HEADLINE

作品データベース

ピースピット「グランギニョル」 (2017年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピースピット「グランギニョル」

貴族の、貴族による、貴族のための、残酷劇

特権階級である貴族家系の家督者であり、吸血種の統治機関《血盟議会》の若手議員でもあるダリ・デリコ。ダリはある日、血盟議会より停職処分を受ける。血盟議会が実施した異教団殲滅作戦の際に、保護されたスーという《人間の女》が身籠った赤子が、ダリの子であるという疑惑が議会にリークされたからだ。もしそのことが明るみとなれば、それは吸血種と人間種の間で締結された《不可侵条約》に違反する行為であり、将来を嘱望されていたダリの失脚に繋がりかねなかった。だが、停職中であるはずのダリは、上司ヨハネスよりある事件を秘密裏に捜査することを命じられる。それは、各地で発生していた、吸血種の少年少女たち失踪事件の真相を究明するものであった。ダリは、補佐官に任命された下級議員マルコと、合同捜査官として派遣されたヴァンパイアハンター歌麿と春林らと捜査チームを結成し、事件を追うこととなる。事件を追う中で、《黒薔薇館》という社交倶楽部が捜査線上に浮かびあがる。その黒薔薇館を主催していたのはダリの同期議員であるゲルハルトであった。またダリたちはその社交倶楽部で、不老不死を研究するバルラハという男と、興行師を名乗るダミアンという人物の姿を発見する。ダミアンは、歌麿と春林が長年追っている、多くの猟奇的な事件の重要参考人とされる吸血種だった。またバルラハの傍には、アンリ、キキ、オズという三人の吸血種の少年少女たちが付き従っていた。三人は、失踪者リストに掲載されている吸血種たちであった。
一方、教団の残党から命を狙われるスーは、デリコ邸に匿われていた。だが、人間である彼女は屋敷の使用人たちから嫌悪され、不遇の扱いを受ける。その彼女を庇ったのは、ダリの妻であるフリーダであった。スーとフリーダは、次第に心を通わせていく。しかし、スーを身籠らせたダリのスクープを追う新聞記者がデリコ邸の周囲を嗅ぎまわっていた。混迷する人間関係、血盟議会という巨大組織との対峙、陰謀渦巻く黒薔薇館、そして吸血種の間で伝承される原初の吸血種《TRUMP》の不死伝説──事件を解き明かした先で、ダリがたどりつく真実とは?

ピースピット「グランギニョル」 詳細情報

主催
  • ワタナベエンターテインメント
公演
劇場
  • サンシャイン劇場
  • 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
キャスト
スタッフ

『ピースピット「グランギニョル」』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP