HEADLINE

作品データベース

ミュージカル・コメディ「キス・ミー・ケイト」 (2017年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミュージカル・コメディ「キス・ミー・ケイト」

舞台と舞台裏を交互に見せるバック・ステ―ジ・ミュ―ジカル

ボルティモアの劇場、『じゃじゃ馬ならし』の初日。脚本・演出・主演・プロデューサーのフレッド(松平健)は大忙し。抜釘したロイス(水夏希)に気があるし、相手役の「元妻」リリ―(一路真輝)ともいい雰囲気・・・。やがてひとつの花束が、大騒動を巻き起こす。

ロイスの恋人ビル(平方元基)は、今日もギャンブルで大負け、フレッドの名前を使い借用書にサインする。やがて借金の取り立てに、ギャング(太川陽介・杉山英司)が楽屋にご来場。

開幕。(リリ―演じる)キャタリ―ナはじゃじゃ馬娘、(ロイス演じる)妹ビアンカを先に結婚させることはできず、父親は大弱り。そこへ(フレッド演じる)ベトル―チオが、持参金つきならOKと、じゃじゃ馬ならしに名乗りを上げた…。

舞台裏でアクシデント!リリ―は激怒し「今カレ」のハウエル将軍(川崎麻世)まで登場。あわや公演中止か!機転を利かせたフレッドは、「公演できないと借金が払えなくなる・・・」とギャングを味方につけてしまう。波乱含みの『じゃじゃ馬ならし』、さてはて結末は・・・。

ミュージカル・コメディ「キス・ミー・ケイト」 詳細情報

主催
  • 映画演劇文化協会
公演
劇場
  • サンシティ越谷市民ホール 大ホール
  • 桐生市市民文化会館 シルクホール
  • まつもと市民芸術館 主ホール
  • 富山県民会館 大ホール
  • 東京エレクトロン韮崎文化ホール 大ホール
  • めぐろパーシモンホール 大ホール
  • 會津風雅堂 大ホール
  • 結城市民文化センターアクロス 大ホール
  • 刈谷市総合文化センターアイリス 大ホール
  • バロー文化ホール(多治見市文化会館) 大ホール
  • 御殿場市民会館 大ホール
  • 森町文化会館ミキホール 大ホール
  • 東京芸術劇場プレイハウス
  • 倉敷市芸文館
  • 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
キャスト
スタッフ

『ミュージカル・コメディ「キス・ミー・ケイト」』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP