HEADLINE

作品データベース

マハゴニー市の興亡 (2016年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マハゴニー市の興亡

白井晃が現代に蘇らせるブレヒト&ヴァイルの問題作に、魅力溢れる豪華キャストが集結

荒野の真ん中で一台のトラックが故障して動かなくなった。中には売春斡旋と詐欺の容疑で指名手配されている逃亡犯、べグビック(中尾ミエ)、ファッティ(古谷一行)、モーゼ(上條恒彦)が乗っていた。3人はトラックがもうこれ以上動かないと分かると、この地に「マハゴニー」という楽園の街を作り、やって来る男たちから金を巻き上げようとした。
アラスカで樵(きこり)をしていたジム(山本耕史)、ジャック、ビル、ジョーの4人の男たちは、貯めたお金を持ってマハゴニーへ行こうと旅支度をする。この先に待っている酒や女やギャンブルといった、素晴らしい世界を思い浮かべながら。
4人の樵たちがマハゴニーの港に着くと、べグビックが売春婦のジェニー(マルシア)と6人の女たちを連れてやってきた。べグビックは早速娘たちを売り込むが、しかし結局はジムがその売春婦ジェニーを買った。そして男たちはべグビックに連れられ、マハゴニーへ向かう・・・。

マハゴニー市の興亡 詳細情報

主催
  • KAAT神奈川芸術劇場
公演
劇場
  • KAAT神奈川芸術劇場<ホール>
キャスト
スタッフ

『マハゴニー市の興亡』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP