エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

娼年 (2016年)

娼年

松坂桃李×高岡早紀で石田衣良の第126回直木賞候補作が待望の舞台化

森中領(松坂桃李)は、ごく普通のフリーター。毎日を無気力に送っていた。
ある日、友人の進也(米村亮太朗)が40代半ば綺麗な女性を連れてきた。御堂静香(高岡早紀)である。「女性なんてつまらない」という領に静香は“情熱の試験”を受けさせる。それは静香が経営するボーイズクラブ“クラブパッション”に入るための試験であった。最初こそ戸惑うが、領は娼夫の仕事にやりがいをみつけていく。それは、女性ひとりひとりのなかに隠されている原始的な欲望を見つけ、それを心の陰から実際の世界にひきだし実現していくこと。領と出会い、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していけるのだ。
領と静香は次第に惹れあっていく。静香に褒められたくてずっとこの仕事を頑張ってきたという領。
その思いを受け止めることを決めた静香であったが・・・。

詳細情報

主催
  • ホリプロ
公演期間
劇場
  • 東京芸術劇場プレイハウス
  • 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
  • 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
キャスト
スタッフ
公式サイト 『娼年』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る