エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

誰か席に着いて (2017年)

007608.jpg

芸術と我欲の間をせわしなく往復する男女の喜劇

芸術家の活動を支援する小原芸術文化財団。その創設者の孫娘の織江と夫の哲朗、織江の妹の珠子と夫の奏平が、助成対象者を決める選考会に集まる。活発な議論をしつつも、4人はそれぞれ別の問題で頭がいっぱい。シナリオライターである織江は、奏平が気まぐれに書いた脚本を「盗用」している。その奏平は財団の資金を使い込んでいる。哲朗はかつて関係を持った珠子との復縁を願っている。その珠子は姉に対する罪悪感に苦しみつつ、育児によって休止せざるをえなくなったダンサーとしての立場に不安を覚え、自らを助成対象者の枠にねじ込みたい。問題解決のためにたびたび中座する4人。誰かが戻ると誰かが立つ。一向に決まらない「有望なアーティスト」の物語。

詳細情報

公演期間
劇場
  • シアタークリエ
  • サンケイホールブリーゼ
  • 久留米シティプラザ
  • はつかいち文化ホール
  • ほか
キャスト
スタッフ
公式サイト 『誰か席に着いて』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る