HEADLINE

作品データベース

タクフェス第4回作品『歌姫』 (2016年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクフェス第4回作品『歌姫』

涙なくしては見られない珠玉のラブストーリー。 ヒロイン役は、舞台初挑戦の入山杏奈(AKB48)!

土佐の漁場町にひっそりと佇む映画館「オリオン座」。時代の流れには逆らえず、ついに迎えた閉館の日、小泉ひばりが東京から息子を連れて訪れる。そこで最後に上映されたのは、1960年代に作られた「歌姫」という作品であった。それは戦後のドサクサで記憶喪失になった男と彼を愛する女性の純愛物語・・・。この映画を最後に上映する事が、先月亡くなったこの映画館の持ち主、松中鈴の遺言であったという。
この作品には一体どんな意味があるのか?そしてひばりがこの映画を観に来た理由は・・・。
昭和30年代の真夏の高知の田舎で繰り広げられるアホなキャラ満載のセレソン版「ニュー・シネマ・パラダイス」!

タクフェス第4回作品『歌姫』 詳細情報

主催
  • ネルケプランニング
  • エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ
公演
劇場
  • 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
  • 名古屋・ウインクあいち
  • 札幌・道新ホール
  • 東京・サンシャイン劇場
  • 福岡・キャナルシティ劇場
  • 仙台・電力ホール
  • りゅーとぴあ 劇場
キャスト
スタッフ

『タクフェス第4回作品『歌姫』』公式ホームページ

RELATED TOPICS

関連記事

OUR RECOMMENDATION

この作品をみた人はこんな作品もみています

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

HOT ENTRY

注目の作品

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP