エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇 (2018年)

008328.jpg

パパ、私のせいなの? あの瞬間、あなたは何を思っていたの?

父が自殺した時と同じ年齢43歳になったアリソンは回想する。父はなぜ死んだのか?レズビアンだとカミングアウトした私にその原因があったのではないか?葬儀屋(FUNERAL HOME)を営むある家族の楽しかった日常に深く沈む真実を描き、高い評価を得たアリソン・ベクダルの自伝的なグラフィックノベルをもとに、軽快でどこか懐かしいメロディと、三つの時代を行き来する重層的な作劇と休憩なしの一幕物で観るものを一気にその世界に引き込み、2015年トニー賞(R)ミュージカル作品賞を含む主要5部門(脚本賞・オリジナル楽曲賞・主演男優賞・演出賞)を獲得した最新ブロードウェイミュージカル。娘にとって、最も近くて遠い存在「父」の死の理由を探す旅は、普遍的で心に突き刺さる、現代に生きる私たち自身の物語だ。

詳細情報

主催
  • 東宝
公演期間
劇場
  • シアタークリエ
  • 兵庫県立芸術劇場阪急中ホール
  • 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
キャスト
スタッフ
公式サイト 『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る