HEADLINE

作品データベース

木ノ下歌舞伎『東海道四谷怪談―通し上演―』 (2017年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
木ノ下歌舞伎『東海道四谷怪談―通し上演―』

木ノ下歌舞伎の原点にして最新形、「東海道四谷怪談」の決定版!

江戸時代。当時隆盛の高野家に刃向かったことで、塩冶家はお取り潰しとなっていた。塩冶浪人・民谷伊右衛門は、その素行の悪さゆえ、妻・お岩を実家に引き取られてしまう。伊右衛門はお岩の父・四谷左門に復縁を求めるが、あえなく拒まれるのだった。
策を講じ、ようやくお岩を取り返した伊右衛門だったが、そこに高野家家臣・伊藤喜兵衛の計略が迫る。孫・お梅が伊右衛門を慕っていると知った喜兵衛は、ある条件でお梅との結婚を求めてきたのだった。
一方、お岩の妹・お袖そでは、塩冶浪人・直助権兵衛と暮らしていた。お袖には、同じく塩冶浪人の佐藤与茂七という許婚がいたが、何者かの手で殺されてしまったのだ。その敵討ちのため、お袖は直助と生活する道を選んだのである。ところがある日、死んだはずの与茂七が二人の家を訪れて・・・。

木ノ下歌舞伎『東海道四谷怪談―通し上演―』 詳細情報

主催
  • 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター
  • 木ノ下歌舞伎
公演
劇場
  • 京都芸術劇場 春秋座
  • あうるすぽっと
キャスト
スタッフ

『木ノ下歌舞伎『東海道四谷怪談―通し上演―』』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP