HEADLINE

作品データベース

ミュージカル『マリアと緑のプリンセス』(再演) (2017年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミュージカル『マリアと緑のプリンセス』(再演)

さまざまの“いのち”が万華鏡のようにきらめく、感動のミュージカル

緑の星に春が来た。美しい大自然。春の風が、木々の梢に新芽を芽吹かせ、色とりどりの花を咲かせる。新しい「いのち」の息吹─。ここは平和で美しい理想郷である。緑の星の王女さま、プリンセスとその仲間たち、アースリーフとライトリーフ、ハニーとモル、そしてたくさんの緑の星の妖精たちは春の訪れに心躍らせていた。

プリンセスには夢があった。はるか彼方の青い星、地球に行って、ある女の子と友だちになること。プリンセスは幼い頃から、地球に住んでるらしい一人の女の子、マリアの声が心に聞こえるのだった。遠く離れていても、心がつながっているプリンセスとマリア─。地球のある町。マリアは病弱な母、ケイトと二人、慎ましくも幸せに暮らしていた。女優になるという夢を持つマリアは、マシューが経営する『劇団ボアベール』で、演出家・ビリーの指導のもと日々レッスンに励んでいる。マリアとソフィーは劇団の中心的存在で、秋の公演の主役を目指しお互いライバルとして火花を散らし合っている。マリアは、以前から心の中の語り相手として、いつもプリンセスに悩みごとなどを打ち明けていた。そのマリアの心の声が、遠い緑の星のプリンセスに届いていたのだった。夢を追いかけたい熱い気持ちとそれにブレーキをかける気持ち。かつて抱いた夢とつらい過去の記憶。そして、娘の未来を思う母…さまざまな想いが日常の生活の中で交錯する。

ボアベールでは秋の公演の配役オーディションに向け、いよいよレッスンにも熱が帯びてきたある日、ケイトが急病に倒れ、入院することになった。母の病や劇団内でのソフィーとの確執にだんだんと心が折れていくマリア。そんなマリアの心の叫びがプリンセスに届く。プリンセスはマリアに会うため、はるか遠い地球へと旅立って行く─。いつも心の中で声を聞いていたマリアと出会うことができたプリンセスは、マリアを緑の星へと誘うのだった。プリンセスや緑の星の妖精たちによって次第にマリアの心は癒されていく。

一方、ボアベールではビリーがマリアとソフィーの仲を心配し、昔のような仲の良い友だちに戻るよう諭すのだった。実は、ビリーには海兵隊員時代、かけがえのない親友を戦争によって喪うというつらい過去があった。大切な友をなくした喪失感を経験したからこそ、友情の、友の大切さを劇団員たちに伝えたかったのだ。そして、いよいよ秋の公演に向けて配役オーディションが始まる。主役の座を射止めるのは、果たして…。

© 2015 STAGEDOOR All Rights Reserved.

ミュージカル『マリアと緑のプリンセス』(再演) 詳細情報

主催
  • ステージドア
  • ぴあ
  • 全労災ホール/スペースゼロ
  • キョードー大阪
  • tvk
公演
劇場
  • 全労済ホール/スペースゼロ
  • サンケイホールブリーゼ
  • KAAT神奈川芸術劇場
キャスト
スタッフ

『ミュージカル『マリアと緑のプリンセス』(再演)』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP