キャスト
スタッフ

『新国立劇場バレエ団「白鳥の湖」 』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP