エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

令嬢と召使 (2016年)

令嬢と召使

ストリンドベリ作の本作を一色隆司(NHKエンタープライズ)が演出。雛形あきこ・渡部豪太によるラブバトルをご堪能あれ!

スウェーデン人作家アウグスト・ストリンドベリが「令嬢ジュリー」として1888年に発表。令嬢ジュリーと召使ジャンとの関係を描いた1幕の戯曲。
原作での設定は夏至の夜、ジュリーと召使ジャン、料理女クリスティンと明記されている。しかし、今回の上演台本では女と男という二人の俳優で上演するよう再構成。
女は令嬢という檻、男は召使という檻に入り、そこから舞台はスタートする。まるで格闘技のように俳優と俳優の肉体とことばが逃げ場なく激しくぶつかり合う。
今回の「令嬢と召使」で二人の俳優の間に起こることは、普遍としての男と女の心の体験となる。

詳細情報

主催
  • メジャーリーグ
公演期間
劇場
  • シアタートラム
キャスト
スタッフ
公式サイト 『令嬢と召使』公式ホームページ

関連タグ

関連記事

この作品をみた人はこんな作品もみています

トップへ戻る