HEADLINE

作品データベース

アマハラ (2016年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アマハラ

維新派、46年間の活動を締めくくる最後の公演。平城京跡地にて松本雄吉氏を偲ぶ―

2010年に、20世紀三部作のアジア篇として上演された『台湾の、灰色牛が背びをとき』を再構成した作品。日本とアジアの国々をつなぐ、島から島へ、島づたいに続く“海の道”を辿った人々を、史実を織り交ぜながら描く。丸太4000本を用い、アジアの群島を造形した初演時の劇場を経て、“廃船”イメージした劇場を草原の海に作り上げ、脚本や演出も新たに上演。

アマハラ 詳細情報

主催
  • 奈良市「東アジア文化都市2016奈良市」実行委員会
公演
スタッフ

『アマハラ』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP