HEADLINE

作品データベース

劇団鹿殺し『電車は血で走る』『無休電車』 (2017年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
劇団鹿殺し『電車は血で走る』『無休電車』

2017年、劇団鹿殺し唯一の本公演として電車二部作を同時上演

『電車は血で走る』
舞台は大阪。ヒロは幼なじみの鹿野たけしと共に鹿野工務店で働きながら仕事仲間と歌劇団を結成し、自作のロック歌劇を上演。いつか世間に認められることを夢見て活動を続けている。
ある日、不慮の事故により工務店の社長が急死し、状況は一変。舞台ができなくなったヒロたちの前に現れたのは、子供の頃の友人・鉄彦。電車が大好きだったこの少女は、なぜか20年前と同じ姿であった。 鉄彦の出現により、ヒロとたけしを取り囲む環境は、当たり前の日常から大きく変わり始める─。自分の理想と才能の限界、現実の厳しさの中で立ち尽くす主人公たちに、 かつての自分の分身でもある鉄彦がまっすぐな力を与えてくれる。

『無休電車』
『電車は血で走る』から五年後を描いた作品。
地方で働く男たちの夢と現実、そして、再起の物語。
僕らは走っていた。陽の沈む前に辿り着きたかった。
霞む先、消えたアイツが笑ってる。電車は音を鳴らして泣いていた。
楽隊が奏でる電車の音楽が、円形劇場に帰ってくる。

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP