エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

24番地の桜の園 (2017年)

007700.jpg

チェーホフ最高傑作にして最期の戯曲が、串田版「桜の園」として生まれ変わる!

<原作「桜の園」あらすじ>
20世紀初頭のロシア。“桜の園”と呼ばれる領地。地主であるラネーフスカヤが娘・アーニャとともにパリから5年ぶりに帰国した。待ち受ける兄のガーエフ、養女のワーリャは再会を喜ぶが、一家の財産は尽き、地所の“桜の園”は売却を迫られていた。一家につかえてきた農奴の家の出であるロパーヒンは、今は若き商人として頭角を現している。“桜の園”の売却を避けるべく、ロパーヒンは別荘地として貸し出す事を提案するが、ラネーフスカヤとガーエフは現実を直視しようとしない。娘のアーニャは、亡き弟の家庭教師であったトロフィーモフと未来を語り合う。ワーリャとロパーヒンは以前から互いに思い合っているが、どちらからも歩み寄れないままでいる。“桜の園”が競売にかけられる当日にも舞踏会を開いているラネーフスカヤ。競売の行方に気もそぞろの夫人に、駆け戻ったロパーヒンが“桜の園”を競り落としたのは自分だと告げる――。

詳細情報

主催
  • Bunkamura
  • 日本テレビ
公演期間
劇場
  • Bunkamuraシアターコクーン
  • まつもと市民芸術館
  • 森ノ宮ピロティホール
キャスト
スタッフ
公式サイト 『24番地の桜の園』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る