エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

SOUND THEATRE×さよならソルシエ au revoir, Sorcier (2016年)

005602.jpg

画家と画商・・・ふたりの“ゴッホ”の伝記浪漫

19世紀末。パリでは品格ある「美」を追究したアカデミーの作品が芸術とされていた。

しかし、若く在りながら一流画商のテオドルス・ファン・ゴッホは、パリの芸術を内側から壊したいと、体制に抗っていた。若き自由な画家たちを集めて、世界を変えるべく動き出した。そこで自らが誰よりも認めた天才、そして実の兄でもあるフィンセント・ファン・ゴッホをパリへ呼び寄せる。同じ環境で育ちながらも真逆の性格である2人の兄弟。ぼんやりして大らかな性格の兄と、隙がなく感情を表に出さない弟。そんな兄弟の中には、いつしか確執が生まれ、矛盾した感情を見せ始める。天才である兄に嫉妬しながらも、作品を世に広めようと己の全てをかけ、衝撃的な結末へ、テオドルスは動き出した。

そして、20世紀初頭の現代。二つ仲良く並ぶ墓を、男たちは眺めている。墓に刻まれた兄弟の真実を語りながら・・・。

詳細情報

主催
  • サウンドシアター事務局
公演期間
劇場
  • 市川文化会館大ホール
キャスト
スタッフ
公式サイト 『SOUND THEATRE×さよならソルシエ au revoir, Sorcier』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る