エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

イヌの仇討 (2017年)

007082.jpg

討ち入りから三百五十年、歴史の死角の中で眠っていた物語が甦る

時は元禄十五年(一七〇二) 十二月十五日の七ツ時分(午前四時頃)。
有明の月も凍る寒空を、裂帛の気合、不気味な悲鳴、そして刃に刃のぶつかる鋭い金属音が駆け抜ける。大石内蔵助以下赤穂の家来衆が、ついに吉良邸内に打ち入った。狙う仇はただ一人。「吉良上野介義央」ところが、やっとの思いでたどりついた上野介の御寝屋は蛻の殻だった。上野介は、御勝手台所の炭小屋に逃げ込んでいた。赤穂の家来衆が邸内を二時間にわたって、三度も家探しをしていた間、身を潜めていたというあの物置で、彼らの心に何が起こったのか。果たしてどんな事実があったのだろうか。

詳細情報

主催
  • こまつ座
公演期間
劇場
  • 紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMATA
キャスト
スタッフ
公式サイト 『イヌの仇討』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る