エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

NAPPOS PRODUCE『スキップ』 (2017年)

006578.jpg

昨日という日があったらしい。明日という日があるらしい。だがわたしには、今がある―

昭和40年代の初め。一ノ瀬真理子は17歳で、県立高校の2年生。運動会が雨で中止になり、帰宅して、レコ―ドを聴きながら、ついうたた寝をしてしまう。次に目覚めた時、真理子は見知らぬ家の中にいた。

そこへ、同い年くらいの女の子が帰ってきて、真理子を「お母さん」と呼んだ・・・。そこは真理子の家だった。真理子は42歳で、苗字は桜木。職業は高校の国語教師で、夫と17歳の娘がいた。

うたた寝をしている間に、25年の月日が流れてしまったのだ。真理子は元の時代に戻れるまで、42歳の桜木真理子として生きていこうと決心する。

まずは教壇に立って、国語の授業をしなければならない・・・。

詳細情報

主催
  • NAPPOS UNITED
公演期間
劇場
  • サンシャイン劇場
キャスト
スタッフ
公式サイト 『NAPPOS PRODUCE『スキップ』』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る