HEADLINE

作品データベース

わたしは真悟 (2016年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
わたしは真悟

奇跡は誰にでも一度おきる。 だが おきたことには誰も気がつかない―。

少年は“真鈴・マリン”(高畑充希)という少女に恋をした。真鈴もまた“悟・サトル”(門脇麦)という少年に恋をした。
違う学校に通う二人は、放課後に悟の父の働く工場に行き、作業用ロボットで一緒に遊んだ。ロボットには悟と真鈴のあらゆる情報が蓄積されていった。会えない時は、暗号のメッセージをロボットに残し、二人はロボットを通じて会話をした。悟と真鈴は幸せだった。しかし彼らは子どもで、無力だった。二人の一途な愛は大人たちによってひきさかれようとしていた。この愛を守るため、悟と真鈴は子供をつくろうと決意した。

その方法を尋ねられたロボットの答えは、「333ノテッペンカラトビウツレ」

二人は高さ333mの東京タワーから飛び降りることを決意した・・・。悟と真鈴におきた奇跡とは?そして“真悟・シンゴ”の正体とは?

マリン、ボクハイマモキミヲアイシテイマス
サトル、ワタシハイマモアナタガスキデス

わたしは真悟 詳細情報

主催
  • ホリプロ
公演
劇場
  • 新国立劇場 中劇場
  • KAAT神奈川芸術劇場
  • ほか
キャスト
スタッフ

『わたしは真悟』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP