HEADLINE

作品データベース

NODA・MAP第21回公演『足跡姫』~時代錯誤冬幽霊~ (2017年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NODA・MAP第21回公演『足跡姫』~時代錯誤冬幽霊~

NODA・MAP新作は中村勘三郎へのオマージュ

舞台は、江戸時代です。
作品は、中村勘三郎へのオマージュです。彼から、最後の病床で「俺が治ったら、この姿(医療器具でがんじがらめの彼の姿)を舞台にしてよ」と言われた。それを、彼の遺言とも思ってないし、彼は冗談半分のつもりだったように思うのだけれども、ずっと気になっていた。今年の十二月五日で、彼が逝ってから、四年になります。「あの姿」を書こうとは思わないけれども、彼の葬式の時に、坂東三津五郎が弔辞で語ったコトバ、「肉体の芸術ってつらいね、死んだら何にも残らないんだものな」が、私の脳裏に残り続けています。その三津五郎も、後を追うように他界してしまいました。あれから「肉体を使う芸術、残ることのない形態の芸術」について、いつか書いてみたいと思い続けていました。
もちろん作品の中に、勘三郎や三津五郎が出てくるわけではありませんが、「肉体の芸術にささげた彼ら」のそばに、わずかな間ですが、いることができた人間として、その「思い」を作品にしてみようと思っています。
本来はオマージュなんていうのは、「しゃらくせえや」と思う方なんですが、こうして臆面もなく「勘三郎へのオマージュ」と書くことで、自分へのプレッシャーにもなるし、勘三郎の名前と「思い」が、少しでも長く人の心に残っていくための、私の本など微力だとは思いながらも、書かないよりはいいな・・・と、そんなわけで『足跡姫』です。

野田秀樹

NODA・MAP第21回公演『足跡姫』~時代錯誤冬幽霊~ 詳細情報

主催
  • 野田地図
公演
劇場
  • 東京芸術劇場プレイハウス
キャスト
スタッフ

『NODA・MAP第21回公演『足跡姫』~時代錯誤冬幽霊~』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP